2010年02月22日

牛ほほ肉の赤ワイン煮チョコキャビア入り

hn7.jpg


えっと長野レポの前に戻ってコトコト煮込み系の続き。

休みの日に飲みながら、コトコトいい匂いが部屋中に立ちこめるのって幸せ♪
今日は意外に簡単な牛頬肉の赤ワイン煮です。


hn1.jpg hn2.jpg


牛ほほ肉の塊は大きめにカットしてもいいし、塊のままでも。
今回は確か500g大のを5つにカット後エシャロット、セロリ、
人参と一緒に一晩赤、玉葱、ニンニク、ワインに漬けておきます。


翌日よく水気を拭いたら塩をしっかり振って30分くらい休ませます。
マリネ液と野菜も分けておきます。

お肉は表面にしっかり焦げ色がつくように両面焼きます。
オリーブオイルを使いました。


お肉は煮込み鍋に移し、野菜も同じフライパンでよーく炒めます。
(オイルかバターは適宜足して)

hn3.5.jpg hn3.jpg


しんなり玉葱も色付いたら少し小麦粉を振って粉っぽさがなくなるまで炒め、鍋へ。
ほほ肉はコラーゲンのせいかとろみも結構自然につくのであんまり気にせず大丈夫です。

あとは赤ワインを全部隠れるまで注ぎ、スパイスを加え煮込みます。
ブッフ・ブルギニオンという有名な煮込みはブルゴーニュワインを使いますが、
今回は甘くないチョコレートを使ってダークに仕上げたかったので、
仏南西のタンニンしっかりめのマディランを使いました。


スパイスはカカオに合うシナモン、クローブとローリエ、黒胡椒。
クローブは取り出しやすい用にお茶パックなどに入れて。

ブイヨンがあれば少し足してもいいです。あとはコトコトお肉が柔らかくな
るまで煮ます。たまに様子を見て水分が減ったら水を足して。


hn4.jpg hn5.jpg


お肉が十分柔らかくなったら野菜をこして煮詰めます。
塩、チョコキャビア!(甘みの少ないチョコレート)、ちょっぴりソースに
メープルシロップなど深みの出るものを味を見ながら加えつつ。


hn6.jpg

一度冷えた時浮いた脂をとりました。
出すときに弱火で温めてバター少しとポートかマディラ酒を香りづけに
加えるといいです。
(この前酔っててすっかり忘れました)



一晩置いた方がいいかも。翌々日も美味しかったです。
お肉はほろり、ソースはマットで濃厚。カカオの風味がなかなかいいです。

重い赤ワインとバゲットをお忘れなく。
ソースにフェトチーネを絡めてつけあわせてもいいですが、それは
チョコ無しの時がいいかもしれません。

来年のバレンタインに是非!


使ったオイル:EXVオリーブオイル


レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 17:26| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが 素晴らしい 牛ほほ肉 ワイン 煮込 staub チョコレート
チョコをお使いに コクが出て美味しくなりますね
有り難うございます

Posted by ryuji_s1 at 2010年02月25日 08:26
ryuji_s1様>

いつもありがとうございます。
チョコレートは元気になる食材ですからね!
Posted by エマ at 2010年02月25日 17:48
エマ さん
コメント有り難うございます
Posted by ryuji_s1 at 2010年02月26日 13:10
はじめまして!
今ほど「はなまるマーケット」で
知りました。
油の使い方ここで勉強さてせ
いただきます。
楽しみが増えました。
Posted by とんち at 2010年03月15日 09:56
とんち様>

はなまるご覧頂きありがとうございます!
いろいろな油、是非楽しんで下さいね!
Posted by エマ at 2010年03月16日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック