2017年01月18日

シャトルシェフは油にとっても素晴らしい

油屋ごはん(本)のくいしんぼう編集者堀江さんが度々言うんです。
黒豆がとってもよく出来たのよシャトルシェフで、とか蒸し物も楽なのよ
シャトルシェフで、とか。
昆布巻きもいいわよ〜とか林檎のコンポート、柚子のマーマレードも。
シチューもいいし、肉じゃがの人参とかすごく美味しいの…。

すっかりシャトルシェフが気になりだした私。
え、朝仕込んでいけば夜出来てるの?とか(さすがに6時間以上は厳しいらしい)
だって煮物冷めないと味しみないでしょ?(不思議にできたても気にならない美味しさ)
など質問攻めにした挙句、サイズを検討。

4歳児はまだまだ小食だしいっぱい作ると飽きちゃう私、とりあえずスープ
や副食作り用に2人用(1.6L)にしてみました。(ちょうど誕生月!)


sc.JPG

ちなみに手前はステンレスメッシュのコーヒーフィルター(SCS)
これで紙フィルターは卒業です。粉残りは最初気になりましたが慣れて来ました。
カラフェの底にたまるのでカップに注がないように残してます。


さてシャトルシェフ、早速煮てみましょう!

sc01.JPG

●かぼちゃの煮物

かぼちゃと麺つゆ、水を火にかけ沸いたら5分蓋をして煮て保温鍋へ。
15分でしっとりやわらか、煮崩れなし。(子供用に小さめカット)
これは楽チンだわ。


はい、シャトルシェフは何でも3〜8分くらい加熱後、保温鍋に入れて
10分から1時間くらい放置すれば完成するというしくみ。

茹でもの、蒸しもの、スープ、煮込み、ごはん!そして麺茹でまでできると。
楽、かつ省エネ!
暑くて火を使いたくない夏こそ便利なのでは!?と実感しました。


作ったもの一挙公開します。


sc02.JPG

●肉じゃが

挽肉しかなかったので鶏じゃがですが…。
これは保温時間25分だとちょっと人参硬めでしたが十分な仕上がり。
なるほど1回冷めてないのに味もついてます。
急ぐなら小さく切ればいいかも。

ひとつだけ守ることは煮汁はたっぷり!ということ。
素材が汁に浸かってないと味がしみないので。


sc03.JPG

●プリン

なめらかとろとろ!
茶碗蒸しや温泉卵も楽になりそう〜!
ただ1.6Lだと普通サイズの茶碗蒸し2個もぎりぎりかもしれません。



sc04.JPG

豚肩肉の塊に塩胡椒をすりこんで表面を焦がしたら…。


sc04b.JPG

半分に切った芽キャベツの上に置き4つ割りのトマト、水、ローリエ、醤油。
沸いたらアクを取って蓋して6分くらい加熱。保温鍋に1時間強放置。

sc04c.JPG


●豚肉と芽キャベツのあっさりトマト煮


しっとり柔らかに煮上がった豚肉はスライスしてスープとともに。
食べる時にEXVオリーブオイルを回しかけて!

そうなんです。油にとってもシャトルシェフは素晴らしい!!

長時間加熱しない、保温時は100度超えない=酸化しない

ベースに使うのも最低限の加熱だし、保温鍋に入れる前にオイルを入れる、
出来てから仕上げにかける、という使い方がとても生きてくるのです。



sc05.JPG


●根菜の煮物

長芋や人参、蓮根や牛蒡などちょっと炒め煮にしておいたり…。
薄味に下茹でして常備しておくと付け合せにも便利。


sc06.JPG

●野菜スープ

大根や人参の剥いた皮を刻んで冷凍してあったのなんか放り込んで
野菜ストック、ベジブロスも放置で簡単!
味噌入れれば味噌汁に。
トマトやベーコンでアレンジしてミネストローネにも。


sc07.JPG

●骨付きチキンと白菜の煮込み

ブツ切り鶏肉、生姜、酒、白菜、水、塩昆布!
白菜とろとろスープ美味しい。
仕上げに上品な玉締めしぼり胡麻油を。


sc09.JPG

●里芋煮

出汁がしっかりしみて柔らかく煮崩れなし!


sc08.JPG

●鯛のあら煮

落とし蓋をして保温15分でふっくら!
ほぐしてたっぷりの煮汁とともににゅう麺も最高。


sc10.JPG

●お赤飯

子供の好物ながら蒸すのが面倒でつい買ってしまうお赤飯。
もう母さん作れるよ!
レシピはシャトルシェフのサイトから。
私はこの量の3/4換算で作りました。

お豆はいただきものの北海道の在来種、まだら模様。

sc10b.JPG


はい、まとめます。

加熱5分で保温鍋。子供迎えに行って帰ってくるとスープできてる!とか非常に便利。
朝も支度している間に肉まん蒸せてるなど。

煮物、煮込みが増えてヘルシー、ダイエットにも○?!(笑)。

煮詰まったりしないので食べる味付けを最初にしてオッケー、または
薄味に作って食べる時に調整する。

お酒入れるならちゃんと飛ばしてから保温鍋へ。
レンジばかり使いたくない人には非常に重宝!
もちろん保温も長いので、遅く帰ってくる家族にも○。

我が家に迎えてからほぼ毎日使っているシャトルシェフ、どうしようもう1台欲しい。。。

あ、ちなみに蓋がステンレスなので沸騰したか中が見えないのですが、ちょうど手持ちの
ガラス蓋がぴったりだったのでよかった。
保温鍋に入れる時差し替えてます。


というわけでありがとう堀江さん!笑
たまにカレーを焦がす母にも送りつけようかと思ってます。


シャトルシェフ/THERMOS
http://www.thermos.jp/product/list/shuttlechef.html

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 器・調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446054608

この記事へのトラックバック