2010年04月06日

鳥栄【湯島】

te-ms.jpg


湯島の鳥栄さんへ連れて行っていただきました。
えぇ予約が取れない料理店でございます。

しかもこの花見時期!上野夜桜組も多数、なんだか空気の違う湯島です。

佇まいはそのままに最近?手を入れ改修したという一軒家の2階に通されます。
1階は厨房のみ。
お座敷の小さな囲炉裏机の周りに座って瓶ビールを。


te-sh.jpg


前情報もそんなに持たず伺ったのですが、本当にシンプルな鶏鍋オンリー。
真っ赤な炭を置いた後、桜鍋やどぜう鍋で使うような、少しだけ大きな鉄鍋に
出汁が注がれます。炭が来た途端顔がぼーっと熱くなりますよ。

何かお猪口で魔法の液体!?が投入された模様ですが見逃しました…
お酒じゃないらしいのですが、何?


いらっしゃったのは東京軍鶏、葱に焼き豆腐。
あ、ちなみに今回は4人です、隣はカップルでした、ごめんなさいね(笑)何が…。


te2-nb2.jpg

出汁がふつふつ沸きだすと、女将さんが手際よく鶏肉を並べてくれるのですが
これがまた斜めで美しい。

ハツに砂肝、ササミ、むね肉、そしてもも肉へ。


te-nb.jpg


さっと火を通したらたっぷりの大根おろしと醤油、山椒でいただくのですが、最高!

甘濃いタレの鍋もいいけど、ちょっと飽きちゃう。
これは食べれば食べるほど後引いちゃう…(汗


te2-nb.jpg


とろ〜っとなった葱がこれまた!
そしてどう考えても美味しいであろうスープが気になり始めますよ。


te-ht.jpg


大根おろしはお代わり自由。


te-sk.jpg te-sp.jpg


真冬に熱燗もいいでしょうけど、とにかく炭で熱々、冷酒をいただきます。
夏は冷房が無く炭地獄(笑)とにかく冬の方が予約大変だそう。

そしてスープ!うま〜〜。しみます。


te2-tn.jpg


そう言えば入った時からとんとこトントンいっていた!つくね!登場。
かなりとろとろな感じ、しかも量結構あります。


te2-tn2.jpg


こちらも非常にシンプル、きめ細かくふわっふわ!
食べるのに夢中につきナイス画像がありません…。

あぁ大人っていいなとしみじみ感じられる鍋です。
これに比べたら焼き鳥が野蛮なものに見えて来るほど。
(私は大の鶏ラバーでございますが)


te-tg.jpg


〆は御櫃でご飯と御新香が。
ん?卵も葱もないご様子。あ、鍋に入れず!このお出汁を掛けていただく
わけでございますね。味付けは適宜塩で。


なるほど〜、満足。
卵のように見えるものはスープの浮き身です、確かにお米を煮ないから粘度も出ず
さらさらと頂けるし、透き通ってかつ濃厚なお出汁の旨みもしっかり
堪能できるという訳。塩で味がぐっと引き立ちます。


te-tn.jpg


はぁ、1909年創業の変わらない味、経験できて幸せでございます。
鶏鍋屋さん、何軒か行ってますがここは一番シンプル。

量より質、の大人同士で風情ある一夜をどうぞ。


te2-s.jpg te2-s2.jpg


出ればそこは上野、バーへ立ち寄る前に夜桜を。
この日はちょうど春の風が吹いてました。

お花見記事は早く書きたくなりますね、あと週末の花見クルーズと、
来週の散り行く花見が続きます(笑


鳥栄/さとなおのおいしい店リスト

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

鳥栄 (鳥料理 / 湯島、上野広小路、上野御徒町)
★★★★ 4.5


posted by 油売りエマ at 03:53| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度いってみたい!とたまたま口にしたらMichiさんがなんと行く予定のいる人がと言ってたのよね〜。

十分大人なので是非行きたいです。
まずは予約ですね。
Posted by Kei at 2010年04月06日 07:12
行ったのは15年前でした。あの周りの建物たちがねぇ・・・
Posted by イスタヌーカ at 2010年04月06日 07:52
こんにちは〜
鳥榮行かれたのですね

最初にこそっと一杯入れたのは ありゃ味醂です

一番風情がある予約の仕方は 両国の相撲観劇のあとにこの店に行くこと ということは1月・5月・9月 すでに5月以降は暑いので必然的に1月がプレミアムシートとなります

1月の予約は前年の11月1日朝の8時半から
ただ元旦開けすぐの予約だと比較的取りやすいと思います

夏は冷房なし窓は開けられません なぜかというと灰が風で飛ぶから(笑
団扇を貸してくれます この時期なら当日でも空いていることがままあります Tシャツ一枚で行き 帰りに予約してしまうという裏技もありそうかな?

こんどは山椒か黒七味持参でお越し下さい

あっそうそう改装したのは2年ほど前 二階のトイレを新装しました あとは外観くらいですね 都内で一番金を掛けている木造一軒家は 神楽坂の伊勢藤です 
Posted by ウソムリエ本間 at 2010年04月06日 11:29
Kei様>

良かったですよ〜。
大人同士でしっぽりどうぞ。
Posted by エマ at 2010年04月07日 15:03
イスタヌーカ様>

取り囲まれてるもんね。
Posted by エマ at 2010年04月07日 15:04
ウソムリエ本間様>

>ありゃ味醂です

あぁやっぱり。

今からのだと6、7月の予約と言ってました。
ほろ酔い、夜桜、エストコースも素晴らしかったですよ。
Posted by エマ at 2010年04月07日 15:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック