2008年01月25日

トリュフとジュゼッペ・コッコのパスタ

トリュフパスタ

言っておきますが、日常的にこのようなものを食しているわけではございません。
クリスマスに取り寄せた空輸フレッシュトリュフ。
でも当日はお腹一杯で断念したので後日使いました。

しかも何万円もこの小さな塊につぎ込むほど私お金持ちではありませんので(笑
これは中国産です…。思う存分使えます。

黒トリュフ

なかなか大きいんですよ。半分切ってもこのサイズ。
オマール海老の頭と殻をバターで炒めて白ワインで煮出したスープに
刻んだトリュフをたっぷり、生クリームを加え煮詰めたらパスタに絡め、
スライストリュフをこれでもかと…。(早く食べないと乾いちゃうし、それにしても掛けすぎ)

濃厚、香りもむせそうなほど。惜しまれるのはもっと薄くスライスすべきだったこと。
使うスライサー間違えた!でもトリュフ食べた〜という満足感はあります。
お店で出てくる皿にほんのちょっぴり紙のようなものがひらひらしてる切なさはない。
(もっとちゃんとした店に行けばいいことですが)

ジュゼッペコッコ

中国産とは言えそうそう食卓にのぼらないトリュフに敬意を表して、
負けないパスタを入手。

最高級の小麦粉を湧き水で練り上げた希少な逸品。ジュゼッペ・コッコのリングイーネ。
カヴァリエーレ勲章受賞、ローマ法王庁御用達!ようこそ日本の小さな家へ(笑。

小麦の風味があり、歯応えもしっかり、時間がたってもだれません。
こういう上質のパスタこそ、シンプルなペペロンチーノなんかにした時、実力を発揮するもの。
「採れたて炊きたてのご飯におかず不要!」ってな感じでしょうか。

小麦も世界的に値上がりなこの頃ですが、頑張って欲しいものです、イタリアの職人さん。
早々お気に入りパスタに追加です。

参考:
ジュゼッペ・コッコ【ローマ法王庁御用達】@隠れ家レストラン
ジュゼッペ・コッコ/片岡物産セレクト・フーズ・マート

三浦半島でトリュフが採れる!!
休日は裏山にトリュフを採りに行こう! 三浦半島で日本のトリュフを大量に
採ってフレンチを堪能した!@やまけんの出張食い倒れ日記


美食の代名詞トリュフの虜になる@All About»スタイリッシュレシピ

???X?g????レシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 16:43| Comment(4) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国産のトリュフ、私も買いました〜でも、そんなに香りがしなくて…。冷凍ものだったからかしら??この前トリュフパーティーをやった時にドキドキしながら買ったフランスのフレッシュトリュフはさすがに香り高かったですが、やはり白トリュフオイルには負けました。白トリュフの生というのも現地では食べられるのかしら…。このパスタもおいしそうですね!食べてみたい〜。

そうそう油屋さんのお店にお邪魔する件ですが、営業は平日だけなんですね。そうすると行けるのは3月になりそう(涙)でもきっと行きます!もしその前にターキー焼く予定あったら教えてください、例の大型スポイトゲット済みですので、送ります♪
Posted by みち at 2008年01月27日 14:04
> みちさん

白トリュフオイル… むんむんですね(笑

3月まで待ってますよ〜。
ターキーまた焼くのは多分今度の冬かも…。
楽しみにしてます。


Posted by エマ at 2008年01月29日 15:05
トリュフとジュゼッペ・コッコのパスタ
素敵な香りがこちらまで飛んで来ます

美味しそうです、
Posted by ryuji_s1 at 2008年02月10日 10:30
> ryuji_s1さん

こんにちは!
はい、香りムンムンでした。

ジュゼッペ・コッコ、今度はシンプルに味わいたいと思います。
Posted by 油売りエマ at 2008年02月12日 15:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック