2015年02月25日

食べ歩き紀行【荻窪】荻窪ビール工房&煮込みやまる。&ラ・ヴォーリアマッタ

新築マンションの周辺地域サイトで連載中の「食べ歩き紀行」。
今回は、杉並区「荻窪」。
物件は 「デュフレ荻窪」(売主:サジェスト)です。

エリア情報はこちら→Ogikubo Style


og1a.jpg og1b.jpg


できたてビールが飲めるビール工房でくーっと一杯。
カジュアルな店内カウンター上の黒板にヴァイツェン、ホワイト、ストロング
など飲める種類とその樽詰め日も書いてあります。

カウンターで注文したら好きな席に座ります、二階もあるようです。
席ごとに置いてあるノートの地ビールファンによる書き込みを眺めるのも
楽しい。

二杯目からはジョッキをセルフ洗浄!
土日は15時から営業、駅からも近いし知っておくと便利です。
中野、高円寺など中央線にビール工房数軒あります。

荻窪ビール工房
http://ogikubobeer.blogspot.jp/



もう一杯飲みたいのを抑えつつ向かったのはそこから歩いて5分の煮込みやまる。
えぇもう中央線の呑んべ仲間は皆知ってる人気店なので、オープンと
同時にカウンターが埋まるなんてことも!


og2a.jpg og2b.jpg


座れたのでシャリキンレモンサワーで乾杯♪
なんとも風情のあるいい感じのお店です、店主は若い女性です。
コの字カウンター、おじさん率高いですが、女性も居心地いいですよ。
なんとなく荻窪より西荻窪にあるようなお店という感じ、骨董な雰囲
気だからでしょうか。


外せないのはこちら。


og5.jpg


煮込みでございますね。
塩、醤油、味噌と選べるのですが、塩はモツ煮、醤油は肉豆腐、
味噌は牛スジ煮と内容が違うのがまたニクイ。
全部食べたいと思わせます…。

塩と醤油は制覇したので次回こそ味噌でチーズぐつぐつを頼みたい!!

しかし過去数回の訪問日、いつもすごい暑い日だったのですよ。


og4.jpg


これは塩ね、木箱で供される薬味がまた素敵。


og3.jpg

「蕪ください、あと市原悦子。」
「僕は江角マキ子、ぬる燗で。」「はーい。」


??

はい、お酒のニックネームを店主さんが女優名でつけてらっしゃいます(笑)。
江角さんは杉勇(すぎいさみ)です。
メニュー画像こんな感じ(食ベログより)

いろんな意味でよく考えられているし、うまいなぁと思います。
つい通ってしまうようなお店です。


「煮込みや まる。」今宵もまるでまーるくなーれ
http://ameblo.jp/nikomiya-maru/



さ、つまんで飲んだしぐっと雰囲気を変えて…。

og6.jpg

ピッツァ食べて帰ろう〜!

og7.jpg

ここは地元の皆に愛されるいつも混んでいるカジュアルイタリアン。
なんと駅すぐルミネの上階です。


og8.jpg

生地は薄いミラノスタイル。最近ナポリ系もっちりピッツァに押され気味に
感じますが、久しぶりに食べると軽くて美味しいですね。
トマト・モッツァレラ・パルマ生ハム・グラナパダーノチーズの「パルマ」。

カップル、ファミリー、子供からおばぁちゃんまでどのテーブルも
賑わっていてイタリアンな雰囲気。

長年通っているという同行者によればパスタやメインもなかなか美味しい
とのこと。
店名にもなっている「ラ・ヴォーリアマッタ」は薄くスライスした米茄子が
たっぷりの看板メニューです。

生クリーム、サフラン、ズッキーニ、モッツァレラ・グラナパダーノの
その名も「サフラン」とかオルマという足跡の形のものなど気になる
のがいっぱい、何人かでシェアしたいですね。


og9.jpg

最後は4フォルマッジで。
ちょこっと蜂蜜をかけると、あぁ危険ワインが止まりません。
でも駅はすぐ下なのでありがたいのです。

一つだけ文句を言うとすれば、照明が明るいことぐらい(笑)。
荻窪はしご、皆様も是非お楽しみください。
まだまだありますけどね。

La voglia matta ルミネ荻窪店
http://r.gnavi.co.jp/a058806/
※大宮店もあり


タグ:荻窪
posted by 油売りエマ at 00:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413572968

この記事へのトラックバック