2012年01月20日

食べ歩き紀行【本八幡】富ノ家

新築マンションの周辺地域ポータルサイトで連載中の「食べ歩き紀行」を
お送りします。
今回は今春より販売予定の「ライオンズ本八幡レジデンス」(売主:株式会社大京)
の千葉県市川市「本八幡」エリアです。

エリア情報はこちらでどうぞ→ぴかぴか(新しい)本八幡Life


tm02.jpg


本八幡駅からしばし歩くと見えて来ました。
韓国料理の富ノ家さん。

地元でも何を食べても美味しいと評判のお店のよう、土日は予約必須、並ぶこともあるとか。

そう言えば今年はもうビピンパ2回にモツ焼き、冷麺と韓国系結構食べてるかも。



がらりと開けるとすぐ座敷、掘り炬燵のテーブルが5、6卓ありすでにグループが鍋など
つついています。


tm03.jpg

予約の卓上にはすでに10品のおかず小皿がずらりと並べられていて、お腹がぐー。
もうこれをつまみにちびちび飲める感じですよね。


tm08a.jpg tm08b.jpg

韓国ビールで乾杯♪
おすすめは壁のボードなどにも書いてあります。


tm01.jpg

鉄板で熱々のハチノス炒め。
定番なコチュジャン味と葱ですが、やわらかいハチノスに甘辛ダレが絡んで芳ばしく
焼けているのがたまりません!

うん、美味しい!美味しいね〜と自然に声が出ます。


tm04.jpg

キムチやナムル、胡瓜に海苔…と合いの手もナイスワーク。


tm05.jpg

ほうれん草、豆もやし、ぜんまいの艶やかなナムル盛り合わせも胡麻油風味豊か。
すでに食卓は5色です。


tm09a.jpg tm09b.jpg


大きな豚の三枚肉がのせられた鉄板が!
お兄さんが手際よくお肉をハサミでちょきちょき一口大にカット、キムチも鉄板へ。
サムギョプサルって久しぶり〜。

なるほどキムチも焼くと美味しくなりますね。

真ん中のホイル内のニンニクには角切りの…バター!?
胡麻油は?と思えば手元に胡麻油と塩の皿が配られます。

辛味噌、サンチュ、白髪葱の辛子和えがどんどん配布され、もはや卓上は大宴会状態に!


tm10.jpg

えっとどうするんだっけと思う暇もなく、入れ替わり立ち代わりお兄さんやお姉さんが
反しては焼いてくれます。

はい、もうOK。というところで火も止めてくれるので、お肉を胡麻油につけ
サンチュに、キムチ、にんにく、葱ものせて巻いて辛味噌につけて…。


tm11.jpg

いただきますっ!!

う〜ん、なんて美味しいのでしょうか。
たっぷりの野菜、薬味と一緒に頬張るお肉。
ベトナムの食べ方にも似ていてボリュームあるけどヘルシー。
いろいろな「美味しい」が最終的に口の中で合わさる相乗効果が最高です。

卓上で焼く、手で巻いて食べる!盛り上がるし美味しい、家でももっと採用すべきですね。



tm06.jpg


海鮮チヂミは見るからにカリっとふわっとな感じ。
卓上にある薬味たっぷりのタレをつけていただきますよ。


tm07.jpg

おわー、掻き揚げみたい!
たっぷりの油で芳ばしく揚げ焼き、生地というか粉が少ない印象です。

むふー、しかし2人だとすぐお腹いっぱいになっちゃいますね。
鍋や他メニューも楽しむなら4人以上がおすすめです。


噂通りの実力、最近食べた韓国料理の中ではダントツ一位!
ここは再訪したいと思う1軒でした。


tm12.jpg


お米のデザート、という冷たい甘い重湯のようなものがサービスされました。

接客も温かく韓国のお宅にお邪魔したような雰囲気。
プルコギ、ビビンパ、カムジャタン、カルビクッパ…さぁ制覇しに参りましょう!


途中にMAMAS TABLEというオリーブオイル専門店さんもあります。
是非寄ってテイスティングしてみてください。
輸入食材もいろいろあって楽しいですよ!




関連ランキング:韓国料理 | 鬼越駅京成八幡駅本八幡駅



レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 15:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247447777

この記事へのトラックバック