2013年06月30日

アジの梅びしお和え

aji1.jpg


滑らかで甘酸っぱい梅びしおをたっぷり使って、鯵と紫蘇を和えてみました。
上品なえごま油ちょっぴりと、敢えて生姜じゃなく山葵を混ぜて。


aji2.jpg


簡単うまーなおつまみになりました。
鰯でもいいと思います。


使ったオイル:奥出雲産 生しぼりえごま油 えにしの雫


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:えごま アジ
posted by 油売りエマ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ しそ油 えごま油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

トマトと小松菜にゅうめん

tmn.jpg


ちょっと肌寒い日はにゅうめん。
冷蔵庫にあるもので、ということでトマトと小松菜をさっと煮て。
少し濃い目のそばつゆベースで、千切り生姜も入れました。

仕上げにEXVオリーブオイルと黒胡椒を。
やっぱりオリーブオイルが大事です!


使ったオイル:デルポンテ ゴールド オリーブ油 *トスカーナIGP

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:そうめん トマト
posted by 油売りエマ at 00:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

白身魚のレモン〆

hm.jpg


きりっと冷えた白ワインや泡に、レモン香るさっぱりした冷菜を。
梅雨の時期、爽やかな気分になれますよ。

白身魚を薄く削ぎ切りにしてお皿に並べたら皮を剥きスライスして切った
レモンをのせ、レモンオリーブオイルを回し掛け、ラップをぴっちりかけて
しばらく冷蔵庫へ。

食べる時に塩を全体に振り、レモンの皮をおろしかけ、あればディルや
イタリアンパセリなど、さらにオイルを少々かけて完成。

ドレッシングを作ってかけてもいいのですが、こちらは手間要らずです。
今回はひらまさで作りました。真鯛やすずき、水蛸などでも。

あ、酢っぱーい!のが好きな人向けです。
やわらげたい方はグレープフルーツやオレンジで作っても。


レモンオリーブオイルガーリックチリオリーブ油はあっという間に250ml
使ってしまうので、500mlのボトルがないか輸入元さんに聞いてみたの
ですが、作ってないんですって!残念。


使ったオイル:レモンオリーブ油リモーネ

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:51| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | レシピ レモンオリーブ油 リモーネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

ガーリックチリオリーブ油&バターでナポリタン

np.jpg



ウインナーとピーマンを炒めて食べようと思い準備していたら、
玉葱も入れようと思い‥そうすると、あれこれって定番の懐かしい組み合わせ!
日本のピザトーストとか、チキンライスとかナポリタンとか。

引き出しを物色したら、無漂白マッシュルームの缶詰も発見。
ぎりぎりケチャップもあった〜のでナポリタンに路線変更してみました。


そう言えば、ナポリタンって作ったことないかも‥にんにくって入れるのかしら?!
トマトピューレを入れたくなるのをぐっと抑え、喫茶店の懐かしい感じにしてみました。

ただオイルだけはガーリックチリオリーブオイルで。
これが大正解!

このオイルで野菜とウインナーを炒め、ケチャップとソース少々も加え少し弱火で炒め、
茹でたスパゲティを絡め最後にバターもひとかけ馴染ませて。

粉チーズはなかったので、パルミジャーノをおろしました。
黒胡椒も挽いて。

おぉ、ケチャップ量がぎりぎりでもう少し入れたかったのですが、なかなか上々の味。
がっつりニンニクは来ないけどふわっと香りが漂って、後味にピリッとチリが効いていて、
大人のナポリタン!
+バターのコクと風味も加わって美味しかったです。

喫茶店のより、かなり具沢山です。


使ったオイル:ガーリックチリオリーブ油(アーリオ ぺペロンチーノ)

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:ナポリタン
posted by 油売りエマ at 11:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ ガーリックチリオリーブ油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

グリーントマトとチキンのグリル

gt01.jpg


ゼブラという青いトマトです。加熱するとほっくりしますという解説。
あ〜フライドグリーントマトもいいなーと思いつつ、簡単にグリルにしてしまいました。

記憶の彼方の映画の中では、コーングリッツを塗して揚げるようです。
あ、アメリカ南部だからですね。

フライド・グリーン・トマト/田舎の台所@イタリア


青いトマトに‥チキンかな、とういことで鶏むね肉を潰したニンニク、塩、フレッシュタイム、
そしてEXVオリーブオイルと一緒にジップロック袋でぴっちり、冷蔵庫で半日くらいマリネして
おきました。


gt02.jpg


あとは余熱してオリーブオイルを刷毛で塗ったグリルパンで焼くだけ。
チキンは皮目をしっかり焼くのに結構時間がかかるので、あらかた焼けてから周囲に
トマトを配置しました。

トマトは焼きあがってから塩とオリーブオイルを。

確かにほんのりほっくりした食感、これぞトマト!という存在感はないものの(笑)
控えめな品のある酸味で食べやすいですね。

なんとも爽やかで美しい一皿になりました。タイムの香りもたまりません。
あとは美味しいパンとポタージュなんかあればいいですね。


使ったオイル:オラベオーガニックオリーブオイル

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:トマト チキン
posted by 油売りエマ at 15:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

