2009年01月30日

クリスピー舌平目<ガラムマサラ風味>

舌平目


フライパンに1cm位EXVオリーブオイルを入れてカリッカリに焼いた
芳ばしい舌平目です。

身の薄い舌平目、酔った勢いで3枚おろしに(笑

3〜4等分に切ったら塩とガラムマサラを両面に振り、小麦粉をはたいて焼くだけ。

高温でカリっと!
骨部分は低温でじっくりめに焼き、仕上げに火を強めれば全部食べられます。

友人磨姉にもらった白雪?かぼちゃペーストにクロテッドクリームを加え
ちょっと温めたものをクッションにしました。

盛り付けのコツはずばり立体感。
パリパリが消えないようなるべくペーストにさすように立て盛りで。
間にはバジルの葉を。

スパイスはクミンでもカレー粉でもいいでしょう。

甘く滑らかなパンプキンペーストと、カリっとスパイシー、オリーブの香り
が広がる舌平目、おもしろい取り合わせですがありです。


使ったオイル:ソーラーロメロオリーブ油

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

小鯛ささ漬のサラダ

小鯛ささ漬サラダ


小鯛のささ漬は3等分くらいに切って、水に晒した紫玉葱、クレソン、
黄色ズッキーニの半月切りと調味料を手でわっさり和えるだけ。

ドレッシングを作っておく必要もなし。
まずオイルを全体に回し掛け、それから酢と醤油、マスタード(ピクルス)を。

おつまみ系ちょい濃い目味です。

ごま油は焙煎香が強いものではなく玉締めのまろやかな香りのものなので、
不思議にエスニックっぽい味にも合います。

他にはピーナッツやアーモンド、ヘーゼルナッツパンプキンシードなど
ナッツっぽい香りのオイルが美味しい。

使ったオイル:セサミアさわやかタイプ胡麻油

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

posted by 油売りエマ at 11:41| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

うなきゅう生春巻き

生春巻き

鰻の白醤油焼きの細切り、キュウリ千切り(水気をしっかりしぼる)、
パクチーを生春巻きの皮で巻くだけ。

昔うまく巻けなかったせいか、あんまり手を出さなかった生春巻き、
皮をさっと水に通して巻くだけでキレイにぴったり、薄いし美味しい!

ライスペーパーの質だったのか。これは中華食材屋で買ったちょっと小型タイプ
巻いたままか2つにカットするくらいでちょうどいいです。

ウナギ生春巻き

パーティーなどでは生野菜サラダをフィンガーフード感覚で食べられていいですね。

タレは柚子胡椒ポン酢にしましたが、粉山椒xライムも捨てがたいです。
中身が鶏のささみなどさっぱり系なら、ナンプラーベースでピーナッツオイルだれ
なんかも美味しそう。


他おつまみ生春巻きの具アイディア:

・ピータンx生ハムxセロリ
・黄パプリカx黒オリーブx白身魚
・アボカドxツナxクレソン
・長芋x梅紫蘇x鶏ささみ
・海老xズッキーニxマンゴー
・スモークチキンxピーマンx紫玉葱
・セミドライトマトxチーズxルッコラ
・鴨スモークx大根xセリ


変わり生春巻きパーティー、餃子よりヘルシーだしシャンパンにもあいそう。

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:36| Comment(6) | TrackBack(1) | レシピ ノンオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

ご紹介多謝3

皆様、ご紹介感謝感激です。本当にありがとうございます!


●油屋ごはん/沢樹舞のINTIMEな日常
http://ameblo.jp/intimejours/entry-10197617331.html

沢樹様、いつもありがとうございます!沢樹さんのような美人に「油オタク」
と言われたら、もう百人力です。
&動画レシピ、楽しみにしてます。

こっちの寿使用のシイタケとレンコンのアンチョビソース掛けもたまりません!
今後ともメニュー開発どうぞよろしくお願いします。


●油屋ごはん/not simple
http://ameblo.jp/ponta0052/entry-10194248084.html

ponta_ponta様、いつもご利用ありがとうございます♪
トップのいつも変わる映画画像にいつもドキっとしています。
あ、ゴッドファーザー、デジタルリマスター行かれたんですね、いいですよね、ふふ。


●アブラーのためのレシピ本(笑) /ふりすかの日記帳
http://d.hatena.ne.jp/friska/20090120

friska様、くたくた煮チャレンジありがとうございます!
カブ、美味しいですよね〜。


●重たいものは『お取り寄せ』が一番/matoi曜日♪
http://matoi.exblog.jp/10064477/

matoi様、ご紹介ありがとうございます。
うちの商品ページより断然写真が美しい…(汗 素敵です。

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:油屋ごはん
posted by 油売りエマ at 23:40| Comment(2) | TrackBack(1) | ブログ書籍化! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白魚ワンスプーンとキャロットラペ

チーズ

スペインのオリーブオイルを扱う業者さんがアンチョビやピメント、オイル
周辺食材をサンプルに送ってくれました。

が、いかんせん1人ではあけられないような大きな缶詰チーズ。

人が集まった時がチャンス。
パン、チーズナイフとカッティングボードを渡してお願いしちゃいます。

チーズ缶詰

オリーブオイルに漬かったがっしり硬い羊チーズ。
濃厚です。香りもムンムン。すごい保存食。


白魚

白身のカルパッチョか貝類のお刺身でもと魚屋に行けば、新鮮白魚があったので、
濃い目EXVオリーブオイルと塩で和えて辛子明太子をトッピングしました。

軽めのオイルxレモン汁でもいいし、胡麻油xコチュジャン、えごま油に柚子胡椒
なんかもがらっと変わっておもしろいかも。
飲み物にあわせてチョイスしてください。


サラダ

うまハッピーな日々のみちさんが作ってきてくれた大根と桜の花のサラダ。
塩漬け桜の春らしい香りに軽やかなシチリアのアグレスティスオリーブオイル
ぴったりマッチ。貝柱の出汁も効いていて美味しい。


キャロットラペ(人参サラダ)は定番。

今回は友人A嬢手作り煮林檎ペーストとドライフルーツ、胡桃を散らしました。
オイルはウォールナッツオイル。あとカレー系スパイスも少々。

パーティーなどでは前の晩仕込んで味を馴染ませておけるので楽です。
(ナッツ類だけ仕上げに散らして)

アレンジバージョンは以下ページをどうぞ。

◆キャロットミントサラダx胡桃オイル

◆キャロットサラダ、セロリソース

◆人参とスープセロリのアンチョビサラダ

◆ちょっとお疲れ時のパワーサラダ

◆人参は"ホット"サラダで

↑3年前は粗めのチーズ下ろしを持ってなくて、スライサーで作っていて
ちょっと不満だった感じ(笑 加熱するとまた違った雰囲気になります。

残ったら水分をちょっとしぼって、黒オリーブペーストなんかとサンドイッチ
にするとこれまたグーです。胚芽パンや黒っぽいパンによく合いますよ。

使ったオイル:オリーブオイルウォールナッツオイル

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 15:28| Comment(1) | TrackBack(1) | レシピ ウォールナッツ クルミ油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

間違い探し

カスレの記事、右サイドバーが下に回り込んじゃってます、よね?

原因と対策:
http://blog-casestudy.seesaa.net/article/9160145.html

うーん、どこでしょうねぇ?タグ?半角英数?





修正できました、どうやら長めURLが引っかかっていたようです。

ついでにトップ画像を春っぽく変えました。

シラキの芽だそうですが…食べたことない、かも。
http://www.photolibrary.jp/img99/19432_376295.html

天ぷらによさそう。

posted by 油売りエマ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カスレパーティー

ダルテミス

ビストロにカスレがあると、高確率で頼んでしまうのです。
お肉の旨みをたっぷり含んだお豆。熱々ではふはふ、ワインぐびぐびメニュー。

フランス南西部の家庭料理カスレ(cassoulet)。ソーセージや鴨のコンフィなど
と白いんげん豆をカソールという土鍋で長時間オーブンで煮込むもの。

具は家庭や地方、お店で様々。

こちらはビストロダルテミスのカスレ。鴨のコンフィと自家製ソーセージ、
ブータンノアール入り。



土日祝のランチは前菜、メイン、デザートが選べて、コーヒー付2500円。

雰囲気もいいし、正統派ビストロメニューが何と深夜1時まで楽しめます。
代々木駅千駄ヶ谷の隠れ家ビストロ、おすすめです。

ビストロ・ダルテミス (BISTRO D’ARTEMIS) (フレンチ / 北参道、代々木)
★★★★ 3.5



d'artemis


で、カスレ作ってみました!


カスレ完成

冷凍庫に鴨のコンフィに間鴨ハンバーグ、スペインのモルシーリャがあって
そろそろ消費したいと思っていたところ。

サンプルでいただいた大きな缶詰チーズも開けたいし、これはもうパーティーでしょう。

カスレ材料

カスレ作りは前日に豆を煮込むところから。(その前の晩に豆を水に漬けておく)

白いんげん豆、玉葱、エシャロット、トマト、人参、ニンニク、トマト、塊のベーコン、
ブーケガルニ(セロリ、パセリの茎、タイム、ローリエ)、スパイス(クローブ、クミン、
フェンネル)、そして忘れちゃいけない鴨脂!いやガチョウか。

カスレ豆 豆煮込み

グースオイルで野菜やお肉、ベーコンなどを炒め、水かスープで豆をことこと煮て一晩放置。
スープはみちさんのターキーパーティーでいただいたスープを活用しました。

詳しいレシピは平野由希子さんの料理を習いにフランスへという素敵な本にあります。
フランスの紀行本という感じでそれぞれのカスレの作り方やカスレへの想いがぎっしり。
本場トゥールーズのレシピを少しアレンジして作りました。


肉類

使ったお肉。手前の黒いのがモルシーリャ。豚の血とイタリア米の腸詰。
ブータンノワールより軽め。
輪切りにしてオリーブオイルで焼いたりしてもおつまみにいいらしい。


その上のソーセージは初取り寄せ。トゥールーズソーセージとは↓こういう
http://www.franco-japonais.com/tomato/epic/sauciss_toulouse.php
とぐろを巻いたものだそうですが、同じ製法で原料に薩摩黒豚を使った
ものが岐阜県高山市に。

キュルノンチュエ
http://www.westsho.jp/kiyomi/curnontue.html

一部商品は楽天「男の台所」でも取り扱っているようです。

次は絶対ブーダン・ブランを頼みたい!
無添加加工の乾し葡萄やナッツがたっぷり入ったソーセージ。
ワインにあいそう〜。


ラムは塊なら焼いてから豆と一緒に煮込んでもよかったけど、チョップなので
当日焼いて豆とあわせてオーブンへ。塩・胡椒で下味を。

間鴨ハンバーグは京都ナカムラポートリーのもの
鴨ハンバーグ入りカスレなんて、きっとフランス人も食べたことがないに違いない(笑

鴨のコンフィは巨大なので1つ、ホロホロに崩れます。

肉

モルシーリャ以外は鴨脂で焦げ目がつくまで焼いて。
鴨脂を塗った土鍋に豆を敷きお肉を盛って… って溢れてますが。

カスレ

一回り大きな鉄鍋もあるけど、やっぱりカスレは土鍋でしょうってことで
無理やり豆とスープをギリギリまで入れ180度のオーブンへ。

途中乾燥しないようにスープを回しかけながら…。
でも本にあるように7回とかは容量的に無理、上の豆煮汁に漬かってないし(汗

オーブンへ 鴨脂

仕上げにまたグースオイルとパン粉を掛け!こんがりさせたら完成。
これでも本場の5分の1程度の脂量だと思います。

Let's カスレ

オーブンに入れて約1時間半くらいでしょうか。グツグツのカスレ、いただきます!

