2017年01月05日

竜宮城のスッポン鍋

お鍋なら河豚より鮟鱇が好き、あ、でもスッポンもだいぶ食べてないわ〜と検索。
どこにしようと思っていたら、たまに鯖寿司を買う福岡の竜宮城にひっそり?
売っているのを発見。お正月にいただきました。

九州産のすっぽんたっぷり、スープはその出汁に醤油、酒、味醂、生姜、鷹の爪
というシンプルな原料、とろとろの葱が入っていて、細葱と紅葉卸の薬味つき。


sp01.JPG

半解凍というよりぷるぷるに煮凝っております!思った以上に具もごろごろ。
あたためてスープを味見するともう悶絶の旨さ、絶句です。


sp02.JPG

白菜、豆腐、春菊だけ足しました。


sp03.JPG

もう本当にこのお出汁の美味しさたるやなんでしょう!
これだけでしばらく生きていける感じです。

しかもた〜っぷり、4、5人前あるのでは?これで7,300円は素晴らしい。
あぁこれで茶碗蒸しなんてしたらもう至福では、お正月だし!


sp04.JPG


どーんと大きく!!
おせちから、百合根と蒲鉾、自家製伊達巻きを具に。三つ葉と柚子。
はぁ〜最高でございます。

その後、翌日に雑炊。堪能しました。
力いっぱいおすすめします。

竜宮城 スッポン鍋
http://www.ssk-jp.com/ryugujo/kaisennabe/kaisennabe.html#suppon_nabe


sp05.JPG


一緒に注文したケジャン(佐賀産ワタリガニの醤油漬け)も良かった!
赤いですけどめちゃめちゃ辛いって程ではないです。
とろりとした身が美味、こういうものは家で手を汚しながら豪快に食べるのが
いいですね。。
残ったタレはご飯にかけて、というか混ぜて!コチュジャン追加で完食。
ご馳走様でした。


sp06.JPG


さてお正月に届けてくれてありがとう優美さん。
尾道、桂馬蒲鉾商店さんの蒲鉾です。
お正月ですから!贅沢に雲丹酒盗(メルティ)を挟んで。

2010年に工場見学させていただいた桂馬さんレポートはこちら↓
桂馬蒲鉾工場見学
たまに東京のデパートにも催事販売などいらっしゃいますよ。

お手紙でお子さんがクレヨンしんちゃんだと書いてありましたが全くうちの
4歳児も同じです。今度ぼやきあいたいです(笑)

皆様にもどうぞよろしくお伝えくださいませ〜。

今日はお取り寄せ情報でした。

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 15:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2017年のお正月・おせち

sgtm4.jpg


あけましておめでとうございます。
本年も油屋ごはん、どうぞよろしくお願い申し上げます。

去年はなんだかぼーっとしていてお節や年末のお酒の手配もしておらず、
気がつけばあら年末!慌てて2日くらいで一挙作ってみました。

何度も言ってますが和食の基本などきちんと勉強していないので、
味付けの比率や盛りつけルールなど知らず本当に自信がないのです…。
ま、見た目の感覚ということでお許しください。

あ、そうそうなんとなく今年はお重ではなく盆皿盛りにしてみました。
本当は浅めの長方形の一段重が欲しかったのですが…。

煮しめが入っている器は陶器です。


sgtm5.jpg


手前は毎年好きで作る鴨ロース煮。
皮目を弱火でじっくりこんがり焼いて煮汁につけるだけで美味しい。
程よいロゼ色に良くできました。

海老のつや煮はこちらを参考に。
しかし年末の魚貝類は全部大容量で高くて困ります…いくらもちょっとでいいのに。

なますも毎年作るものの一つ。たっぷり作ります。

田作りははじめてまともに作ったかも。
しっかり炒ってかりっと仕上げました。
砂糖はほとんど喜界島さとうきび粗糖を使用しています。

数の子代わりの子持ち昆布は竜宮城からお取り寄せ。
無添加で唐辛子の辛味がぴりっと美味しかったです。
こちらから取り寄せた絶品鍋とケジャンは次回ご紹介しますね。

伊達巻きもはじめてトライ。
珍しい無添加はんぺんを見つけたのですが、ちょっと量が少なかったので
昆布締め用の鯛も加えフープロで、卵と混ぜ適当に味をつけフライパンで
じっくり焼いて巻きました。
甘さ控えめ。

寒ブリ昆布巻きはかみたや商店のもの。
鮭やたらこ、ニシンもありました。

菊花蕪はやっぱり映えますね。
八幡巻きは子供が喜んで食べました、根菜が美味しく食べれていいですね。

柚子の中はゆり根の柚子味噌和えと塩いくら。
白味噌に蜂蜜、柚子果汁と柚子皮そして百合根と相性のいい国産ひまわり油
加えて和えました。

叩きごぼう、ブリ照り焼きは山椒風味にしたかったけど子供も食べるので、後かけで。
栗きんとんは愛媛県の無漂白、無着色の栗甘露煮を使いました。
くちなしの実が家になくて色はあっさりめ。
鳴門金時を柔らかく茹でて栗のシロップとフープロにかけるだけ、裏ごしせずです。

蒲鉾も尾道の桂馬さんに注文するのを忘れた〜と探しに出たら無添加のがありました。
珍しく卵も不使用。出雲の別所蒲鉾さんでした。

外食では防ぎようがないこともありますし家の食事くらいはなるべくシンプルな
食材で、子供の身体に負担が少ないようにと思いますが、それ以前に化学調味料や
添加物、糖分控えめだと食後感がいいですよね。
気持ち悪くないし喉が渇き過ぎません。

そういうことに気づける身体でいたいと思います。

松風焼きもここ数年毎年作ります。
鶏ひき肉を練って、酒と味噌を混ぜフライパンで焼き蜂蜜を縫って青海苔とえごまを
トッピング。
金柑蜂蜜煮は市販のもの。

そして黒豆も初挑戦。
いただきものか?丹波の黒豆が家にあったので煮てみました。
橋本加名子著「にほんの食ごよみ」を参考にして柔らかく煮てからシロップで煮る方式で。
鉄釘もなかったのですがちょうど底が剥げ目!の琺瑯鍋で煮たからか、
時間も3、4時間でまぁまぁうまく出来ました。

市販品よりだいぶ甘さも控えめですが、それにしても全体的にやっぱり糖質多いですね〜(笑)。

煮しめは下茹では別にしましたが最後は一緒に煮ました。
蓮根、人参、里芋、くわい、筍、こんにゃく。
ちょっと煮て冷ますを4回くらいして味をしみこませて。

お刺身は鯛の昆布締めとまぐろ。
千枚漬けと日の菜は京都亀蔵から。


sgtm3.jpg


お雑煮は毎年気分次第で…今年はいくら!(大パックだったし)
大根に焼き餅、三つ葉と柚子にしました。
鮭があれば鮭といくら、海苔でも良かった。
え、びっくりですか?悪くないですよ〜EPA、DHAも摂れます。


sgtm.jpg

はい、一つこちらもえっ!?なアテをご紹介します。
刻んだ奈良漬け(瓜)xサワークリームxEXVオリーブオイル
意外といいんですよ!
オレンジ色のものはホオズキ♪
一層トロピカルになって、泡やシャルドネ、大吟醸なんかともいい感じです。
お試しください。


sgtm2.jpg

そして毎年言い続けておりますが!お餅は油で焼いてお醬油たらり。
おすすめはEXVオリーブオイルや胡麻が香ばしい寿油

弱めの火でじっくり焼いてお楽しみください。


明日からお仕事という方も多いですよね。共に頑張りましょう。
今年一年つつがなく過ごせますように。
油屋ごはんもぼちぼちやって参ります。
よろしくお願いします。

金田油店も明日から営業です!


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
タグ:正月 おせち
posted by 油売りエマ at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材・外で食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

GINZA1月号/デザートにオイル

皆様どうぞよいお年をなんてご挨拶しておきながら、1件お知らせを…。

gnz.jpg

只今発売中のマガジンハウスGINZA1月号は「美味しい生活」。
ちょっとマニアックな?企画にご掲載いただきました。

P82〜
孤高の食の求道者たちよ!
あなたの「おこだわり」教えてください

http://magazineworld.jp/ginza/ginza-235/


それほどのこだわりでもないのですが?どなた様も当然やっている
ことと思われるデザートにオイル(笑)をご紹介させていただきました。


gnz3.jpg


パンプシードオイルピスタチオオイルは当然!ナッツの風味で
甘いものとの相性良しとして、山椒香味油をフルーツ系デザートに
かけるとぐぐっと大人スイーツになって素敵ですよ。

皆様集まる年末年始、どうぞお試しくださいませ。


gnz2.jpg

ちなみにホットサンド倶楽部部長!で友人でもある大林千茱萸さんも同企画に登場。
以前料理通信でご一緒させていただいたアヒルストアの齊藤シェフのノンアル
カクテルや吉田戦車さんのこだわりのおかゆも面白いですよ。

是非ご覧くださいませ。


元旦より金田油店の人気オリジナルブレンドオイル五味一体寿油を限定数
新春特価にてご用意しております。
ネットは元旦、店舗は4日よりご購入いただけます。
是非どうぞ!

shtkj.jpg


では本当にこれにて失礼します。
本年もありがとうございました。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 12:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金田油店 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

クリスマスメニュー備忘録

今年のクリスマス周辺料理の備忘録です。


ch01.jpg

ビーツのポタージュに小豆島のEXVオリーブオイル
なんと言っても色が素晴らしい。
玉葱とビーツでもいいし、少しじゃがいもを入れても。
スープはシンプルに昆布出汁にしました。


ch02.jpg

こちらはピータン豆腐アレンジ
ピータンと水切りした豆腐、柿、そしてとんぶりとパクチーを麺つゆと
山椒香味油(完熟)で和え大人のぴり辛味に。


ch14.jpg


この時は皮から作る餃子パーティーということで忙しくてあまり写真が
ないのですが、具を皆で持ち寄って楽しかったです。
ラムパクトマトクミンや定番のニラ豚白菜、鶏バジルヨーグルトや海老セロリなど。
画像はロシア風ペリメニにクロテッドクリーム&ピスタチオオイル


ch09.jpg


クリスマスは友人に誘われて長野の蓼科へ。
そのお友達の会社ロッジが素晴らしくて感激。
素敵な暖炉に広いアイランドキッチン、キッチンに付いている薪のピザ窯、大浴場に
アメニティ完備のホテル以上!のお部屋。
油だけ抱えて行って参りました。


ch12.jpg

子守もあって!慌しくなかなか存分に料理は楽しめませんでしたがやはり火の
力は素晴らしいですね〜。燃える火を見ているだけで満足です(笑)。


ch03.jpg

地元の農産物屋でぎっしり1パック220円!のホオズキはサーディンとあわせて
クロスティーニに
。完熟のトロピカルな香りがたまりません。
泡やシャルドネのお供に。

あと少し硬めだったアボカドは刻んで(フープロ、おろし器、マッシャーの類はなくて)、
大根と(玉葱買い忘れw)唐辛子味噌をひまわり油と甘み代わりのりんごジュースで
のばしたソースで和えて。
これもパンにのせてもいいけどレタス包みで食べました。


ch07.jpg

百合根はチンして塩とレモンオリーブオイルで。
ブロッコリーやロマネスク、人参、じゃがいも、バゲットでチーズフォンデュ。

カルパッチョは地元で買った信州サーモンと白身を交互にして、水にさらして塩と
ちょっと醤油、レモンオリーブオイルで和えたスライスオニオンを全体にのせて
ぴちっとラップして冷やしておきました。
食べる時にいくらと刻んだ三つ葉を散らして。

子供達には上のフォンデュ用の野菜とソーセージを入れた豆乳クリームスープ。


ch05.jpg

肝心のローストチキンはやはり火の調整が難しくケーキと同時くらいの焼き上がりに。
一晩塩コショウとにんにく、ハーブ、林檎でマリネしておきました。あ、たこ糸もない…。
バターを塗り表面を焦がした後ホイルしてじっくり焼きます、途中オリーブオイル
もかけて、中の詰め物は敢えてハーブと林檎程度にしました。

紀州うめどりだからか、薪窯か林檎のせいかとにかく想像以上にジューシーで
美味しい仕上がりでした。翌日はホットサンドの具にも。
あ〜次回はピッツァも焼きたい!塩がま焼きとかも!


ch04.jpg

大きなラムショルダーは半分ずつ煮込みとグリルに。
煮込みはにんにく、ローズマリー、セロリ、玉葱とトマトソースでラムシチューに。
バゲットによく合います。


ch13.jpg

グリルの方はブラッククミン他スパイスとオレンジマーマレードと醤油でマリネ
しておきました。セロリの上にのせ焼く時にそこにあったミカンと(思いつき!)
オリーブオイルをかけてじっくり窯で焼きました。

ちょっと放置時間が長すぎちゃいましたがしっとり焼きあがり、焼きミカンと一緒
に食べると美味しかったです。五香粉風味のソースとかかけても良さそう。

サラダは生の白菜をたっぷり使って。


ch08.jpg

料理しながら飲んだオリーブビール、なかなか美味。
小豆島のオリーブの葉粉末入りだそう。


ch10.jpg

子供達のサンタギフトも仕込み、大人もプレゼント交換。


ch11.jpg

子供を寝かしてからやっと暖炉を囲みちびちびタイム♪
この山椒ビールは…山椒好きの私ですがちょっと?な感じでした。

と言うわけで駆け足報告、パーティーメニューのご参考になれば幸いです。


あと3日で今年も終わり。
あ〜いろいろアップできなかったものがいっぱい…発酵させてからアップします(笑)。

今年も油屋ごはんをご覧頂きましてありがとうございました!
皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


金田油店は30日(金)〜1月3日(火)までお休みとなります。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 17:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする