2017年10月03日

沖縄レポート完結編/テオ・ヤンセン展覧会

mnkt10.JPG

沖縄の思い出第三弾!(第一弾「胃袋」第二弾「月苑」

そう、沖縄県医師会さんのお招きで、第1回うりずんフェスタのなんと基調講演を
させていただいたのでした。「からだに効く油-オメガ3オイル講座」。
沖縄の皆様の健康と食を考えるイベント、なかなか盛況でした。

え、もう半年前のこと…。


せっかくなので数日のんびりしようということで子連れで、ならちょっとつまみくらい
作りたいしキッチン付きのホテルを手配したところ。。
友人も、友人家族もわらわら終結。


mnkt16.JPG

結果、朝ごはんは合宿のように…パンとコーヒーにゆし豆腐の味噌汁(笑)。


mnkt15.JPG

夜は泡盛で酒盛り。またはパッションフルーツに黒糖焼酎を注いで食べる。
島らっきょうは持参のオイルで一瞬炒めて。

あとは沖縄通の友人にアテンドしてもらい、あちこち周遊(って食べてばっか!?)。


mnkt13.JPG

沖縄そばはEIBUNで。


mnkt.JPG

素敵なパン屋さん宗像堂へ。


mnkt17.JPG

海を見ながらビール!食堂かりかはネパール餃子、モモも美味。


mnkt12.JPG

レシートがなんとその場で手描きイラスト!なオリジナル手拭&Tシャツ工房Doucatty


mnkt03.JPG


そして外せないのは料理工房てだこ亭さん。

mnkt04.JPG

地元や世界の厳選食材を使ったイタリアン。
みどりさんのお料理工房!


mnkt05.JPG

おもしろい調味料や、心のこもった手作り品、極上チーズなど驚きがいっぱい。

mnkt06.JPG

そうそう、沖縄にはチーズおじさんがいます(笑)。
その名もチーズガイ!がっしりしたチーズを沖縄で作っていますよ。


mnkt07.JPG

てだこ亭さん、最近はグルテンフリー、糖質オフメニューの開発にも力を入れているようです。
私の講演にも来てくださいました!


mnkt08.JPG

この時は医師会イベントに駆けつけたみどりさんファン&関係者のパーティーだったの
で大皿で。

mnkt09.JPG



さぁ沖縄らしいものもいただかなくては!
ちゃちゃっと調べて入ってみたゆうなんぎい。老舗のようです。
ナーベラーって何だったっけと思いながら頼んだチャンプルー。

ok02.JPG

へちまです。ちょっと土臭いような味でしたが、これがへちまの個性?


ok03.JPG

ぷるぷるてびち(豚足)に、


ok01.JPG

海ぶどう、ゴーヤ、そうめんチャンプルー、照りってりで美しいラフテー!
泡盛はクース(古酒)も楽しめますよ。
居心地は居酒屋さんですが、沖縄料理はどれも美しく丁寧に仕上げられていて、
伝統と誇りを感じるお店でした。


mnkt02.JPG

そしてこちらはCafeプラヌラ
講演前に、ちょっと静かに資料チェックできる場所はないかしらと大林千茱萸姐御
相談したら、即効ここのカウンター左端を予約してくれました。

素敵な空間、その名の通りプラヌラ(くらげ)が漂っています。
しばし集中タイムを過ごしていたら、なんとあれ、いしかわじゅん先生が!
吉祥寺でもなかなかすれ違わないのに、さすが沖縄!?

そして先生と鍋について語り合っている右の女性が店主の戌亥近江(いぬいちかえ)さん

やっと辿り着きました!
はい、なんと彼女がテオ・ヤンセン氏に直談判!沖縄での展覧会を実現させたんですよ〜!


言葉は要りません、こちらをご覧くださいませ。



風だけで動きだすビースト達!子供だけじゃなく大人でも歓声が出ちゃいますよね。
ちょうど本日から沖縄県立博物館・美術館にて開催だそう。必見です。

いいな〜見たいな〜!!見た方はレポートしてくださいね!

テオ・ヤンセン展覧会 in 沖縄2017
https://theojansenokinawa.com/


ということで沖縄レポと応援でした。
皆様ありがとうございました、お世話になりました!


ok04.JPG

海ぶどうにぞっこんの息子。油Tシャツはこちらです(笑)。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:07| 東京 ☁| Comment(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

台湾で食べたもの(1年前)

tw21.JPG

去年の今頃は台湾でこれ食べたんだよねぇ、美味しかったねー。
ここのもすごく美味しいね、とテレビで見ていた神田須田町の東京豆花工房さん
昨日行って来ました。冬は温かいもののみ。シロップは黒糖か生姜。甘さ控えめでほっとする味。


そう旧正月前の台湾、1年前か〜。
3歳男児と5歳女児連れの母子x母子旅。
発酵するほど寝かせましたが(笑)美味しさは覚えているので一挙食べたもの列記してみます。

※長いです


tw01.JPG

着いた日はちゃんとしたレストランへ。


tw02.JPG

小籠包!
あまりリサーチする暇もなく、ディンタイフォンは前行ったし日本にもあるので
違うおすすめをホテルで聞いてみました。


DSCF3639.JPG

このシンプルな海老炒飯もびっくりするくらい美味しかったし、とろとろの大きな
東坡肉(豚の角煮)、大根餅、豆苗炒めも美味。

あ、店名は以下です。

tw03.JPG


子供サービスもせねばということで翌日はアジア最大級の動物園へ。
のはずがなんかかわいい表示に誘われてうっかりロープウェーに乗ってみたら大変、
ものすごい標高までずんずん連れて行かれました。

tw17.JPG

雨も降ってきて寒い。お腹減った。子供も機嫌悪くて大変。
茶屋に飛び込み、さっぱり言葉が通じないおじさんに適当に指差し注文。
何となく漢字の雰囲気で…。


tw06.JPG

ところがまぁびっくりするほど美味しかった!
最初え、素麺こんなのか〜とか思ったけどすごく美味しい。
生姜と茹でて、そうか!茶油を絡めてあるわけですね。お茶の山みたいですから。
「茶油麺線」でしたかね。

ピリ辛の筍炒めもナイス。

tw05.JPG

排骨(骨付き豚)、パイコー麺やら丼が有名ですがこの照焼排骨がまた
美しい仕上がりで美味しかったです。


tw07.JPG

接客は非常に悪かったけど、味は最高でした〜。
ちなみに動物園は閉館1時間前にどうしても行くという息子と駆け込みました、疲れた。。


tw15.JPG

くたくたで、子供には焼鯖弁当を食べさせ寝かせ親は部屋飲み〜。
あぁ今回は夜市をうろつけないかもと思う。


翌日は乾物・漢方で有名な迪化街へ。
え〜正月前のアメ横、と言えるほどすんごい人手!
子供の手を離したらもう会えないかも…。
でも手離さないと食材触れないし見れない〜というストレスとの戦いです。


tw16.JPG

日頃豆乳あまり飲まないのに台湾のは本当に美味しい、日本と製法のどこが違うのか。
トッピングに覆われた豆花も美味しかったです。
店名忘れました。


tw08.JPG

羊煮込む用の漢方ミックスとか、鶏用、香包、バックテー用、貝柱なんか買い漁りちょっと満足。
でもどうせならもっと買えば良かった、後の祭り。
日本と同じように古い建物をリノベーションしてあるお洒落な雑貨屋さんやカフェなども
あって素敵だけど、子連れじゃゆっくり見れません。

tw09.JPG

しりしり器と素麺用の杓子?


tw10.JPG

豚のマークだけど鴨脂。お洒落なボトル。

tw11.JPG

なんだか分からないけど五香粉の香りらしい豆腐ジャーキー。
味は…微妙でした(笑)。

tw18.JPG

スーパーのオイルコーナー。やっぱりひまわり系多し。


tw12.JPG

やはり疲れ果てホテル横の小さな店で夕ご飯。
まぁ安くて美味しくて良かったですけど。

ワンタンメンにパイコーです。
台湾の人たち飲まない人多いですよね…私達必ず飲みますがお酒の調達がなかなか。。
紹興酒なんてなかなかなくて三越で買いました。


tw13.JPG

三越付近の裏路地で見つけた屋台。
お肉や串に刺した練り物、白菜や厚揚げ、腸詰などを好きに取っておばちゃんに
出すと、多分「辛いの大丈夫?」みたいなこと言いながらわーっと粉を全部に
まぶして紙袋にがさっと入れ渡してくれます。胡椒かな。


tw14.JPG

あとしゃくしゃくとした歯触りの前回も食べたレンブーというフルーツ。
↓これも三越の惣菜コーナーで見つけた面白いもの。

tw20.JPG

心太軟。棗(なつめ)に里芋、お餅を詰めたもの。面白い。
お正月に食べるのでしょうか?


という訳で台湾回顧録でした。

一緒に行ったAOFもらんさんの「もらん香り日記」もあわせてどうぞ〜懐かしい。


tw19.JPG

台湾でピンクのパンツが欲しいぃと泣いた息子、先日履かせようとしたら
もうピンクは嫌だ宣言出ました。


tw04.JPG

前回行ったのは子供が生まれる前。
あぁ胡椒餅も食べたかったー、また行かねば。
台湾の人、基本子供にすごく優しいのでありがたかったです。

あと一つ教訓。
幼児1人に大人2人(中学生以上)が旅はいい。
母子x母子は結構ハードでした。

台湾で食べたもの/2011年10月


そうそう、スタッフに聞いたのですがちょうど今、神田万世橋のmAAch ecuteにて
「台灣品質〜日常にクオリティーを。〜」というイベントをやっているようです。
食べ物よりクリエイターによるデザイン、カルチャー系のようですが2/5まで。
ご興味ある方はいかがでしょうか。
http://www.maach-ecute.jp/eventspace.html#114



レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:台湾
posted by 油売りエマ at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

えごま油の里、奥出雲紀行【蕎麦打ち体験】

dandan.jpg

奥出雲紀行続き。
翌朝は再び古民家暖々に集い出雲蕎麦打ち体験です。

当初予定を聞いた時、正直えーっと思いました。
だって天ぷらと蕎麦はプロのをいただくと決めているし!(笑)
全く出来る気がしなかったので。

せっかくの蕎麦、ぼそぼそのは食べたくないし、せめて蕎麦がきくらいでも
いいんじゃないかと言ってみたりして。

ですがせっかく師匠が松江から道具持参、泊りがけで来てくださったという
ことで人生初の蕎麦打ち体験となりました。


kaki08.jpg


道具の説明、蕎麦粉をこね鉢にふるい入れ、水回しの説明。
猫手で混ぜる感じ、水を入れて変わってくる指先の触感、まとまった生地の重さ。
こね加減、滑らかな質感、のばし方、丸を四角にする方法、畳み方…。

蕎麦は大好きで都内でもよく食べ歩いていたので工程、用語などは知って
いましたが、やはり自分で体験するのは大違い。


とにかく師匠の教え方か蕎麦粉のせいか、また作る量が少量だったことと
二八だったのもあると思いますが、正直想像より案外出来てる!!

kaki09.jpg

いかがでしょう?出雲蕎麦はお江戸より太めです。
切るのなんて結構筋がいいなんて言われちゃって。


kaki11.jpg

土間の釜で茹で方指導。そして出雲定番の割子そばと釜揚げそばでいただきます。


kaki12.jpg

想像以上の出来栄えで調子乗ってます(笑)

kaki10.jpg

お江戸のつるっと喉越しとは違いしっかり噛み締めて味わい深いタイプ。
いやーちょっとはまりそうでこわい蕎麦打ち体験でした。

師匠ありがとうございました〜。



kaki14.jpg


最後は皆で出雲大社に参拝。雨でしたが風情があってよかったです。
こちらは本殿周りをぐる〜っと1周して真裏に来たところ。


kaki15.jpg

そして鳥居の正面で写真を撮る人が多い中、敢えて帰りの参道側から。


kaki16.jpg

ぜんざいを頂いて帰路につきました。
えごま油、水、空気、湯、酒、蕎麦に癒されたぎりぎり?神有月の奥出雲訪問。
心身ともに美しく清められた旅となりました。
出発前風邪で体調不良で心配だったのですが、着いたら不思議、すっきり抜けました。


奥出雲の恵み、低温圧搾生搾り有機えごま油、第一便がいよいよ2日(金)正午
発売です!すぐ売り切れてしまうかもしれませんが是非お試しください。

eomga.jpg

【お一人様3本まで】奥出雲産有機えごま油 110g 1612
予約期間:2016年12月02日12時00分〜



発売記念として特別に浅草橋の金田油店3日ツキイチ土曜日営業の日、
10時から20本店頭限定販売しますよ〜!


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:そば えごま 出雲
posted by 油売りエマ at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えごま油の里、奥出雲紀行【みざわの館】

ご無沙汰してしまいました。
10月から大阪、神戸、下関、北九州に奥出雲といろいろ行き、書きたいことが
たまりすぎてますが!気がつけば明日は12月(汗)。
今年のレポート全然終わりません。

まずは直近の奥出雲から!


先週末油屋スタッフ4人でえごま油の産地、奥出雲に行って参りましたー。

えごま油製造レポは別途アップするとして、こちらはえごま以外の番外編ということで
お届けします。


私は5回目の奥出雲ですが縁結び空港から1時間半かけ奥出雲に入り、お昼ごはんに
連れて行っていただいたのははじめての場所でした。

kaki.jpg

三沢城跡に立てられた「みざわの館」という宿泊施設。暖簾は干し柿!
完全予約制で当番制の!地元の料理自慢のお母さん達が腕をふるってくださるという
素敵な仕組みです。

kaki03.jpg


高台の素晴らしい眺望で、裏山を10分ほど登れば出雲國風土記ゆかりの「三沢の池」
=若返りの泉があると聞き、全員一口いただきに馳せ参じました!

kaki02.jpg

澄んだ美味しいお水です。
諸説あるようですが出雲大社の宮司さんは天皇家の方と会う時、この水を汲んで
身を清められるとか?


kaki04.jpg

大自然!

kaki05.jpg


お料理は想像以上にご馳走。お肉無し、野菜中心のおもてなし料理です。
お煮しめ、ふるふる滑らかな茶碗蒸し、地の山菜や椎茸、天ぷら、
枝豆和え、里芋のフレッシュ!な柚子味噌和え、美味しい仁多米など滋味溢れる美味しさ。
味付けは上品、塩分も控えめ、甘さも少なくて量は多かったけどするすると食べられて
しまいました。

kaki06.jpg

ダイナミックなむかごの天ぷらと、ごろりと生の柿の天ぷらがインパクト大でした。
食事中は地元の方が奥出雲の歴史をお話ししてくださったり、帰り際にはお母さん達に
料理のことを聞けたり、おすすめですよ。

予算を言えばその範囲内で用意していただけるようです。

みざわの館
http://yakata.mizawa.com/


えごまの畑や搾油を見た後は(別途レポ間もなく公開)日本三大美肌の湯と言われる
斐乃上温泉へ!とても良いとろりとした湯ですよ。

斐乃上荘
http://www.hinokami.jp/


夜は古民家暖々という出雲そば屋さんで宴。
「だんだん」は出雲の方言で「ありがとう」の意味です。
やはりおもてなしの煮しめに地野菜のお惣菜、お鍋、奥出雲の美味しいお米で
炊き込みごはん、名人手打ちの出雲蕎麦、そして美酒。

kaki07.jpg

すっかり酔っ払って翌日は出雲蕎麦打ち体験へ続きます。


12月2日(金)正午〜今季初の国産えごま油発売!

ラベル:奥出雲 えごま
posted by 油売りエマ at 17:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

グルメキャンプ2016年夏/山梨ノースランド

cmp04b.jpg cmp04a.jpg

野外で料理するのってなんて楽しいのでしょう。
明るい内から飲みながらゆるゆる料理して、つまみながら乾杯して、
皆でわいわい食べると美味しさも増し増し!!

しかもお腹もいっぱい、酔っ払ってそのまま眠れる…泊まりのグルメキャンプ(笑)
おすすめです。

この夏も2回楽しみました。画像中心でお届けします。

基本料理したい人が好きなだけ自由にするスタイルです…。
料理好きさんが多い時はとってもラクチン♪

この時は一番通っている山梨のノースランドキャンパーズビレッジ
調理道具も充実しているので食材とお酒だけでOKです。


cmp01.jpg

あって困らないトマトソースを仕込み…あとでニョッキに使いました。


cmp07.jpg

トリッパ!


cmp08.jpg

新鮮な鹿の内臓!皆すごいもの持ってくるし。。


cmp05.jpg

じゃがいもとデュラムセモリナでニョッキを作りました。


cmp06.jpg

茹でてトマトソース、オリーブオイル、チーズで。


cmp03.jpg

キャンプ必須!鴨。今回は1つロースト、1つを燻製で。


cmp02.jpg

冷凍瓶詰めで便利、ウニ酒盗


cmp09.jpg

友人のお父様が釣った天然鰻!!炭火焼の美味しさに感涙。
っていうか捌けるのすごい。

cmp10a.jpg cmp10c.jpg
cmp10b.jpg cmp10d.jpg

焼き茄子とパクチーのサラダ、箸休めのピクルス、キャベツのクミン炒めなど…。
自作タンドリー窯持参の人も!
塊から叩いて作った羊ハンバーグ。


cmp13.jpg

線香花火は大人も楽しい!


cmp11.jpg

朝は夜煮込んでおいた羊の薬膳スープを友人がアレンジしてくれた
スリランカ風?カレー。すんごく美味しかった!


cmp12.jpg

もちろんどんな時もバウルー持参、ホットサンド倶楽部活動はやってます!

元々アウトドア派では全くない私が続いているのは、そう美味しいから(笑)。
集う人数やメンバーで同じ場所でも毎回違う楽しさがあるグルメキャンプ。
皆様も自然の中で火を囲みましょう!


前回のレポ↓
http://abura-ya.seesaa.net/article/403168466.html

-----------------------------------------
17日(土)玉川高島屋に出張油屋ごはん!?
デリランチ付油セミナー、締切間もなくです。
http://www.tamagawa-sc.com/terrace/?id=848
-----------------------------------------


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

奥出雲えごま油セミナーレポート

egms01.jpg


土曜日は浅草橋ヒューリックカンファレンスにて第3回目の油を学ぼうセミナーにて
お話しさせていただきました。
えごま油について知るには、まず油の基本的なことを学ぶ必要があります。
それと比較してえごま油がどういう油なのかご理解いただき、選び方や
正しい使い方も分かるように駆け足ながらご紹介しました。

25名様くらいの方が熱心に聴いてくださって嬉しかったです。


egms02.jpg


えごま油の里奥出雲からの副題の通り、奥出雲からえごま栽培、油製造者さんが
いらして現地レポートもありました。
1回目は奥出雲の蕎麦、2回目はお雑煮というランチ付でしたが、今回は
会場がキッチンスタジオではないため、金田油店の上階にて朝、出雲の美味しい
仁多米を炊き、えごま鶏みそのおにぎり弁当を作ってお出ししました。
お水も出雲から持ち込まれたもの!

セミナー終了後いただきましたが、仁多米冷めても本当に美味しかったです。
あと仁多蕪の酢漬け、粕漬けに焼き芋と出雲の恵みをたっぷり詰め、
私は大根と白菜、鶏むね肉のナムル風、塩と奥出雲産えごま油のみで
味付けした爽やかなお惣菜を入れました。
青いのは紫蘇の葉です。


egms03.jpg

産直素材の手作り無添加弁当!えごまの葉のお茶と一緒に。
美味しいと好評でほっとしました。

貴重な国産えごま油の特別販売もあり、皆様にお買い上げいただきました。
ご来場の皆様ありがとうございました!



egms04.jpg


片付けながら目に付いた箱!
奥出雲のオロチが野菜で表現されています、とても秀逸なデザイン
じゃないですか?島根デザイン専門学校さんの作みたいです。
手拭いとか絵葉書にしてもかわいいと思います。


egms05.jpg

翌日の晩酌。

焼いて数日経って冷めていてもねっとりとまるでスイートポテトのように
美味しい焼き芋、奥出雲で植田さんが作っています。
品種は紅はるかだそう、ご馳走様でした。

もずくにはポン酢と貴重な奥出雲産生しぼりえごま油
糸瓜の粕漬け(奈良漬け)はクリームチーズとあわせてみました、美味。


司会、おにぎり担当出雲出身!おにぎりずむのaiちゃん、奥出雲の皆様、お疲れ様でした。

今年もい〜っぱいえごま、元気に育ちますように。
収穫がもう苗植える前の今から待ち遠しいです(笑)。

今季分は金田油店もあと1、2回の入荷で終了となりそうです。
予約販売開始日チェックはHPFBページ、メールマガジンにて
よろしくお願いします。


来週末27日(土)は池尻大橋の食糧学院さんにて以下講座を行います。
よろしければお申し込みください。

スキルアップアカデミーの健康講座 「からだに効く油のはなし」


金田油店のHPですが昨日からじわっとリニュアル中です。
 お買い物に問題はありませんが、細かい点まだ調整中でご迷惑お掛けするかも
 しれません。今しばらくご辛抱ください。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:えごま油
posted by 油売りエマ at 14:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

4回目のえごま油の里、奥出雲訪問

1212c.jpg


週末は4回目の出雲へ行ってまいりました。
今回は、奥出雲町がエゴマ生産日本一になったお祝いで、記念事業にお招きいただきました。

今年度32ヘクタールとのこと、この10年の苦労が実を結んだ結果ですね、
本当におめでとうございます。
奥出雲中村ファームさん、市や県の職員の方、エゴマ関係者さんや栽培者の方々、
町民の皆様にお集まりいただき、麻布大学の守口徹先生と一緒に講演させていただきました。


1212a.jpg


守口先生は大変ご多忙で東京でなかなかお話しできないので、とてもありがたい
機会でした。
食生活におけるオメガ3系脂肪酸の重要性につき、とても分かりやすく面白く
お話しくださってより理解が深まりました。


1212b.jpg


私の方からは、主にえごま油の使い方にポイントをしぼり、えごま油の簡単レシピと
使い方のコツをご紹介させていただきました。


夜は皆様と今の状況、今後のえごまの栽培や販売における課題につき
良い情報交換ができました。

収穫は終わっていますがまだ全体の収量が確定していないので、来年の
仕入れ数は出ていないのですが、なんとか少しでも確保していただくよう
お願いしているところです。

ただ日本一の生産量でも全国の皆様のご要望には全く足りていないのが現状です。
もちろん全国の生産量を合わせても。

えごまは機械で収穫する際落ちてしまう分も大きいので、いかにロスを防ぎ収穫
量を上げるか、も大きな課題のひとつです。

生産面積が増えるほど手摘みには限界がありますし、全国から収穫期にボランティ
アを集めてイベントやお祭りも企画するなどまだいろいろと出来ることはありそうです。

今後も知恵を出し合って生産量を増やせればと思います。


1213b.jpg


さて出雲の大自然と美肌の湯で名高い斐乃上温泉に癒され、海外から日本一と評される庭園を持つ足立美術館でしばし慌しい日常を忘れさせていただきました。


1212e.jpg

帰宅後早々に、奥出雲の生搾りえごま油に梅肉、白だし醤油を合わせ…。


1212f.jpg

シンプルなドレッシングにそっと手で絡め…。


1212d.jpg


飛行機で持ち帰った鮮度抜群の柔らかな春菊をたっぷりいただきました!
ご馳走様でした。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:奥出雲 えごま
posted by 油売りエマ at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

油祖離宮八幡宮・放生会(秋の例大祭)

0915153.JPG


もう7年ぶり?随分ご無沙汰をしてしまいました。
京都、大山崎の油の神様のもとへ。


091515d.JPG


9月15日は油祖離宮八幡宮秋の例大祭、放生会(ほうじょうえ)があり、
参拝させていただきました。

今大人気のえごま油は、1000年以上前にこの地で搾られました。
長木という道具を使った日本での搾油のはじまりとして「本邦製油発祥地」の石碑もあります。

当初燈明用に献上されていたものが段々広まり、朝廷から油祖の名を賜り、油座として
大変栄えました。
日本中の油売りはここの許可なしには油を売ることができなかったわけです。
春と秋の例祭には今も全国の油脂業関係者が参拝する油の神様です。


油の歴史をもっと知りたい方は、油屋.comの「油と油屋の歴史」をどうぞ。
http://www.abura-ya.com/naruhodo/


091515a.JPG


今回も全国から油脂メーカー、油業関係者が続々と集まりました。
手を清め、拝殿へ。


091515e.JPG


神事につき撮影は控えましたが、献灯といって小皿に油で灯した燈明を奉納しました。
それから湯立て神楽が行なわれました。

okj.jpg

上記画像は「乙訓じかん」さんのFBページから拝借しました、他の写真とレポート
もございますので、こちらをどうぞ。

https://www.facebook.com/otokunijikan/posts/1047673115266170


091515b.JPG

帰りに撮影しましたが、分かりますか?
奥に燈明が消えないよう風除けの囲いが置かれ、その右上奥には各油脂メーカーの
斗缶の油が奉納されています。


091515f.JPG


日差しの強い日でしたがとても心地良い風が吹いていて、参拝後はとても清々しい
気持ちになれました。
それと共に昔々から続く油売り業にいつの間にか身を置く者として、改めて
身の引き締まる感じがしました。
生きとし生きるものを神仏が憐れみ、これを山野に放つ古来からの行事である
放生会で、私たちも日々生かされていること、今に感謝しながら生きることの
大切さを教えていただいたように思います。

帰りは慌しく失礼してしまいましたが、離宮八幡宮の皆様には温かいお言葉を
頂戴しとても嬉しく、次回はもっとゆっくりしたいと思います、ありがとうございました。


油祖 離宮八幡宮
http://rikyuhachiman.org/


東京・金田油店と京都・離宮八幡宮で毎年祝う油の日(搾油記念日)、
2015年のイベントレポートもどうぞ。
http://www.abura-ya.jp/hpgen/HPB/entries/76.html





091515g.JPG

お昼は錦市場の冨美家でしっぽくうどん。
名物は鍋(うどん)のようですが、あまりに暑い日で…。

091515h.JPG


そして近くの大丸で催事に出ていた雉祥さんの「炙り焼鳥重」、最後の1つ!を
買って帰りました。

091515h1.JPG

皮嫌いのはずの子供もぺろり!タレの感じも素晴らしく美味しかったです。

湯葉も生麩もわらび餅も、鱧皮も鶉も漬物も買う暇なかったけど(笑)
久しぶりの弾丸京都レポートでした。


ラベル:京都
posted by 油売りエマ at 16:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

4/18 100年ごはん上映in奥出雲

今日はご縁のある島根県奥出雲町でのイベントのご案内です。

今話題のえごま油の産地として何度か訪問させていただきすっかり大好き
になった奥出雲町。
農家さん生産者さん一丸となって有機栽培で大切に育てられたエゴマ、そ
の生搾りの油は黄金色で美しい味わいです。
残念ながら最近の大ブームもあって、秋の収穫まで完売となってしまいましたが。

自治体の方々も温かく、県をあげてえごま栽培、有機栽培への取り組みに力を
入れようという意志を感じました。

そして感動したのは、地域でえごまを自家栽培してもらいそのエゴマを搾油して
還元、まず生産者さんから健康になってもらおうという「1人1a運動」の取り組み。
よく自分のとこで作ってるのは食べない、食べられないと聞きます。
それは農薬の問題、価格の問題いろいろだと思いますが。

生産者が自信を持って作り、自身がまず食べて健康を証明する、地域が活性化し
販売促進に繋がる、こういうプラスの連鎖は素晴らしいと思います。

この方々に映画「100年ごはん」を見てもらいたいなーと思ったのは去年の春でした。
大分県臼杵市の有機農業の記録映画なのですが、見ると100年前の何かが今を作り、
100年後の種を撒く立場にいる私達、子供の子供が暮らす世界に残したいものは…?
命に繋がる大切な食べ物、それを作る土について、いろいろな考え、想いが巡ります。

100年ごはん
http://100nengohan.com/

この素敵な映画を作ったのは胃袋繋がりの友人であり、当店のお客様でもあり、
西洋マナー教室の先生でもある大林千茱萸監督。
今日本各地で様々な形で上映会が開かれていて引っ張りだこの彼女ですが、
東京でのイベント時に奥出雲中村ファームの方にお引き合わせすることができました。

そして想いは実り、この度奥出雲町健康食品産業生産者協議会 MOHG(モーグ)主催
にて、奥出雲上映が決定!とても嬉しく思います。


前置きが長くなりましたが、4月18日(土)奥出雲カルチャープラザ仁田
にてどなた様も無料でご覧いただけます。

そしてなんと、基調講演は麻布大学の守口徹教授です!
日本脂質栄養学会副理事長でもある油の研究17年の大ベテラン、去年出た
Dr.クロワッサン「油」で健康になるでご一緒させていただきましたが、
今は雑誌やテレビ取材などでも大忙しのご様子です。
ご講演タイトルはずばり「今、油がのっています」!
絶対ためになる、油の話が聞けるはず、映画の後はもちろん大林監督のトーク
もあり、たっぷりの3時間皆様どうぞお誘いあわせの上お越しくださいませ。

私も楽しみに奥出雲に参ります!


〜奥出雲町合併10周年記念事業〜
オーガニック元年『100年ごはん』映画祭in奥出雲

egm480.jpg

↑クリックすると大きくご覧いただけます。


13時 〜 主催者挨拶 来賓挨拶
13:10 〜 基調講演 今、油がのっています 麻布大学教授 守口徹先生
14:00 〜 100年ごはん 上映
15:15 〜 大林千茱萸監督 ご挨拶
16:00 〜 終了

-------


えごまの里へ是非おいでくださいませ。
屋根の一部にえごま油が塗られている出雲大社参りもお忘れなく。


posted by 油売りエマ at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

油を学ぼうセミナー報告

izm03.jpg


11月末のイベント報告です。
外苑前のスタジオにて、油を学ぼう 〜えごま油の里、奥出雲から〜
【打ちたて出雲蕎麦ランチつき】が開催されました。

主催は奥出雲町健康食品産業生産者協議会です。
当店取り扱いの奥出雲産えごま油の生産者中村ファームさんが
奥出雲のえごま栽培への取り組みなどを説明するということで、
私も油の基本とえごま油の使い方などお話させていただきました。


izm04a.jpg izm04b.jpg


せっかくなので何品かえごま油を使った簡単な料理もご試食いただき
たいと、セミナー前に仕込み!
料理自体は簡単なのですが、食材の搬入(電車と徒歩で)で体力
奪われました…25人分。


izm01.jpg


11時スタート、お客様は続々ご来場。雨だったのにありがとうございます。
奥出雲の雰囲気が分かる動画上映と、有機えごまの栽培についての取り組みを
ご説明。


izm02.jpg


その後、油の基本、各脂肪酸の働きや摂取バランスについてご説明した
上でオメガ3とは、その代表格えごま油の活用法などをお話させていただきました。


izm04.jpg


試食メニューは3品。
人参ポタージュ、キノコのホットサラダとチキンのトマトえごま味噌だれ。
全部に奥出雲産えごま油を使いました。

とても上品でエレガントなえごま油なので、たっぷり使っても油っぽさは
なく、しっかりと馴染んでうまみになります。


人参ポタージュは温かい野菜ジュース感覚。
ひたひたの水でスライスした人参とその1/5量くらいのじゃがいもを
柔らかくなるまで煮て、桜海老と豆乳を加えミキサーにかけるだけ。
塩で味をととのえて盛り付け後にえごま油を。

最近ポタージュに桜海老やじゃこ、あおさ海苔などを加えるのがマイ
ブーム。子供にもカルシウムやミネラル補給になるし香りも出て
美味しいですよ。出汁代わりにもなります。


鶏はむね肉を一晩塩麹に漬けておいたものをフォークで全体を突いて
酒をかけ軽くラップしてレンジ蒸しに。

タレは刻んだトマト、味噌、生姜すりおろし、蜂蜜、えごま油、えごま
種子を混ぜたものをかけました。
えごま種子はぷちぷちした食感がいいです。

キノコのホットサラダは油屋ごはん本レシピからそのままです。

いずれも美味しいと言っていただけてよかったです。


izm05a.jpg izm05b.jpg


盛り沢山なイベント、もう一つはその場で打ちたて、茹でたての奥出雲蕎麦!
をご提供。ここは是非やりたいけど茹でて洗うx25人分の火力と水周りの設備
調整が実は難しく、会場探しが大変でした。

結局IH2台フル稼働して裏方はバタバタでしたが…なんとか皆様に
お楽しみいただけましたね。
奥出雲からこの蕎麦容器、割子(わりご)と水も運んできました。
地酒も振舞われました。


izm06.jpg


次回は2月に開催を予定しております。
今回の反省を交え、内容はまた検討して参ります。

私にとってもお客様の反応や油に対する意識を直接感じることができ
大変有意義な機会でした、来年はこのような機会をもう少し増やせる
よう取り組んで行きたいと思います。


izm07.jpg


ちなみに今夜は水炊き後の雑炊に、このえごま油をかけましたが
すごく美味しかったです!

上質な油には威力があります、皆様も是非お試しくださいね。

ラベル:えごま油 出雲
posted by 油売りエマ at 01:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする