2010年03月23日

鴨のコンフィと蕎麦粉のニョッキ

kc-1.jpg

サンプルでいただいた鴨脂。(瓶のはグースファット)
鴨もも肉をコンフィにしましょう。

鴨はしっかり塩を振って1日〜2日置いておきます。
ここで味が決まります、お好みでニンニクはハーブも漬けて。


kc-2.jpg

あとは脂で煮るだけ。80度に温めた油に鴨を沈めます。
ローリエとタイムも加えました。

オーブンは100度設定までしかなかったので、ガスで。
温度設定できる電磁調理器とかだと楽かもしれません。


油だけに温度が上がりやすいので、こまめに火を点けたり消したり。
80度過ぎると鳴るアラーム温度計が便利です。


そのまま2時間、串がすっと通ればOKです。
近所のビストロのご主人はパスタの乾麺が折れずに刺さるまで3時間くらい
やると言っていました。


kc-8.jpg

コンフィは保存食ですから、脂の中でこのまま保存できます。
ふふふ、これでパーティーも夜のちょっぴり贅沢ごはんも楽々。


kc-4.jpg

脂の下には鴨の旨みの塊ジュができてますので、とっておきましょう。


kc-6.jpg

鴨の脂で焼いたポテトにジュを絡めて!付け合せに。


kc-7a.jpg kc-7b.jpg

鴨はオーブンで温めるか、皮目をフライパンでカリっと焼いて出します。

kc-n2.jpg kc-n1.jpg


付け合せはポテトやパプリカ、ズッキーニなどの野菜や簡単ニョッキもおすすめ。

じゃが芋をレンジで柔らかくして潰し、蕎麦粉をばさっと。
塩一つまみと湯を加えながら耳たぶくらいに捏ね、切って潰して茹でるだけ。

鴨脂でソテー、バジルペーストを少し絡めました。

kc-5.jpg


鴨の余計な脂が脂に溶け出すので、お肉はしっとりジューシー。
芳ばしい香りと適度な歯応え。満足の味です。
重過ぎない赤ワインと。


kc-9.jpg


3時間だともっと柔らかくほろっとするでしょうか。
次回やってみます。


使ったオイル:鴨脂

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


abura-p_bn.jpg
posted by 油売りエマ at 18:56| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | レシピ バター 動物脂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわぁー!!
目の毒・・・ 生唾ごっくんです!!
鴨のコンフィ、大好きです。
蕎麦のニョッキ、素晴らしい発想に脱帽です。
しかし鴨と蕎麦、合わないはずがないですね。

鴨脂くれる人いないので、ラードで代用して週末真似します。
Posted by ごーや at 2010年03月23日 19:19
ごーや様>

鴨好きですか!私も飽きません。
コンフィはビールでも白ワインでも合いますね。

蕎麦ニョッキ、じゃがいも入れなくても出来ちゃいますよ。
オリーブオイルでもバターでも、トマトソース
でもチーズでも美味しい。
お試しください。
Posted by エマ at 2010年03月24日 00:27
鴨のコンフィ

美味しそう

素晴らしいです

さすがでね

Posted by ryuji_s1 at 2010年03月24日 10:52
持ち帰って翌日でも美味しく食べられました。是非3時間版もご相伴させてくださいませ。
Posted by イスタヌーカ at 2010年03月24日 15:20
イスタヌーカ様>

小食でしたものね…(笑
サンドイッチの具にもいいよねぇ。
Posted by エマ at 2010年03月25日 02:29
ryuji_s1様>

いつもありがとうございます。
Posted by エマ at 2010年03月25日 02:31
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株を始める at 2014年01月21日 12:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

料理レシピ紹介サイト: 鴨肉/鴨胸肉/合鴨(カモ/アイガモ) ブログでCookin
Excerpt: 「鴨肉/鴨胸肉/合鴨(カモ/アイガモ)」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してくだ..
Weblog: 料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin!
Tracked: 2010-03-24 07:28