ビーツのサラダ

bt00.jpg


光を受けるガーネット色!
自然の色の鮮やかさってすごいですね。


bt02.jpg


ビーツを皮ごと丸のまま、塩と酢をちょっぴり入れた水で茹でて冷まして
皮を剥いて賽の目に切ります。
色がすごいので、まな板にはワックスペーパーを敷いています。
薄い手袋は…用意がなかった。


ビーツ、と言えばボルシチ?煮込みやローストもいいですが、私は買うと
こうしてサラダで食べてしまいます。

この土臭さが癖になる美味しさ、育つ環境(土)が味に大きな差を生みそうな根菜。
海外のものはもっと個性が強いようですが、こちらは長野産、上品なんだと思います。


茹で上げる硬さもお好みですが、私はあんまり柔らかすぎるのは好きじゃないので
歯応えを残します。

瓶詰め、缶詰でぐじゃっとして美味しくないのがあったような…
はじめてのビーツがこれだと、嫌いになりそう。


塩、ビネガー、レモン汁、砂糖、インカインチオイルのドレッシングに漬けて
数時間冷蔵庫で冷やしておいて…。


bt01.jpg


ヨーグルト+マヨネーズにすりおろしにんにく少々、ディルと塩を混ぜた
ソースをかけていただきます。

サワークリームや水切りヨーグルト、フレッシュチーズなど白い酸味のあるもの
と相性がいい気がします。ロシア料理風だから??

あとはポテトサラダに混ぜるとピンク色できれい、ポタージュにもいいし、
食べたことがないけど生でサラダにもいいようです。

買わず嫌いの方!恐れず手に取ってみてくださいね。
ちょっと白いものを染めたくなります(笑)。


使ったオイル:爽やかに仕上げたい時にぴったり・インカインチ(グリーンナッツ)オイル

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ グリーンナッツ油(インカインチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

こめ粉とオリーブオイルのケーキ

cc05.jpg


昨日息子が無事1歳になりました。

あれよあれよの1年、子供の急成長と共に私自身も日々勉強させてもらっています。
日々の暮らしも、身体も、考えることも大きく変わりました。
特に子供が暮らす環境や口にするもの、イコール私の食べるものについて、
より気になるようになりました。

空気や水、食べ物があっての命でその質は何よりも大事だと思いますが、
なんだか根本的に安心できないことが多いし、どの情報が正しいのか、正しく
選択できているのか不確定要素が多い時代だと思います。

もちろん現代の利便性も享受する中で、ある程度の必要悪もありますが、
なんだか必要以上の添加物にまみれている、そして怪しい食材が多すぎる気がします。

子供に安心か、自信を持って与えられるか、とシンプルに考えればそれが大人にも
よりよいものであるはずなので、多少割高でも安心なものを買いたいと思います。
まじめな生産者さんを少しでも支えなければ。
高ければ高品質とも言い切れないのがまた難しいけれど!

とにかく絶えず意識を向けること、勉強して事実を知ること。
残される世代に、きちんと正しい判断基準を教えること、暮らしの安全は自分たちで
守って行かなければと強く思います。


そんな訳で、あまり休んではいないのですが育児休業も終わり。
油売り業も復帰します!
毎日の息子お迎えがあるので、以前のようにべったりお店にはいられませんが、
質の良い、安心な油を皆様にお届けできるよう今後も力を注ぎますので
どうぞよろしくお願い致します。


息子はじめてのバースデーケーキの材料は、山口県萩市の無農薬米粉、北海道の
とうもろこし粉、こだわりのベーキングパウダーに無調整有機豆乳、青森のりんご
ジュース、有機にんじん、オーガニックメープルシロップにオーガニックオリーブ
オイル!(笑)
マニアックすぎるわけではなく、家にあるもので作ると自然にそんな感じになりました。

レシピは以下サイトにアップしましたので、ご参考にどうぞ。
大人のヘルシーおやつにもいいですよ。
もちろん小麦粉で作ってもOKです。


小麦・卵・乳・砂糖不使用/安心素材のこめ粉人参ケーキ

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

鯛のスモークと冷製パスタ・ジェノヴェーゼ

bs2.jpg bs1.jpg


ちゃんと作りたくないけど、家でそこそこ美味しいものが食べたい!
そんな気分の時に買う鯛のスモーク、デイリーにはちょっと高いけどスモーク
サーモンより贅沢な気分が味わえます(笑)

あとすごく緑が鮮やかなバジルソースもあったので買ってみました。
松の実じゃなく胡桃使用、西多摩の会社が製造。


茹でて氷水でしめたカッペリーニを和えてみました。
そのままだとちょっとぼんやりなので、ホワイトバルサミコを少々加えて。

色はすごくきれいですが、香りは少し弱めでしょうか、うちにあった
バジルオリーブオイルをちょっぴり足しました。

パスタと一緒に茹でたアスパラをそえて、全て盛り付け。


bs.jpg


なかなか優雅な一皿になりました、きりっと冷えたカヴァなんかといいですねー。
ちなみにパスタは、サーバー用の大きなフォークとスプーンでくるりと盛り付けました。
今日はお手軽食材のご紹介でしたー。

使ったオイル:オラベバジルオリーブオイル


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:11| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材・外で食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする