2012年05月24日

食べ歩き紀行【芦花公園】川国風味小林

新築マンションの周辺地域サイトで連載中の「食べ歩き紀行」。
今回は京王線「八幡山駅」の京王線エリアをご紹介します。

物件は今春より販売予定の「リビオレゾン八幡山ステーションスイート
(売主:新日鉄都市開発・大栄不動産)です。


エリア情報はこちらでどうぞ→ぴかぴか(新しい)八幡山Days


さて、芦花公園駅に美味しい四川料理店があると聞いて出かけてきました。
すごい雨でしたが…帰りは満たされてにんまり、ここはマイ中華ランキングの
かなり上位に食い込んできましたよ。


kks00.jpg

シックな佇まいのお店はゆったり配置されたテーブルが4卓程度のみ。
ご家族連れ、グループですぐ埋まってしまう感じ。
大きなテーブルにつき、メニューを拝見します。

2人でいろいろとなると、やはりコースの方がいいですよね中華は。
こちらの一番は四川コースなのですが、辛くないのも食べたいし、どうしましょう〜
悩んでいたら店主自ら相談に応じてくださいました。

担担麺の入ったおまかせコースをベースに、気になった名古屋コーチンの胡麻ダレ
を加えていただくことに。


前菜はパリッとしたザーサイにカシューナッツの四川スパイス和え、そして
黄韮の和え物、紹興酒をちびちびいただきながら進む味。


kks01.jpg

ぽりっぽりのクラゲと盛られた名古屋コーチンの自家製挽きゴマソースサラダ仕立て。
辛すぎず、でもほどよい刺激に芳ばしいゴマだれたっぷり、やわらかい鶏肉と
ベストマッチです。


kks02.jpg

次は冬筍とマコモダケ、ニンニクの芽の豆豉炒め。
ドライなコクのある味噌としゃっきりした野菜、好みでつけられるぴりっとした
花椒パウダー!シンプルながら飽きない美味しさ。

どれもとても洗練されています。
いわゆるどーんとした四川料理とは一線を画す感じ。


kks03.jpg

これも感動的な美味しさ。
芳ばしくカリっと揚げた岩中豚に醤油だれ、こーれーはーなんて美味しいのでしょう。
絶妙です。


kks04.jpg

少量が嬉しい四川本式の汁なし担担麺。
辛さ、香り、ぽりっとした歯応え、和えて食べると止まりません。
が、多分辛さはちょっと控えめかもしれません、私でも普通に食べられたので。

kks05.jpg


これで終わりと油断したら… え、おこげが!

kks06.jpg

白湯ベースにたっぷりの魚介と野菜の餡。おこげが春の料理だとは知りませんでした。
そして、中国の古い文献にはおこげの餡は「焼いたライチのような甘酸っぱい」ものと
する旨が記されているとのこと。
確かに酸味も感じられるのです。とろみがついていればいいというものではないのですね。

勉強になるし、美味しいし、満足。しかもかなり安いのです。
特に去年の震災後、価格をお安くされたこともあるようですが。

kks07.jpg

デザートもこの豪華さ。
杏仁豆腐に小さな蒸しパンとアイスクリーム。

お若くて気さくな店主さんは小林さんではなく林さん。
中国にいらした時、小林=シャオリン=林くん、林ちゃんと呼ばれていたんだとか。
ちなみに川国は、四川を意味します。

kks08a.jpg  kks08b.jpg


銀座の趙楊で修行し、四川にもまめに行かれているご様子。
話していると食材、料理、四川大好き!な感じが伝わってきますよ、メニューや
辛さなどお気軽に相談してみてくださいね。
珍しい乾物を使ったコースなども面白そうです。

辛いものマニアにも、苦手な方にも満足できる料理があると思います。
必ずまた伺う一軒になりました。

kks09.jpg

場所は…アイバンラーメンの並び数軒先、でピンと来る方もいらっしゃるかもしれません。




関連ランキング:四川料理 | 芦花公園駅千歳烏山駅八幡山駅



レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263623285

この記事へのトラックバック