2006年12月29日

うなぎ・割烹 いろは亭【中野】

うなぎ・割烹 いろは亭
http://r.gnavi.co.jp/a104800/

用事が済んで中野に22時着、お腹空いた、何かなかったっけ?
居酒屋、台湾、中華、ベトナム… でももう時間遅いし。

!随分前に恩師にご馳走してもらった鰻、遅くまでやってるしおいしかったことを
思い出し、飲み屋通りの一本裏をぐるぐるすること10分、発見。
小料理屋風の扉を開けると、細長いカウンターに続いて奥に座敷が。
ここは蛍光灯がとても明るいカジュアルな居酒屋の雰囲気。
(もうちょっと暗いといいのに、せめて白熱灯に…)

いろは亭店内 いろは亭壁

鰻気分で来ても、ちょっとぐっとくる冬の味覚とサイン色紙が壁にずらり。
牡蠣鍋、鴨鍋、どぜう、すっぽん鍋!

「本当に鰻でいいのか」と自分と連れに問いかけつつ、次回はすっぽんだななどと
思ってしまいます。

今回は初志貫徹、あまり時間もないので松の鰻重を先に注文。
串は肝とレバー、関西風白焼きをぬる燗でつつきつつ待ちます。
関西は蒸さずに焼くんだとか。
肝はプリプリ苦味あんまり無し、レバーも全く臭みなく美味。

いろは亭 串 いろは亭白焼

いろは亭ごぼう巻き

気になるので頼んでみたごぼう巻き、結構時間が掛かって出て来ましたがこれも絶品。
柔らかい牛蒡に芳ばしい鰻が丁寧に巻かれています。
ここの鰻メニュー凄いです。肝焼きだけじゃなく、ひれとか短尺?しろばらとか、
肝わさ、うな茶、うなぎ鍋!?などなど通いたくなる種類が。

これ以上食べたら鰻重食べられなくなるよーと冷酒の追加にとどめます。


来た!!

いろは亭うな重

こってり甘すぎない上品なタレ、柔らかく馨しい鰻に満足。

おいしい鰻屋って結構終わるの早いじゃないですか。
だから鰻が食べたいと思ったら明日仕事早く上がって、とか休みの昼間に行くとか
計画がいる訳ですよ。
でも当日の体調によっては、なんかあっさりでいいかもみたいな時もあり(笑。

ここは夜10時くらいまでなら「!あ(美味な)鰻気分」という突発的な要求
も満たしてくれるよいお店です、有り難い。
しかも安いしおいしいので雰囲気はどうでもいいやという気持ちにもなります。

ただし夜の鰻尽くし、ちょっと危険か…。
寒い間にもう1度、今度は鍋で行ってみたいです。


ぴかぴか(新しい)うなぎ・割烹 いろは亭 地図・クーポン

東京都中野区中野5-47-4
TEL:03-3387-4487

JR中央線中野駅北口 徒歩5分 

営業時間
17:00〜23:00(L.O.23:00)

定休日 年末年始

今日の侍:うなぎ・割烹 いろは亭@オトコの価値は三十路から。
冷たい風が吹く夜・・・中野「いろは亭」@寄り道Blog




余談ですが、頂き物のうなぎパイV.S.O.Pブランデー!
結構おいしい…。「真夜中のお菓子」っていうキャッチとこのゴールド箱が凄い。

うなぎパイ

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック