2007年04月24日

長野産ビーツのマリネ

ビーツのマリネ

凄い色です。
パテのつけ合わせなんかで角切りでたまに出てくるビーツ。
ボルシチにも入ってますね。
独特の泥臭さというか土っぽい山牛蒡のような香りと甘みがあります。
サトウダイコンの仲間らしい。

水煮缶じゃなくて、長野産がごろっとじゃが芋のように売っていたのでゲット。

「切らずに皮ごと水から茹でる」とのこと、30分くらいかかりました。
水がどんどん赤くなります。
後で調べたら塩と酢も入れるらしい…。

杉本農産のビーツ

ビーツを茹でる ビーツカット

皮を剥いて切るそばから血がどくどくと…、いや赤い液体です。
味も鉄分、ミネラル、ポリフェノールを感じさせます。

とにかく扱っている最中は白いものを触ってはいけません。

生でサラダにもいいみたいだけど、酸味を利かせて冷やすのもおいしいのでマリネに。

ワインビネガーとバルサミコ酢を5:1、塩、EXVオリーブオイル1を
混ぜ、カットして密閉容器に入れたビーツに注ぎ一晩冷やすだけ。

ぬるいのはあんまりおいしくないです。

そのままでもいいし、大根やカリフラワー、ポテトなど和えてサラダにも。
色は全部赤く染まります。

マリネ液

日頃摂っていない栄養を食べてる感覚が全身を巡ります。
あ、トイレでびっくりしないように。それビーツのせいですから(笑。

使ったオイル:O&CO シャトーヴィランオリーブオイル

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
ラベル:ビーツ マリネ
posted by 油売りエマ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック