2008年09月14日

オリーブベーコン炒飯

オイル

撮影4日目終了、曜日の感覚がありません、あ、土曜だったのね…。

折り返し地点を過ぎ、壁に貼られたラフに前日分までの料理画像がだいぶ
埋まってきました!

ラフ


案外やれば出来るじゃんってほど盛り付けも一応頑張っています。

桜子さんのスタイリングもとても素敵、決してキャピキャピできない私の
雰囲気をしっかり把握しつつ、シンプルかつほっこり路線でいい感じです。

クロスや小物使い、配置の妙がさすがプロ、とっても参考になるのです。

メンバーも和気藹々。ほんとに気が合うので楽しいです。

「あーエマさんっぽい」「それはちょっと爽やか過ぎるのでは」
「それ1人飯感強すぎてかわいそう」(笑 など言いたい放題。

私はと言えば「泡が…」「お酒が冷えてないと」「シェリーは?」とか背景のお酒を
いちいちチェックするので、「うるさいなー」と言われています。


夕ごはんも残り物で。
デザイナーの黒川さんにシワの消し方やスタイル補正のフォトショップテクを教えて
もらおうという魂胆でお酒を勧めます(笑 

サラダ

疲れたらグレープフルーツ。ソルティドッグでもいいのですが取りあえず
ズッキーニ、チコリとサラダに。塩とリモーネだけでシンプルに!

残りグラタン

八百屋で独活を見つけて嬉しくて買っちゃったのですが、料理本には使わず、
鶏肉、ブロッコリー、セロリと簡単グラタンに。

ローズマリーオイルで炒め塩コショウ、耐熱皿に入れ生クリームを注ぎ
味噌漬けチーズをトッピングしてトースターで熱々に。

ベーコン

あとは冷蔵庫のストックで作る塩気を効かせたおつまみ炒飯。
コツはベーコンとローズマリーをオリーブオイルでよーく炒めて香りを
引き出すだけ。

あ、ニンニクも入れればよかった。
あとは刻んだオリーブ、アスパラやセロリ、玉葱など残り野菜と固め炊きの
ご飯をほぐし入れて炒めるだけ。

塩分はアンチョビで付けて、ちょっと酸味に粒マスタードも混ぜます。
ピクルス微塵切りやケイパーなど何でも入れて!
フェタチーズも残っていたので使用。コショウの水煮をトッピング。

おつまみ炒飯

芳ばしくて塩気があってちょっとだけ酸味が当たります。
オリーブオイルがご飯粒をコーティングして美味。シェリーに合います。
コンビーフやひき肉、ソーセージ、オイルサーディンなど缶詰瓶詰めでどうぞ!


さすがに足と肩がパンパン、仕事が終わったらマッサージ行ってきます。

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ ????L金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ書籍化! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリーブベーコン炒飯、ほんっとにおいしかったです。ごちそうさま。この材料の組み合わせ、どこから思いつくのか…。チャーハンにマイユのマスタードを入れるだなんて…。ぜひ、呑み屋を開いてください。お客より店主がエバってるようなバーなんてどう?
Posted by horie at 2008年09月16日 13:48
> 呑み屋を開いて

夜は自分が飲みたいのでダメです!

> お客より店主がエバってるようなバーなんてどう?

どーゆー意味よ!(笑
Posted by エマ at 2008年09月17日 01:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック