2015年11月10日

食べ歩き紀行【住吉エリア】清澄白河フジマル醸造所

新築マンションの周辺地域サイトで連載中の「食べ歩き紀行」。
今回は、住吉・清澄白河エリアをご紹介します。
物件は11月中旬より販売予定の「 グローリオ東京住吉」
(売主:セコムホームライフ株式会社)
です。

エリア情報はこちら→<東京住吉スタイル>


fgmr01.jpg


かくも美しいお皿は久しぶり。
シンプルかつ鮮やか、味も最高。
熟成バルサミコ酢とEXVオリーブオイル、バジルでいただくブッラータトマト。
カプレーゼもアレンジ次第でこんなに麗しくなるのですね。

とろとろクリーミーなチーズを旨味の濃いトマトに塗って頬張る幸せ。
あ〜白ワインが進みます。

1杯目は撮り忘れましたが、爽やかなデラウェアの樽生をいただきました。

しかしこんなところに忽然とワインの醸造所があるとは。
清澄白河フジマル醸造所

浅草橋店の人気が噂になってから、何度かトライするも予約いっぱい!
ようやく伺ったのが数ヶ月前、次にオープンした清澄白河店の方が先のレポート
となりましたが、それぞれ良さがあります。


fgmr02.jpg

食べ物メニューもどれも魅惑的で、飽きずに眺めながらウニのパスタを
いただきたく相性のよいワインをお願いしました。
しっかりしたロゼで。


fgmr03.jpg

もっちりした太めパスタ、とろりとクリーミーなソースにオレンジと
ピスタチオの風味!のウニパスタ、素敵です。


fgmr04.jpg


秋のフェアということで、アルバ産の白トリュフ、ポルチーニをどの
料理にも+1000円でかけられます!
吟味の上色んなお肉のラビオリでお願いしました。
あぁ香りだけで飲めます(笑)。
濃厚な24ヶ月熟成のパルミジャーノ・レッジャーノとあわさってもうすごい。

ソースはパーラー江古田のどっしりしたカンパーニュで拭って赤ワインのお供に。


fgmr06.jpg

イタリアと大阪のどっしり赤ワインも美味。


fgmr05.jpg


うずらの小さなソテーも素晴らしい香り。
キノコとマルサラ酒、あとこちらはトリュフオイルでしょうか、秋のご馳走と
いった一皿。


fgmr07.jpg


牛フィレロースト。
どのお料理も美しく美味しく、香りと食感のバランスが素晴らしく洗練
されていました。


fgmr08.jpg


テーブルとカウンターのカジュアルな雰囲気、浅草橋の下町感とはまた違う
けど、やはり青山とは違う清澄白河のいいゆるさがあって落ち着きます。

営業は17時から、週末はランチもあり、テイスティングは毎日13時〜と
いろいろな使い方ができそう。

ブルーボトルコーヒーや美術館、お洒落なお店など何かと噂の清澄白河、
知っておくといい一軒です。


fgmr.jpg

え、こんなところに?というビルに忽然と現れますよ。
今度は昼テイスティングに行ってみたいです。


FUJIMARU WINESHOP


清澄白河 フジマル醸造所イタリアン / 清澄白河駅門前仲町駅

夜総合点★★★★ 4.0




posted by 油売りエマ at 16:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429328232

この記事へのトラックバック