2006年04月19日

とろ〜り贅沢、岩牡蠣フライを手作りタルタルで

岩牡蠣フライ

贅沢ディナーに岩牡蠣フライはいかがでしょう?
小振り、こんがり、レモンぎゅーのカジュアルな牡蠣フライもビールに最高!ですが、
大粒、さっくりジューシー、タルタルの岩牡蠣フライは感動!! 
白ワインでどうぞ。

礒漁師推奨!天然岩牡蠣2kg以上(Bigサイズ)

使ったのは
「喰てみ亭」
の天然岩牡蠣ビッグサイズ。

ちなみにここの
生鯖寿司
も絶品ですよ〜。

さて、待望の岩牡蠣が到着したら、頑張って殻を開けましょう。
牡蠣フライを作る前にひとつ生でいただくのを忘れずに(笑

お好みのEXVオリーブオイル&生レモン か EXVレモンオリーブオイルをかけて!

さて牡蠣フライは時間との勝負。
タルタル、皿、鍋など万全の準備を整えてからはじめましょう。
(もちろんワインも冷やして!)

ぴかぴか(新しい)グレープシードオイルでシンプルタルタル

卵の黄身、素材の味と香りを生かす軽いグレープシードオイル、レモン、
塩を泡立て器でマヨネーズ状に。(オイルは少しずつ加えます)

刻んだゆで卵、タマネギ、ケイパー、パセリなどを混ぜるだけ。
私はシンプルにタマネギとピクルスのみじん切りを入れるのが好きです。
ちょっと深みをだすのにバルサミコもほんの少し加えます。

マヨネーズソースはどんな油でも出来ますが、牡蠣のように香りも
楽しみたい素材には香り控えめのオイルで作る方がいいですね。

グレープシード油の他には
アボカド油マカデミアナッツ油しそ油精製オリーブ油米油サラダ油などでアレンジ可能です。


牡蠣は水気を良く拭いて塩コショウ。
薄く小麦粉をつけ、卵、パン粉。
パン粉は生パン粉か、乾燥タイプなら目の細かい方が上品で合う気がします。

生で食べられる牡蠣は短時間でさっと仕上げましょう。
フライパンに牡蠣が半分出るくらいの油を熱して、「揚げ焼き」
にするとカリっといくというプロの技をどこかで読んでやってみたら
上手くいきました。

あ、見つけました。↓これです。
ダンチュウ 名人直伝「至上」のレシピ カキフライ

あとは熱々のうちにいただくだけ!

そうそう、オイルは軽めで衣をサックリ揚げる精製オリーブ油を使いました。
これに3〜4割お好みのEXVオリーブオイルを加えれば、
オリジナルのピュアオリーブオイルになります。

グレープシードオイル精製オリーブ油

使ったオイル:エメラルド色のグレープシード油   揚げ物に最適 精製オリーブ油


ひらめき人気blogランキングへ    レストランレシピブログランキングへ



ぴかぴか(新しい) 
牡蠣って火を入れると縮んじゃいますね。
これをふっくら仕上げるコツは片栗粉。

牡蠣鍋などに入れる時は片栗粉をはたいて入れましょう。
posted by 油売りエマ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

天然岩牡蠣到来!
Excerpt: 入荷しました! 天然岩牡蠣♪ 岩牡蠣って、採るの難しいんだよね…。 わかめなんかも、磯見するベテランが、亡くなっちゃって、 若い人は採らないうえ、 浜も埋め立てて波止場を作ったりしていくので、 だ..
Weblog: 地魚もてなし滝の川へようこそ
Tracked: 2006-04-27 19:20