2008年08月15日

ラミティエ L'A MITIE【高田馬場】

lamiシェーブル

まだ暑くない頃、女3人で行ってきました、高田馬場ラミティエ L'AMITIE。

ブルータスの記事で見てからずーっと気になっていたビストロ。

プリフィクスが驚きの安さでなかなか本格的ということだけあって、
毎日満席状態のよう。

着いた順に泡を飲みながら、メニューを検討、迷います。
ビストロ王道メニューからその日のスペシャリテまで豊富、前菜とメインをチョイス。
あーどれも一口ずつ食べたい!

結局私は、シェーブルチーズのサラダといつも頼みがちな鴨のコンフィ。
友人達は海老のカクテルとマトダイのソテー、パテドカンパーニュと牛頬肉の
赤ワイン煮の組み合わせ、やる気満々です!

さ、この後は白飲んで赤よね、ということでワインは同行のワイン屋チョイスにお任せ。
ワインリスト、リーズナブルなようです。


さて前菜、文字通りどかーんと来ました、何ですかこのボリューム。
上の画像の手前のパンにのったチーズ、1個じゃないんですよ、もう1個!(汗

lamiパテ

パテも3cm?という厚さ。美味しいオリーブつき。もうこれとパンとワインで…。

lami海老

うず高く野菜ののった海老とアボカドのカクテル…3人前でしょ?これ。

一瞬引き気味ではありますが、黙々といただきます、へ、減らない…(笑

味はいいんですけどね、いかんせん量多いです、馬場お腹空かせた学生が多いから?
どれもたっぷりのサラダ添えなのは嬉しい。

lamimatodai

何とか平らげメインへ続きます。
カリッと皮が焼けた鯛と下のトマトの甘酸っぱいソースが美味しい。

lamiコンフィ

コンフィ大きいよー(泣笑 巨大鴨!しかも別盛りでしっかり一品と言える
シュークルートがふんだんに一緒盛り。お肉にソーセージ、ポテト…。

しっとりとした鴨肉は美味しいです、でも食べ応え通り越してギブアップ気味。
私、けして小食ではないのですが、今は。。

lamiワイン煮

味的に一番好きだったのは赤ワイン煮。ほろりと崩れるお肉に濃厚なソース、
甘い人参の組み合わせが良かったです、でもやっぱり巨大(笑


うーん、まとめ。 「美味しい、だが苦しい」 どうしたものか。
上品フレンチじゃ食った気しない、という大食漢の殿方と行くべきかと。

lamiブリュレ lami

戦いを終え、祝杯に食後酒とデザート、コーヒーを。
1個で何より、ブリュレも充分3人前!

なので3人でグラス4?、白赤1本ずつ、デザート、コーヒー含め1人6千円代
というのはやはり驚きのコストパフォーマンス。

皆でわいわいカジュアルに使うのが楽しいけど、思いついて飛び込めません、予約必須。

早稲田通り、映画館の向かい小道を入った赤が目を引くお店です。

詳細は以下サイトをご参照ください。


L’AMITIE by Tokyo Selection-ZooM!Gourmet

ラミティエ (L'A MITIE) (フレンチ / 高田馬場)
★★★★ 3.5



レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ ????L金田油店へ
posted by 油売りエマ at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お写真がブレ気味なのが気になるわ〜(笑)
飲みすぎ飲みすぎ。
美味しそう・・
Posted by わかわか。 at 2008年08月16日 12:32
わかわか。

> お写真がブレ気味

レストランでは1皿1ショットしか撮らないから。
しかも暗いし苦しいし(笑

> 飲みすぎ飲みすぎ

えぇ手が震えちゃって。




Posted by エマ at 2008年08月17日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック