2017年10月16日

えごま入り納豆焼き飯

DSCF9255.JPG


至って普段の焼き飯です。

入れたものを順番通り以下に。
北海道のひまわり油、刻んだ長葱、桜エビ、ごはん、納豆、レタス、
熊本のえごまの実、塩コショウx醬油+もみ海苔。

えごまの粒のカリっとした食感がなかなかいいです。
桜エビと海苔とあわせてミネラルも摂れる焼き飯。

えごまの実は日本のスーパーフード!油もオメガ3補給にいいですが、
実の方も毎日よく噛んで食べるといいですよ、それかすって和え物などに。

【無農薬栽培!】熊本県菊池産 えごまの実 100g


あと仕上げにカリカリに炒った桜エビをかけると尚良し、ですね。
じゃこでも。
それにしてもさっと火を入れたレタスって本当に美味しいですね〜。
さっと茹でて、えごま油x醬油かけるだけ、もおすすめです。


使ったオイル:ひまわり油 一番搾り 北の耀き

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:16| 東京 ☔| Comment(0) | レシピ ひまわり油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

南瓜のエゴマチヂミ

kbch.jpg

かぼちゃをゴリゴリと皮ごと千切りに。
そこに薄力粉、すりおろした長芋、塩少々、エゴマの実、水を適当に加えひまわり油
両面焼きます。

片面焼いたら蓋をして少し蒸し焼き。
仕上げはまた蓋を取ってカリッと。


kbch2.jpg

エゴマのぷちぷち食感が楽しいチヂミに。鉄分などミネラル補給もばっちり。
タレはなんでもお好みで。ポン酢でも味噌ダレでも。
南瓜が甘いのでコチュジャンや豆板醤を溶いた酢醤油もおすすめです。


使ったオイル:北海道産ひまわり油

熊本県菊池産無農薬エゴマの実販売中!


※今週末19日(土)は油の日イベントです!

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:エゴマ
posted by 油売りエマ at 13:05| 東京 ☔| Comment(0) | レシピ ひまわり油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

牡蠣とカブの餅みそホワイトソース煮

DSCF6257.JPG


豆乳にお餅を入れて弱火で煮ます。
柔らかくなったら泡だて器で混ぜ、味噌も加えます。
とろとろ加減はお好みで、餅の量で調整します。

別鍋でカブを茹で柔らかくなる頃にほうれん草も一緒に茹でて水気を
よく切る(クリーム煮なのでほうれん草も柔らかめが美味しい)。

塩水で振り洗いして水気を拭いた牡蠣に片栗粉をはたいてさっと茹で、
カブ、ほうれん草と一緒に豆乳ホワイトソースへ。

味が足りなかったら塩で調整、仕上げには美味しい香味油をどうぞ。

上品系はほんのり芳ばしい国産ひまわり油玉締め搾りのごま油
ビタミンE補給にはアーモンドオイルかアルガンオイル
ちょっと刺激が欲しいなら山椒香味油
オメガ3補給ならえごま油アマニ油サチャインチチアシードオイルでも。

熱々ふわ〜っと召し上がれ!


ホワイトソースはもちろんオイル(バター)と粉で作ってもいいですが、お鍋のしめ
なんかで餅がありがちなこの季節には便利な方法ですよ!
オイル量は控えめだけど、糖質にはなりますけどね…笑

和風なクリーム煮です。
あ、全然ハロウィン風じゃなかった。。。

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:牡蠣 かぶ
posted by 油売りエマ at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ ひまわり油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

ゆり根ごはん

yng5.jpg


大好きだけど高いので1個ずつ買う百合根。
北海道から箱でいただいちゃった!(嬉)ので百合根祭り。

まずは友人宅で2個たっぷり蒸して、味噌と蜂蜜、香るマカダミアナッツ
オイル
を混ぜたタレで。
百合根には香り柔らかな、上品なオイルが良く合います。

3歳児の食べっぷりがすごくて、皆で鼻血出るよと止めました。。


お次はやまけんさんに、
「北海道では炊きこみごはんが定番だよ、ホクホクして美味い!」と聞いたので
いそいそと、新米を研ぎました。


yng.jpg

きらーん!百合根と同郷のひまわり油を少したらり。


yng2.jpg

水と酒と薄口醤油少々、塩、昆布、ひまわり油でシンプルに。

yng3.jpg

むは〜っ!
ほくほく甘く艶やかなる上品な百合根ごはん。
お酒につまみにもなります…うぅ危険。

この主張しすぎないけど裏でちゃんと仕事してる感じのひまわり油
素敵です。素晴らしい組み合わせ。


yng4.jpg


汁物代わりに百合根だけのとろとろ茶碗蒸し(笑)。

あと、掻き揚げ、グラタン、マッシュ、ポタージュ!蟹餡かけ!と
妄想を実現化して参りたいと思います。

ありがとうございます。


使ったオイル:香るマカダミアナッツオイル
         ひまわり油 一番搾り 北の耀き 275g


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ ひまわり油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

パンプキンパイ/ひまわり油入りタルト生地で

pp01.jpg


ハッピーハロウィン!
子供がかぼちゃ大好きなのでパンプキンタルト作ってみました。
あぁ裏ごしなんて何年ぶり…。

至って簡単にがモットーなので、薄く切ったカボチャは柔らかく茹でて裏ごし。
水分入ってOK、パサパサだと喉詰まるし。

熱いうちにバター少々と豆乳(牛乳)、ココナッツシュガー、レーズンを
混ぜクリーム状に。
えぇ完璧に適当です。

生クリームや卵黄などお好みでどうぞ。

大人も楽しめるべく、シナモンとジンジャー、ナツメグを控えめに振ったの
ですが、どうやら子供はそれが気に入らなかったようです。。やれやれ。


pp02.jpg

タルト生地は以下参考まで。
薄力粉 100g/全粒粉  40g/ココナッツシュガー 大さじ2/塩 少々
国産ひまわり油 大さじ3/水 大さじ1半〜

粉類をボウルでぐるぐる混ぜたところに、オイルを回し入れ全体がぽろぽろに
なるまで手ですり混ぜたら水を様子を見ながら加えまとめるだけ。

北海道のかぼちゃに、北海道名寄産のひまわり油をあわせてみました。
オレイン酸多めで加熱にも強いし上品な香りで邪魔しません。

のばした生地をタルト型に敷いたら15分くらいオーブンで空焼きして、
かぼちゃクリームを流して更に25分くらい焼いて完成。

焼きあがったら、アプリコットジャム+パンプキンシードオイル+メープル
シロップを溶いたものを刷毛で表面に塗りました。

艶も出るし甘酸っぱい味と芳ばしい香りのアクセントになって良かったです。

pp03.jpg

紅茶と朝ごはんにもいいかも。


使ったオイル:パンプキンシードオイルひまわり油 一番搾り 北の耀き

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ ひまわり油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

国産ひまわり油ドレッシング

市販のドレッシングはほぼ買いません、使いません。
でもこれだけはリピートしてます…すぐ無くなります。

本当に美味しいし便利。シンプルな原料で使っている油もいいので!

その油よりドレッシングの方を先に紹介してしまいますが、北海道名寄産の
ひまわりオイルドレッシング
です。


hmw-480.jpg


冷しゃぶサラダ、完璧!!
ドレッシングに入っている玉ねぎと赤ピーマン、鰹ダシがちょうど合うんですよね〜。

ちなみに豚肉は肩ロースの薄切りをぐらぐらし過ぎない湯にちょっとひまわり油
を垂らしてしゃぶしゃぶしました。
私はここで氷水に取らず、水分だけきっちり拭いて野菜にのせちゃいます。
冷やさないのでお肉の脂も固まらないまま柔らかくいただけます。

国産ひまわり油たっぷりで贅沢、塩分もそんな強くなくたっぷりかけて野菜も
もりもり食べちゃいます。とにかく味が好き。


nj-dre.jpg

かけるだけじゃなくお肉のマリネにも便利。
これは豚のスペアリブをビニール袋のまま、ニンニクと醤油、ひまわりドレッシング、
ココナッツシュガーどぼっと入れて半日冷蔵庫に入れておきました。

網で焼くか迷いつつ、早く、かつ副菜も一気に出来るように鋳物鍋に大きめに切った
玉ねぎと人参、じゃがいもを敷き、表面だけこんがり焼いたお肉をマリネ液ごと上に
のせ蓋をして熱してからオーブンに入れ蒸し焼きにしました。

お肉の脂と旨みがしみこんだ野菜がご馳走!
イタリア泡シャルドネに合う豪華な肉じゃがができました。

奴に掛けたり、ドレッシング煮にしたり…最近マイブームのドレッシングです。
ネットショップでは本日発売、是非お試しください〜!


一番搾り ひまわりオイルドレッシング

hmwr-t3.jpg

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ ひまわり油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする