2009年04月08日

チャイナハウス龍口酒家【幡ヶ谷】

ronchu.jpg

生爪会、中華で新年会企画がずるずるとのび「春の夜の中華会」となりました。

今回は幡ヶ谷駅直結の薬膳中華、龍口酒家ロンコウチュウチャ本店へ。

特徴はお店側がじゃんじゃんお料理を出してくること。
もうこの辺で〜と言ったところでシメの麺、となります。

7人なのでいろいろ食べられそう、座った途端、はいいただきます♪

ronchu-t.jpg ronchu-k.jpg

メンバーに深酒しない人がいるのは素晴らしい。
satoko嬢がまとめてくれたメニューを貼りつけます。


・パリパリに焼いた鶏肉と花椒のきいた白菜甘酢漬け
・ハマボウフウと帆立の炒めもの
 (根みつばも入っていたような、でもハマボウフウはセリ科のようです)
・のれそれの卵炒め
・豆苗と干しエビの炒めもの
・穴子の浮き袋とアオザメのコラーゲンの煮込み(とろみあり)
・メカジキの炒めもの(とろみありの麻婆味)
・黄ニラの炒めもの(ベーコンぽいのが入ってた)
・たけのこと干し椎茸の煮込み(とろみあり)
・里麺(クロレラ麺、ねぎと叉焼炒り)
・スッポンのスープ

ronchu-noresore.jpg

一番気に入ったのはこれ、のれそれの卵炒め!
のれそれ(穴子の稚魚)たっぷり、シンプルでいいですねぇ。

ronchu-itame.jpg

tonchu-kinira.jpg

材料は基本的に少ない数をあわせシンプルに調理している感じ。

ronchu-takenoko.jpg

初回なのでよく分かりませんが、炒め、炒め煮系が多かったのでもうちょっと
調理法のバリエーションが欲しかった気もしますが味はいいです。

ronchu-men.jpg

ピリ辛の和え麺も美味しかったです。里麺って言うのなんでー?

ronchu-soup.jpg

ここで終了なのですが、まだ飲んでしゃべる私達にお店の方が、
「すっぽんのスープでも飲む?」と。無論断れるわけがございません。

ronchu-mise.jpg

ビール、中国カクテル、紹興酒、赤ワイン…そしてついに、、蟻酒!
あともう一つ強烈な味の薬膳酒はなんだったか、記憶が…。

ronchu-mado.jpg

活気溢れる店内、忙しそうだけど質問すればちゃんと答えてくれます。
サービスも良し。

3人以上のグループで是非どうぞ〜。値段も飲んで食べて6000円代くらいでした。

情報等は以下をご参照ください↓

龍口酒家 本店 (中華料理 / 幡ヶ谷、笹塚、代々木上原)
★★★☆☆ 3.5



医食同源中華 −チャイナハウス龍口酒家−/−Feel Tokyo−
龍口酒家@幡ヶ谷/ロン’s 気ままな食ライフ日記

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:03| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ?

ノレソレ炒めちゃうの?
Posted by ウソムリエ本間 at 2009年04月09日 10:57

ノレソレ炒めですよ、蟹玉のような。

「ノレソレの卵」って変でしょ!
Posted by エマ at 2009年04月09日 15:14
んなら シラスでもなんでもいいような

ドロメは知ってますか?
Posted by ウソムリエ本間 at 2009年04月09日 15:28
どろめ祭行きたい…。
Posted by エマ at 2009年04月13日 02:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック