2010年11月25日

【エジプトごはん】フォーシーズンズ Bella

エジプト旅行記最終回〜。

egf01.jpg

ついに憧れのエジプト考古学博物館へ!
Egyptian Antiquities Museum

しかも朝イチ会館前の30分、私達の貸し切り(涙
もちろんツタンカーメンの部屋へ、通常大混雑の黄金のマスクと独占対面です。

実はツアー申し込み時、撮影OKだったのですが…直前に考古庁からやっぱり
だめのお達しが、残念でした。

でもとにかく3時間歩き尽くしても見きれない遺物の数々…。
なんか日本とかで展覧会があると小さな護符でも厳かに設置されるのに、
もうぎゅうっぎゅうに、お土産屋状態で陳列(笑

興奮と、え?ここでいいのという感情が入り乱れ疲れます。。

写真なんか撮れちゃったらそれはもう1ヵ月くらい通わないと!
しかし睡眠3時間で疲労もピークのところに石床の広大な博物館、相当体力消耗します。
気力を振り絞りつつ回りました。
古代エジプト美術のセンスと技術を再確認、やっぱり大好き。





egf02a.jpg egf02b.jpg


ふぅーあとはランチして帰国です。
フォーシーズンズホテルカイロ、ナイルプラザのイタリアンBellaへ。

ロビーの灰皿にはさらさらの砂漠の砂、絵が描いてありますよ。


egf00.jpg

さてエジプシャンイタリアン?はいかがでしょうか。


egf06.jpg

最後はやっぱりエジプトのワイン、オベリスクで乾杯♪
グリッシーニとオレガノ?ハーブが効いたチーズピッツァ、お、なかなかいいです。


egf04.jpg

続いて出たトマトのスープ、これが素晴らしく美味しかったです。
酸味があって、でもクリーミー、重くない。
オイルと乳化させてるのかしら…。

カリっと焼いてEXVオリーブオイルをかけた軽いトーストと、セミドライトマト
が浮かべてあって、これもナイス。洗練されてます。


egf03.jpg

常にウェルダンなエジプト。お肉の焼き方を聞かれたのもはじめて(笑
ミディアムレア、完璧でした。バルサミコソースで。
ルッコラのサラダには胡桃が、美味。でもお肉は大きすぎてギブアップ…。


egf05a.jpg egf05b.jpg

ティラミスも本物〜さすがフォーシーズンズ。
エスプレッソ飲みたかった…。



egf07.jpg

と言うわけで帰りはちょっと食べてひたすら寝ました。


egf08.jpg

ワインも買って搭乗したものの、行きと違って結構満席!の機内。
結局ビールだけ…胡椒も振りかけレッドアイで、、でもトマトジュースが
ちょっと微妙でした。


とにかくよく食べ、飲み、歩き、お腹も壊さずエジプト満喫!
いい旅でしたー。

お付き合いありがとうございました。やっと通常のブログに戻りますよ…。


持ち帰ったエジプトお土産オイルを3名様にプレゼント!
11月いっぱいご応募受付中です。


おまけ!帰国後最初に食べたものは…
posted by 油売りエマ at 20:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【エジプトごはん】グランドハイアット/コシャリ

eggh00a.jpg


カイロ最後の夜はグランドハイアットカイロへ宿泊。


eggh05.jpg


高層階のクラブラウンジにてウェルカムドリンク。
イチゴ何個分!?という贅沢なジュースがたっぷり、美味。

「ふ、2人で1個プリーズ」とか言ってもどんどんクッキーやら
ケーキをおすすめされちゃいます(笑


eggh01a.jpg eggh01b.jpg

eggh07.jpg

客室も最高のヴュー!部屋でゆっくりする暇があまりないのが悲しい。
翌日帰国なので、あのお土産類を何とかトランクにパッキングする大仕事も…。



大きな地図で見る

eggh06.jpg


夕日を眺めながらもディナーの前に慌しくショッピングに行きたいお店(前記事で
紹介したザマレク地区
)へタクシーで直行。
なんと言っても自由時間があまりないのです。


ディナーはグランドハイアット最上階の展望レストラン。
360度2時間くらいかけて一周回転します。

eggh08.jpg

テーブルに着くと、神殿が!
ちょっとラスベガスっぽい感じ、行ったことないけど(笑

eggh10b.jpg eggh10a.jpg

水が上に流れる?ウォーターウォールに天井には天の川。
夜景を最大限に楽しめるよう、また暗〜いキャンドルディナー。
料理撮影は諦めてお品書きだけ…。

eggh11.jpg


料理も美味しかったです、カイロの夜景も見飽きません。

eggh09.jpg


あぁ次に来れるのはいつかしら、なんて感慨に浸る間もなくカイロ最後の夜の
もう1つのミッションが。

このツアーいいご飯が多かったのですが、庶民としてはぐっと庶民派のものも
是非いただきたいっとこのフレンチディナーの後に頑張って街のコシャリ屋さんへ(笑


eggh17.jpg


実はカイロに着いた時、現地世話役のエジプト人の方、なーんか見たことあるかも?
と思いつつまぁよくあるお顔でしょうと思っていたら…。
やっぱり以前の仕事絡みで会ったことがある人だったんです、東京で!

世界は狭すぎる…これも何かの縁ということで、、モハメッドさんにはいろいろ
お世話になりました。自家用車で!(交通)無法地帯のカイロを案内してくれました。
Mohamad, thanks a lot for your hospitalty!


eggh13.jpg

カイロっ子のモハメッドさんがカイロで一番というコシャリ屋さんへ。
ファーストフード店のような位置付けなんですね、明るい…。

eggh12.jpg

コシャリとは豆やマカロニ、米などを混ぜてフライドオニオンとトマトソースを
かけたまぁそば飯のようなものです。


eggh14.jpg

一番小さいサイズ、来ました(汗
あー、ホテルや船内ビュッフェで食べたのと全然違いますね、東京で食べたのとも。


eggh15.jpg

よーく混ぜていただきます、おぉこれぞ庶民の味。
途中で辛酸っぱいソースを掛けていただくと、また進みます…けどさすがにお腹一杯。

シェフ経験もあるモハメッドさんによると決め手はトマトソースのようで、
でもイタリアンのトマトソースと作り方が違うようでした。


そうそう、やはり共通の知り合い、モーメンさんがなんと浅草でコシャリ屋さん
をやっているらしく!近々に訪ねてみようと思っています。

KIMET


eggh16b.jpg eggh16a.jpg

夜のカイロは涼しくて快適、オープンエアのカフェでミントティーを飲みながらおしゃべり。
水煙草はメロン味、アップルより美味しい。

基本的に皆さんお酒は飲まないので、深夜までこういうカフェや道端に出したテーブル
にはおじさん達がいっぱい!みんなティー&甘い煙をふかしながらぺちゃぺちゃやってます。



ホテルに戻りパッキング…寝不足ももう慣れ過ぎ(笑
飛行機でひたすら眠ることにして、でも最終日は最大の!考古学博物館巡りが。

早朝ですけど朝ごはん、軽く食べておきますか。


eggh01.jpg

やはりレストランではなくクラブラウンジでゆったりいただけます。
さすがな内容。

eggh03.jpg

eggh02.jpg


ジュースはガァバにしました。
眠くてぼーっとしてたけど、エジプトで一番優雅な朝食でした。

eggh-00.jpg


いよいよ次回でエジプト旅行記、最終回です〜!

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 19:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

【エジプト買い物】ハンハリーリとザマレクのインテリアショップ

egs28.jpg

エジプトの大バザール、ハンハリーリ市場。

ハンハリーリの人々。/DEPOLOG*2

ここを歩くと、「定価があるって素晴らしい」ことを実感します(笑


egs31.jpg

値切るのは、もうアスワンのスークで体験済みなので…疲れるしスーパーマーケット
で買い物欲求も発散して来たので結局何も買わず。

古い街並みは散策にも楽しいです。



egs30.jpg

egs29a.jpg egs25d.jpg

egs29b.jpg egs25a.jpg 

egs25b.jpg egs25c.jpg

疲れたら通りのカフェでミントティーを。
行き交う人々を眺めているだけで楽しいです。

煙草は普段吸わないのですが、せっかくなので水煙草体験。
ガイドさんおすすめのアップルを…。甘く、軽いです。
吸って吐くだけ、吸い込まないようです。
カイロのような都会だと女性もカフェでよく吸うらしい。


egs27.jpg

猫はあちこちにいました。
古代エジプトではバステト女神とされ、ミイラも作られました。


egs26.jpg

街は活気に溢れていて、人間臭いパワーがあって面白いです。


egs23.jpg


こちらはザマレク地区という東京で言うところの青山や西麻布のようなエリアの
El Hammamというショップ。
石けんなどを扱うお店2軒にカイロの人に連れて来てもらいました。
こういうお店はもちろん定価、値切りませんよ。



大きな地図で見る


egs24.jpg

ウジャト(ホルスの眼)やアンク(生命の鍵)などお守りが刺繍されたエジプト綿のタオル。


egs22.jpg

中に陶器のスカラベやミイラが入っている石鹸。
美しい型取りのオリーブオイル石鹸などをお土産に購入しました。


1軒目のNefertariというお店で買ったボディ用アーモンドオイルは1名様にプレゼント
ご応募は今月いっぱいです、こちらからどうぞ。



あとは刺繍オーダーのTシャツやサンプルオイル、デーツにナッツ類や
チョコレート(エジプト産で美味しいのはあまりない)、アクセサリーに
サンプルオイルなどなど…で帰りのスーツケースは27キロ(汗

egs21.jpg

エジプトお買い物レポでした。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

【エジプト買い物】スーパーマーケット

さぁ素敵なエジプトランチの後はいよいよお買い物!!


egs09a.jpg egs09b.jpg

大きなショッピングセンター内のスーパーマーケットへ。
スタバから高級インテリアショップまで入っていて、きっと1日中
楽しめそうですが…残念ながら1時間くらいしかありません。

egs09c.jpg

スーパーには家電にCD、パンツに靴、雑貨、いきなり野菜…と広い
1フロアに商品がぎっしり!
さぁさぁカゴを持ちますよー。


egs00.jpg

茄子も種類がいっぱい。

egs01.jpg

奥さん便利ですよ、白茄子は詰め物用にくり抜かれたものも売っています。


egs02.jpg

あー!これは!?中華ランチの最後の一皿、野菜塩炒めのミックスでは(笑


egs03.jpg

こちらがデーツ、生のなつめやしです。中国の棗とは違うんです。


egs04c.jpg egs04a.jpg

チーズや大容量の乳製品も充実。うぅ生もの買って料理したいー。

egs04d.jpg egs04b.jpg

臭い美味しそうな匂いが(笑)いきなり漬物コーナー。


egs08.jpg

お茶もブレンドいろいろ。ミントx日本茶と、アニス茶を買いました。


egs07.jpg

スパイスもじーっくり見たいのですが…。


egs06.jpg

絶対入手するつもりだったタヒーナ!
エジプトの白胡麻ペーストです。
いろんなブランドありますが、この天秤マークが一番美味しいとガイドさんが。
まだ食べてないのですが、これにビネガーやにんにく、クミン、水、オイルを
加えふわっとしたペーストにします。

お土産用にも小さい袋20個くらい購入。


egs11b.jpg egs11a.jpg

オレオじゃないよ、ボリオだよ。


egs10.jpg

豆もたーくさん、小袋ないし…重いし断念。


egs18.jpg

イケア、コストコ感覚、各レーンを見るだけで疲れます…。


egs20.jpg

egs32.jpg egs05b.jpg

お米やパスタもいっぱい。


さて。

オイルチェックしますか♪ 

egs17.jpg


コーンとひまわりが幅を利かせています。


egs16.jpg

えぇ文字通り!

egs15.jpg


オリーブオイルはエジプト産以外にもスペインやイタリア含め各種あります。

egs14.jpg

ガイドさんおすすめのこちらを…持ち帰りました。
1名様にプレゼントします〜!

egs19.jpg


え、コーン油xティーバッグのセット販売!?

egs13.jpg


こちらはギーでございます。インドでも使われますが精製バターのようなもの。
牛乳で作るものとパームなどの植物性のものがあります。

これもすごーく気になったのですが…トランクに入らない予感が。
残念です。

egs12.jpg


普段使いの食品は安いですねー。
スーパー楽しかったです。

次回はキッチン付きの宿に泊まって自炊したいです(笑


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

【エジプトごはん】エジプシャン中華

ec_00.jpg

ルクソールから1時間少し飛んでカイロへ戻り、空港すぐのホテル内でランチ。
華麗なるエジプシャン中華、いや中華風エジプト料理をどうぞ(笑

Mei Shi Restaurant/Iberotel Cairo Hotel & Casino


ec_01a.jpg ec_01b.jpg


味は、悪くないんですよ全体的に。
野菜とかき玉風のスープ、ガラスの回転テーブルにはしっかりした豆腐と豆の
炒めもの、そして揚げ餃子。

ラー油風の赤いソースが来ましたがケチャップとチリソースっぽいです。


ec_02.jpg

餃子はスパイシーでパリっと軽く揚がっていて美味しい、でも餃子っぽくない(笑
多分サモサと餃子の間ですね、でもビールのつまみにぴったりな感じ。


ec_03.jpg

続いてエジプト定番カラマリ…ん?中華?
カリッとしたフリッターのよう、中はふわっと、美味しいのです。


順番通りだと、ここで…。

ec_04.jpg

ぺったんこなご飯登場(笑)一同、え、もう〆?的などよめき。
炒飯のつもりっぽいピラフ?全員分やはりぺったり盛り付けてあります。
まぁでもちゃんと炊けてます。


ec_05.jpg

おかず来ました!
チキン?いえ揚げた白身魚ですね。紫キャベツと黄パプリカと一緒に、控えめな
オイスターソース味。マイルドで食べやすい。


ec_06.jpg

続いて似たような茶色いものが、こちらはビーフ。
惜しい、緑のピーマンと一緒に細切りにすればチンジャオロースーなのに。


ec_07.jpg

終わりかな?と思ったら最後に塩味炒め来ましたー(笑
ズッキーニ入りのミックスベジ、白いしゃきっとしたのは多分マコモダケ
だと思います。


全体的に油っぽくないし、味も上品、本格中華じゃなくどことなく中東中華。
そして練り胡麻はたっぷりある国なのにごま油の風味はしません。面白いですねー。


ec_08.jpg

最後はフルーツ。
メロン、グァバ、ちょっと渋いキウイに葡萄、そしてマンゴー。


この後はいよいよお楽しみ現地スーパーマーケットへ!

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 09:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

【エジプト観光】ルクソールで空の散歩

es_12a.jpg


また日の出前…(汗
クルーズ船からモーターボートへ乗り換え、紅茶とあま〜いお菓子をもぐもぐ
しながら暗い海をとある場所へ。



es_12b.jpg


きれい!ふんわり炎に照らされた気球とゴーッという火炎の音が。
とても幻想的な光景にちょっとテンション上がります。

1つのカゴに20人くらいでしょうか…。

あっという間にカゴに抱え上げられると、背後が熱い〜。

es_12bc.jpg

以前気球体験した友人が、コロッと転げて終わりだったと言っていたので
ちょっとまだ浮遊は信じないようにして…(笑


es_12c.jpg

わー、ふわーんと上がりましたよ。


es_17.jpg

es_18.jpg



es_12d.jpg

かなり上昇すると、結構怖いです。
朝日が出ました〜。



es_13a.jpg es_13b.jpg

ハトシェプスト女王葬祭殿が小さい…。


es_12e.jpg


低めのところをふわふわするのはとっても楽しいです〜。
俯瞰図、見飽きませんね。


es_19a.jpg es_19b.jpg

es_14a.jpg es_14b.jpg


気球で油Tシャツ写真!と勇んで着て行ったのですが、
至近距離すぎて、気球をどこかのビルから眺めてる風にしか撮影できない(笑

異国感もあまり無いし…。
4、50分飛んでそろそろ着陸〜地面を這うように、でも凸凹があまり無い
ところを狙って操縦士さんが気球を操ります。


そしてその気球目がけて向こうの方からマイクロバスが走って来ます!
着陸はふんわりとってもスムーズ。衝撃もほぼ感じません。



es_15.jpg

あとはワラワラと人力で気球を制御。


es_20.jpg

バスが到着するより早く、ロバに乗った子供達がどっとやって来ます、何か頂戴と。






es_11.jpg

そんな訳でアスワンからルクソールまでのナイル河クルーズ報告は終わりです。
動くホテルなので荷物移動がなくて楽ですよ。


ルクソールからまたカイロへ飛行機で戻りスークと考古学博物館を見て帰ります。
次回は久しぶりに食べものネタを。


es_16.jpg

こちらは空港にあった「環境保護に協力を」の募金箱。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 17:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

【エジプト観光】エドフからルクソールへ 神殿巡り

さてエジプト日記もあと3、4回で終了です。
今日は神殿を写真メイン、一挙駆け足でご紹介。

ナイル河をコムオンボからエドフへ。
結構飛ばす馬車に乗ってホルス神殿に向かいます。

es_00.jpg

◆ホルス神殿

この大きさは小さい写真ではなかなかお伝えしにくいのですが…。
天空の神でハヤブサの姿、王の化身であるホルス紳。
レリーフにも鳥がいっぱい!


es_02b.jpg

es_03.jpg


es_04.jpg



夕食後はエスナの水門を通るということでデッキで見学。
船の順番待ちの間に1杯♪

eg-c09.jpg

まったりしていたら、何か慌しい雰囲気に、掛け声も飛び交っていて…。
あぁあの幅を通るんですね!大丈夫かしら。

◆エスナの水門

eg-es01.jpg

幅ギリギリで通過しましたー。

eg-es00.jpg


↓YouTube/tamaken360730さんの動画【エジプトの旅 14  「エスナの水門」 】





es_1a.jpg es_1b.jpg

es_1c.jpg es_1d.jpg


さて、夜の船内ラウンジではガラベイヤ(エジプトの民族衣装)パーティーがあったり、
ベリーダンスやスーフィーダンスという男性が大きなスカートで永遠にくるくる
回る舞踏があったり…。

特にイタリア人は翌日も早いのに元気、朝まで騒ぎそうな勢い。



◆王家の谷


es_05a.jpg es_05b.jpg


翌日はルクソール西岸観光へ。
西=日が沈むところ=死者の場所とされます。
まずは王家の谷へ、ツタンカーメン王の小さなお墓を含む何箇所を回り…。

豪華な副葬品は博物館へ運ばれていますが、ここにあのお宝が!
と思うとぞくぞくします。


最後に、アメンホテプ3世のお墓へ。
実はまだ修復作業中で一般非公開、関係者以外でははじめて入場が許さ
れるということで、ツアー内の新婚さんが開錠!

内部は撮影禁止ですが壁画、素晴らしかったです。
こちらは以前早大エジプト調査隊が調査しています。



途中メムノンの巨像などにも寄りながら次の神殿へ。


◆ハトシェプスト女王葬祭殿


es_01c.jpg

es_01a.jpg

es_01b.jpg

髭をつけた女王様。


es_01d.jpg

内部の壁画は彩色も美しい。黄色い部分は卵を使っているようで湿度が高くな
るとカビにやられる可能性が高いそう。

詳細なレポはこちらの方のブログをどうぞ。

◆ハトシェプスト女王葬祭殿 アヌビス神の礼拝室編◆/
★マイコのHAPPY LIFE★エジプトevery day★




大きな地図で見る


さてお次はルクソールの東岸へ。

◆カルナック神殿

es_07b.jpg es_07a.jpg


頭が羊、体がライオンのスフィンクスの列がお出迎え。
後ろ姿がまたかわいいのです〜。

es_06.jpg


カルナック神殿・ルクソール神殿/エジプトの旅



◆ルクソール神殿

es_08.jpg

夜、ライトアップされたルクソール神殿、初詣?というくらいの混雑ぶり。
特にこの日は蒸し暑かったですねー。

オベリスクの対の1本は、現在パリのコンコルド広場にあります。


es_09a.jpg es_09b.jpg


夜に浮かび上がるスフィンクスがとても幻想的でした。

es_10.jpg

まだ掘り出されていないスフィンクスが数百体埋まっているんですって!
この参道を再建して、野外博物館にする構想があるとのこと、楽しみです。


     *   *   *


ぴかぴか(新しい)フラウFRaU12月号、85ページ「ほっこり、和小物。」に
金田油店取扱いの御灯明油セットが掲載されました。

waakari350.jpg


ぴかぴか(新しい)エマの簡単おつまみブログ「いちじくのコンポート」をアップしました。

ichi.jpg

ぴかぴか(新しい)日本植物油協会「おうち油レシピ」は植物油でみずみずしく味わう、豚肉&冬野菜!


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 21:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

【エジプト観光】ファルーカ/スーク/コムオンボ神殿

es0.jpg

クルーズ船にチェックイン後、ファルーカという風がないと大変な帆船に乗ってみたり…。


eg-es04.jpg

遠くの駱駝が絵のよう!



es02.jpg

夜中まで賑わうというアスワンのスーク(市場)にもデビュー!


es03a.jpg es03b.jpg

寄ってけ、見てけ、ワンダラー、かわいね、の繰り返し…。
値段交渉が面倒臭いし時間かかります。

es01.jpg

あちこち見てから最後に…とか思ってると時間がなくなるのです。

es03.jpg


シーシャ(水煙草)もまだ試す暇なし…、でもインテリアにもかわいい。

es00.jpg


皆さんがガラベイヤやチュニック、スカーフなどを選ぶ中、私と友人は
アンティーク&象嵌細工を売るインテリアショップにはまり…。

時間のほとんどをそこでの値段交渉に費やし、私はヌビアのちょっと古い水差しと
いうかポット(飾り)、友人は象嵌細工のなんとテーブル!(脚が取れてスーツ
ケースに入った!)を購入。

この値段でよかったのか、もっといけたのか難しいところですが、気に入っ
たので良しとします。

es03c.jpg es03d.jpg




◆コムオンボ神殿



大きな地図で見る


ワニの神セベクとハヤブサの神ホルスの神殿です。

es04.jpg

彩色が美しいのですがやはり褪せてきています。

es04b.jpg


レリーフのエンボス加減(浮き彫り)がたまりません。

es06.jpg


フクロウも山盛り!

es05.jpg


次回はホルス神殿をお届けします。

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 19:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

【エジプトごはん】クルーズ船ビュッフェ

いつまで続くエジプト日記…(笑)多分折り返し地点くらいです。

アスワンからルクソールまでクルーズ船コンチェルト号で遺跡などに
立ち寄りながらナイル河を移動の旅です。


大きな地図で見る


船には3泊したので、朝昼晩と船ごはんが続きましたがこれが美味し
かったのです。当たって良かった!結構船によって当たり外れもある模様。

毎食ビュッフェが基本ですがふんだんで色とりどりの野菜やペースト
があって飽きませんでした、一挙公開!

eg-c04a.jpg eg-c04b.jpg

eg-c02.jpg


私達日本人は16人、他はイタリアとアメリカからのお客さんでした。
昼も夜も毎回お酒をオーダー、すっかり飲むテーブルと飲まないテーブルに(笑


eg-c03.jpg

eg-c04c.jpg

どれも味付けがやさしく食べやすいです。
オリーブ、チーズ、サラダ、ピクルス、チキン、ビーフ、白身魚、
豆、パン、米、パスタ、フルーツ。朝は卵料理も。


eg-c01.jpg



こちらはエジプト人シェフが作ってくれた和の朝ごはん。
初日は!ご飯の炊き加減もばっちり、お味噌汁の具も玉葱とワカメ、
玉子焼きも美味しいし、焼き茄子なんか茄子の質が違うのか濃くてもう
素晴らしかったです。

翌日はご飯、芯があってやわらかかったけど…。

eg-c06.jpg


ザクロ、きれいです。

eg-c05.jpg



この日のグリル野菜とフジッリもワインにぴったり!

eg-c07.jpg


あと病みつきだった柑橘。何?って聞いても「オレンジー」としか言わない
けど、スウィーティーとはっさくとグレープフルーツの間のようなの、
これ本当に美味しかったです。

現地人ガイドさんによると、「エジプト人、花とか魚とかの名前全然詳
しくない〜気にしない〜」そうです。そう言えば後日もどこかの花をあれ何?
と聞くと「きれいな赤い花〜」と言ってました(笑

eg-c08.jpg


eg-c19.jpg


eg-c11.jpg

こちらはエジプト料理の夜。
お馴染み豆や胡麻のペースト類に色とりどりのサラダ。

eg-c13.jpg

伝統的なパンや焼き菓子。

eg-c14.jpg

コシャリ!というトマトソースをかけるそば飯のようなもの。
ショートパスタと豆、米、フライドオニオン。


eg-c10.jpg

野菜たっぷりのタブレ(クスクスサラダ)とフムス(ひよこ豆ペースト)
だけでもういいおつまみ!

eg-c15.jpg


と言いながら全種類食べてみますけど(笑

eg-c17.jpg


eg-c164.jpg

カラフルで鮮やかな食べものってやっぱり元気が出ますね。

eg-c18.jpg

正直日本では1日2食なのに、エジプトで3食ばっちり食べて、まぁ暑いし
よく歩いたとは言えまさかの1キロ弱減でしたよ!驚き。

バランスのよい食事とえごま油カプセル、適量!なお酒のせいでしょうか。


eg-c19.jpg



最後の晩餐はキャンドルナイト、ということで、でも暗すぎ(汗
何食べてるのか見えないレベル…。

eg-c20a.jpg eg-c20b.jpg

サーモンと帆立、何の顔かイマイチ判別できず…。ポタージュ。

eg-c20c.jpg eg-c20d.jpg

ピーナッツ入りのコールスローとビーフステーキ。
エジプトはビーフ多いです(豚食べないし)…飽きました。
残念ながら羊とか鳩は出なかったですねー。


eg-c21.jpg


シェフ達も陽気でお茶目。
サービスの人達はちょっと気を抜くとどんどんお皿下げちゃいますけど(笑
大変お世話になりましたー。

eg-c00.jpg


eg-c20e.jpg eg-sw2.jpg

でもやっぱりケーキはいただけない…。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 17:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

【エジプト】香油とナイル河クルーズ船

eg-as02b.jpg eg-as02a.jpg

アスワンの香水瓶屋さんに行きました。
KYPHI Perfumes(サイト見当たらず)

香水瓶より香油に目が釘付けです。

香水瓶作りの実演も素晴らしいのですが…はやり香油に興味津々で。


一応本物の香水瓶は耐熱で美しく丈夫、安いものは中国製などもあります。
でも密閉性はないので、やはり基本は飾り使用でしょう。


さてカルカデ茶(ハイビスカスティー)をいただきながら商品説明を受けます。
結構日本語勉強してるエジプトの方多いんですね。

で、いろいろ香油について日本語英語半々で突っ込んで聞くのですが、
店のお兄さんダメです(汗

花を搾ると言い張るのですが…怪しい(笑


eg-as03.jpg

どうみても何かのベースオイルに漬け込んでる感じです。
でも蒸留する精油やアルコール添加の香水ではなく100%オイルとのこと。

いろいろ香りを試すと確かに悪くないです。
ジャスミン、ロータス、ラヴェンダー、ローズ、百合などの
花単独のものと(価格統一なのもやっぱりおかしいしもっと高いはず)、

クレオパトラ、サッカラの花、エジプトの女王、ラムセスなどの名をつけた
複数の花をブレンドした香りも。

サンダルウッドやアンバー、ムスクなどのスパイス系もあり、
結局何種類か買ってみました。
アロマ関係の友人に分析してもらいたいと思います。

あとはベリーダンスとかされてらっしゃる方はお詳しいでしょうか?
情報ありましたらお寄せください〜。


お肌につけてもよし、そのまま焚いてルームフレグランスにしたり、
お湯に数滴落として香りを楽しんだりするとのこと。


と言うわけで、エジプトならではの香り、ロータスフラワーの香油を
今月プレゼント!1名様です。ご応募くださいませ↓↓

カイロで寄ったネフェルタリというブティックの自然派ボディケア
オイル(スイートアーモンド)と食用のEXVオリーブオイルも!

egy-pre03.jpg


結局エジプトでも油を買いあさる私…。
あ、味見してくれと渡されたサンプルもまだ開けてない(汗




eg-as03a.jpg

アスワンハイダムも見ました、へぇ〜って感じ(笑


さてクルーズ船にチェックインです。
動くビル的な感じなので全く揺れは感じません。

eg-es03.jpg


結構新しい船のようで部屋もバスルームもきれいだし、設備も充実。

eg-es08b.jpg eg-es08a.jpg

デッキにはミニプールやジムにマッサージサロン…。

eg-es05b.jpg eg-es05.jpg

広くて雰囲気もいいラウンジもあります。

eg-es03b.jpg

すかさずドリンクメニューをチェック♪
あ、カクテルもあるしそんなに高くないのに…うぅ氷がダメ、残念。

eg-es07a.jpg

ちなみに価格はエジプトポンドです。16円くらいですかね。


eg-c10.jpg

私達の部屋の冷蔵庫、毎日絶やさずお酒を手配してきた努力の結晶(笑
ラウンジでソーダも買ったので、氷無しのハイボールも…。


eg-es02.jpg

ダイニング。ここの食事は美味しかったです。今度まとめてご報告。


eg-es06a.jpg eg-es06b.jpg

船には3泊しましたが、ちょっといない隙にタオルがすごいことに!
お茶目すぎです(笑)別の部屋はワニバージョンもあったらしいです。


けどたまに忘れてシャワー浴びて、あ、、タオルをクルクル解くはめに。。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 10:34| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | エジプト旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする