2015年01月23日

馥香で上海蟹++αの忘年会

浅草橋の中華の名店、馥郁たる香り、馥香(フーシャン)。
ランチはいつも混んでます。
もう数年上海蟹を食べてないし、特に酔っ払い蟹を食べたい!
でも夜はなかなかゆっくり来れない。でもアラカルトメニューも味わいたい!
我がままですみません。
お願いして個室でお昼宴会させていただきました。(忘年会)

胃袋繋がりの食通メンバーを招集しましたので、高木シェフとは綿密に
コース内容を打ち合わせの上、12月某日にお邪魔しましたご報告です。


どんどん参りましょう。

fsd.jpg

姿クラゲと彩々野菜の前菜。

fsd2.jpg

美しく素晴らしい歯触り、かわいくて美味。


fsc.jpg

メニューを見て気になっていた白菜とアンティーブのシャキシャキサラダ。
白菜とアンディーブという親戚のような二種をあわせているセンス、そこに香菜と
干し海老の香りと旨味があわさって素敵。


fsa.jpg

ねっとりとした台湾のカラスミと大根。


fsb.jpg

皮付き豚バラ肉のパリパリ焼き、この皮の美味しさといったら!
葱油とテンメンジャンをお好みで。

紹興酒お願いしまーす!


fs1.jpg fs2.jpg

美味しい中華に話も弾みます。


fsf.jpg

くふふふ〜お久しぶり〜の酔っ払い蟹はオスメス食べ比べ。
もう静かに黙って堪能します。むっちりねっとり美味しかったなー。
紹興酒自体も濃すぎずほどよく上品な感じ。


fsg.jpg

「上海蟹肉入りフカヒレスープはどこにも負けないよ。」のお言葉通り!
もう早く食べたくて写真ぶれちゃってますが、スープの下に茶碗蒸しが
あるなんて!大好物でございます。


fsh.jpg

彩々冬野菜のあっさり旨味炒め。
こういうシンプルな塩味の野菜炒めこそ店の実力が分かるというもんです。
しゃきしゃき、ぽりぽり、一つ一つの野菜が生きております。


fsi.jpg

瀬戸内の鮑とかわいい花巻、青梗菜とこの白い塊は…?
ヤクの背中の筋を固めたもの、コラーゲン!?
面白すぎる〜味の癖は特になく食べやすいです。


fsja.jpg

白い鶏さんがきましたよ!早々に叩かれ割られてごめんなさい。
3日前予約必須の叫化鶏、または乞食鶏です。

冬菜漬け、木耳、椎茸、搾菜、豚肉、筍を豚の網脂で巻いて鶏の中に詰め、
蓮の葉で包み、粘土で固め鶏を形作り、色を塗って蒸し焼きに!

取り分けていただいて…。


fsj.jpg

しっとりジューシー、そして詰めものの香りが素晴らしい。
漬け物効果もありですね〜素晴らしいお仕事ありがとうございました。


fsk.jpg

そろそろまだ食べるんかいっと突っ込みが入りそうですが、えぇ忘年会ですから!?

ナポレオンフィッシュの蒸し物でございます。
豆腐と共に蓮の葉蒸しにして…滲み出た出汁&タレももう最高です。
みんな後で利用すべく取り置きする始末(笑)。


fsl.jpg

やはり外せない二種山椒入り麻婆豆腐と…。


fsm.jpg

大きなチャーシューの芳ばしさがたまらない叉焼炒飯。


fsn.jpg

麺も食べたいでしょ?と最後にさっぱり黒酢入り辛味スープそば(酸辣湯麺)を。
麺は山西省流手延べ一本麺です。通常25m?だけど今日のは40m!とか。


いやはやさすがにお腹いっぱい…。


fso.jpg

最後はさっぱりデザートで。
はじめて知りました、この透明なぷるぷるのゼリー、雪蓮花という薬草から
作るそう。愛玉子みたいに種からかしら?
癖は全くなく上に乗せた金木犀シロップ漬けの香りでいただきました。

もう大満足!

馥香の醍醐味を十分楽しませていただきました。
高木シェフ、スタッフの皆様、胃袋をともに膨らましてくれた
皆様ありがとうございました〜。


fx.jpg


これほど食べても後味の良いありがたい中華です。
皆様も是非どうぞ〜。
通常のランチは予約できないので、個室宴会はスタッフの方にご相談くださいね。


馥香(フーシャン)FU XIANG
http://www.fuxiang.jp/index.html

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック