2007年01月06日

アイディア酒肴と和風鴨ロース

鴨ローストとクリームチーズ烏賊明太

◆クリームチーズのイカ明太のせ◆-----

料理研究家井上絵美さんの本、「愛しのお取り寄せ」に確かイカの塩辛のせが
載っていて、やっぱりおいしいんです。(ちなみに当店の油も掲載!)

年末たまたま塩辛が何店かで品切れ、イカ明太で代用しました。
クリームチーズはkiriなどのカットされているものは便利できれいです。
私、間違ってブロックを買ったのできれいに切るのが大変でした…。

取りやすく紫蘇の葉の上に置き、イカ明太、彩りに紹興酒で戻した(水でも)
クコの実、浅葱微塵切りをのせました。
何か毎日酒肴の紹介ですが、これ日本酒、焼酎、ワインにも合いますよ〜。


◆和風鴨ロース、月桂樹と黒胡椒風味◆-----

洋風ソースの鴨ロースもおいしいですが、この和風漬けもたまりません。
鴨の大きさと火加減の具合に慣れればとても簡単。
基本的には皮目に包丁で切り込みを入れるかフォークで穴を開け、塩コショウし、
皮側からフライパンでこんがり色がつくまで両面焼きます。
※脂が出るので何もひかなくてOK、よりあっさり仕上げるなら出た脂を拭いても
いいし、これで炒め物とかしても美味。

別鍋に和風タレを沸かしておいて、そこに漬けて火を止めます。
濃い目の麺つゆを意識して、醤油、出汁、みりん、砂糖などで作ったタレに、
黒胡椒(ホールで)をたっぷりと月桂樹の葉を入れると風味もよくピリっとします。
(お好みで山椒などでも)

一晩くらい漬けると味がしみておいしいです。
とにかく注意は火の通り過ぎ。焼くときは表面だけにしないと硬くなります。
ただ大きさによって、切った時レア過ぎたらタレごと少し煮て調節して下さい。
今回はここのバルバリー産鴨で作りましたが、結構大きかったのでタレに移して
から1分程度煮てから火を止めました。
(この辺は感覚なので、切ってレア過ぎたら煮汁ごと温めて調節して下さい)

出す時にスライスしてタレを掛け、辛子(マスタード)を添えてどうぞ。
冷蔵庫で5日くらい楽しめますよ。漬け汁ごとお蕎麦に入れても!
本鴨を焼いて漬けるだけ。合鴨スモークとかよりさっぱり頂けます。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ ノンオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お正月料理盛り付け記録
Excerpt: 普段はあんまり面倒臭いことはしないのですが、お正月くらいということで、 彩りを気にして盛り付けてみました。 和系の皿や金紙、折り紙、箱、シンプルな洋皿、葉物を使うだけでぐっと 雰囲気が出ます。 しかし..
Weblog: 油屋ごはん
Tracked: 2007-01-19 21:21