カスレ

豆料理なんですが、もはや堂々の肉料理(笑
それぞれの味が馴染んで一体化してます。お肉の競演。
個人的にはやっぱり羊が美味しかったかな、ハンバーグもこの中ではあっさり
感じられ美味。

でもやっぱり「豆が美味しい」「豆最高」の声が多かったです。
ワインはソムリエ幸恵さんにお任せの同地方スパイシーなもの、ばっちりでした。

これは大人数、大鍋で楽しみたいお料理。
大鍋で煮込んで1人用カソールでオーブンに入れるのもいいけど。

今回使った土鍋はロティ/グリルキャセロール

ほどよい深さで焼いたお肉に野菜をのせてそのままオーブンへ、とか
すき焼なんかにも使えて卓上に出してもお洒落ですよ。


長くなりましたが、好みのお肉を入れたカスレ、寒いうちに是非どうぞ。
皆でワイワイ食べるカスレ、楽しいですよ〜。


そして、カスレに辿りつくまでに作ったつまみはまた順番に紹介していきますね。



カスレパーティーつまみメモ:--------------
ビストロっぽさを目指しつつも和洋折衷。

・白魚のアミューズ
・白子バターのクロスティーニ
・林檎とドライフルーツ入キャロットラペ
・タプナード
・オリーブ/セミドライトマト/青トマトピクルス
・チーズ2種
・小鯛ささ漬とクレソンのマスタードサラダ
・サーモンとディルのレモン押し寿司
・白醤油焼き鰻、胡瓜、パクチーの生春巻き
・白菜の牡蠣出汁煮浸し
・アンディーブの蟹クリーム煮
・舌平目のガラムマサラ焼き、パンプキンペースト添え
・レモンバジルムースxレモンシャーベット

お持込:
・シニフィアン・シニフィエのバゲット
・いちご
・大根と桜漬けサラダ
・サーモンマリネ、スモークサーモン
・スペインオムレツ伊達巻風
・フローズンブルーベリー

--------------------------------------


書き出してみると、恐ろしく食べました…。
空いたワインはえっと7本? 人数は伏せておきましょう(笑

使ったオイル:ポテト炒めも絶品!ガチョウ脂/ルージュ社製:グースファットオイル



レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | パーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

ご紹介多謝2

ブログ、サイトにて紹介、リンクしていただいた方のご紹介です。
ありがとうございます!


◆書籍「油屋ごはん」を買ってきました。/castle of sand
http://d.hatena.ne.jp/mariage/20090118

mariage 様、ありがとうございます。福田カメラマンも喜んでいます。
是非何か作ってみて下さいね。


◆*お散歩日和*  トイカメラやデジイチでお散歩
http://yuzuphoto.exblog.jp/9438974

柚様、ありがとうございます。手作り豆腐うまくいくといいのですが。
写真、とっても素敵ですね、特にBARカテ、大好きです。


◆工房から|本棚
http://yagi84.jugem.jp/?cid=13

八木様、ありがとうございます。あのご飯が映える黒い器、そうでしたか!
スタイリスト桜子さんの私物なんですよ。彼女も喜んでました。


◆着物丸やのきものまわり
http://diary.kimono-maruya.com/?eid=903598

たにかなさん、リンクありがとうございます。
パーティーの節は負傷しまして失礼しました(苦笑 今年もよろしくお願いします。


◆最近お気に入りの料理本! /花房美香の「晴れ、ときどきお取り寄せ」。
http://www.otoriyose.net/mika_blog/archives/357

美香さん、ご紹介ありがとうございます。油のご愛用も!
また一緒に美味しいもの食べる日を楽しみにしております。

そう、この井上絵美さんの本もいいですよね〜。
当店の油使用の新作パスタもご掲載いただきました!
http://www.abura-ya.jp/hpgen/HPB/entries/39.html


レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:油屋ごはん
posted by 油売りエマ at 17:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ書籍化! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

豆あじの柑橘南蛮

鯵南蛮

富士酢千鳥酢、黒酢、梅紫蘇酢バージョンもいいですが、グレープフルーツx
レモン果汁ぎゅうぎゅうで作っても爽やかで美味しい南蛮漬け。

柑橘 豆アジを揚げる
野菜 豆アジ

人参、玉葱、セロリはスライサーで千切りにして、たっぷりの柑橘ジュースとお酢、
蜂蜜、塩、出汁醤油をあわせたタレの中へ。

これは何度も味見しながらお好みの味に調合してくださいませ。
(で、結果どんどん量が増えたりして…)


小鯵はエラとぜいごを取って塩を振り小麦粉(か片栗粉)を袋の中でまぶし
油でじっくり揚げ最後は高温でからっと仕上げて。
風味がよいけどさっぱり癖がなく上品に仕上がる綿実サラダ油がおすすめ。
↑めんじつ、コットンシード、あのふわふわの綿花の種のオイル。

熱々をつまみ食いしながらジュ〜ッとたれの中へ。

ちょっとだけ漬かっているのもいいし、翌日のしっとり漬かってるのもまた良し。
甘酸っぱ美味しい南蛮漬け、あっという間になくなってしまいます。


使ったオイル:綿実サラダ油

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ 綿実油 コットンシード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

浅草橋で恵方巻き

恵方巻きって食べる習慣なかったので、あんまり気にしていなかったのですが…。


寿司飯屋の岡田さんから、
「酢飯屋特製海鮮太巻き、当日巻いておきます!」とのメールが。

じゃ絶対いただきますわよ!って感じ(笑


先月行った時の記事:金目鰤牡蠣しゃぶに寿司
http://abura-ya.seesaa.net/article/111072605.html


お店は紹介制ですが恵方巻きは店舗販売なので、ちょっと気になっている方も是非!
お申し込みしてはいかがでしょうか。

岡田さんの許可で以下情報入れますね。
今月末までにお代を振り込み、2月3日に取りに行く形だそうですので、
詳細は直接メールしてみてくださいね。

-----------------------------------------------

【恵方巻き 2009】

●2月3日(火)節分の日

※17時〜23時まで浅草橋 酢飯屋にて販売

【詳細メールにて】
http://www.sumeshiya.com/event/index.html


酢飯屋海鮮太巻き
(ブリ・イクラ・煮穴子・キュウリ・ホタテ・玉子焼き・マグロ・かんぴょう・大葉・ガリ)

地図 http://www.sumeshiya.com/map/index.html

-----------------------------------------------


笑っちゃうのが以下コメント。

「※今年は店舗内販売のためお好きな場所にお持ちになって
 かぶりついて下さいますようよろしくお願い致します。

 (浅草) 浅草寺でかぶりつくも良し
 (両国) 国技館に向かってかぶりつくも良し
 (秋葉原)電気街でかぶりつくも良し、
  
   もちろんお店でかぶりつくも良しです。」


うちの店も開放しようかしら(笑

えー寿司飯屋さんまで金田油店から徒歩3分なので、5時半頃ご来店いただければ
そのまま寿司飯屋までエスコートも可能ですので、油x恵方巻ツアー、
皆様お誘いあわせの上是非どうぞ〜。


◆節分、太巻き《恵方巻き》 豆知識
http://www.sumeshiya.com/mame/index.html

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:浅草橋 恵方巻
posted by 油売りエマ at 17:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 浅草橋 柳橋情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする