2015年12月25日

食べ歩き紀行【市ヶ谷】シェオリビエ

年の瀬に優雅なフレンチランチ!
昼過ぎにお店に入ると、もうマダム達が楽しそうにテーブルを埋め尽くして
います。

新築マンションの周辺地域サイトで連載中の「食べ歩き紀行」。
今回は、市ヶ谷エリアをご紹介します。
物件は「アトラス市ヶ谷」(売主:旭化成不動産レジデンス(株))です。

エリア情報はこちら→<市ヶ谷LIFE INFOMATION>


さて、市ヶ谷のシェオリビエさんにお邪魔しました。


クリスマスウィークだったこともありスペシャルメニューも用意されて
いましたが、前菜、メイン、デザートを選ぶコースで。


icg01.jpg


この時期あるとどうしても戴きたくなる栗のポタージュ。
甘いフランス産の栗と芳ばしいベーコンの濃厚な味わい。
そば粉入りのバゲットと、あ〜幸せ。


icg02.jpg

連れはシャルキュトリー盛り合わせでしたが、食べ応えたっぷり!
これとパンで永遠にワイン飲めそう…とてもフランスらしい一皿。


icg03.jpg

魚介類のパイ包みと書かれていた気がしましたが、ポットパイ!
先ほどからあちらにもこちらにも運ばれていました。
やはりクリスマスのスペシャリテ?


icg03b.jpg

さくっとスプーンを入れると立ち上るサフランとクリーム、バター、魚介の香り!!
深呼吸〜(笑)大きなサーモンに鯛、ホタテ、ムール貝、野菜…。
シチューではなく、完全に魚介のクリームソース。
熱々を頬張る内に身体が温まります。


icg04.jpg

連れのお肉。
振り返ると、私は少し風邪の治りかけだったせいか、重めというか
温かいメニューチョイスでしたね。


icg05.jpg

フォンダンショコラもたっぷり!
イチゴベースのカクテルデザートも美味しそうでした。

時折泳ぐように客席を回る華麗なる経歴のシェフ、オリビエ氏
活気があり明るい店内は少しビストロの雰囲気もあってとても居心地
良く食事を楽しめます。
本格フレンチを気軽にデビューするにもいいお店かも。

夜ワインと食後のチーズもゆっくり楽しみにまた来たいお店でした。


icg06.jpg



EATPIA シェオリビエ
市ヶ谷 / フレンチ
Chez Olivier

シェ オリビエフレンチ / 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅

昼総合点★★★★ 4.0


posted by 油売りエマ at 12:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431657493

この記事へのトラックバック