2018年08月07日

レストラン高津【山口・下関市】

去年くらいでしょうか〜検索しててこんなフレンチが下関に出来たの!?と思ったのは。7月に帰省した際、そうそうと思い出して見てみたら、行けそうな日がちょうどコラボイベント。
カウンターのようだし思い切って前日電話したら大丈夫だったので行って来ました、一人フレンチ(笑)。
iPad撮影のぼんやり画像ですが、写真中心でお届けします。
長いです、画像14枚くらいあります。


tkt00.jpg


まずは建物にぞっこん!小高いところに立っている重厚な佇まい。
坂を上がっていくと「蜂谷ビル」のプレート。登録有形文化財ですって。
後で調べたら旧東洋捕鯨株式会社下関支店だそう。
今はこのフレンチ以外空き家で工事中のような感じでしたがとっても素敵。
いっそ泊まれるようにしてオーベルジュに!


わくわくして扉を開けるとモダンな空間、ゆったりしたL時カウンターにオープンキッチン。

ワインペアリングコースの一斉スタートなので皆様が揃うまでしばし待ちます。


tkt03.jpeg


イベントは福岡のNAKALABOのシェフ武藤聖郷さんと高津さんのコラボレーションだそうです。


tkt04.jpeg


暑い夏の夕暮れにぴったりのタケダワイナリー、サン・スフルの泡からスタート。


tkt04a.jpeg

ゴーヤーとムール貝のガスパチョ、爽やかな苦味を味わって…。


tkt04b.jpeg


気になるどら焼き!中身はフォアグラと黒イチジクコンポート。
香ばしい白焼きうなぎときゅうり、紫蘇、梅干しとビーツのソースの生春巻き。

これだけでワインお代わり注いでいただいた気が…。


tkt05.jpeg

ワインは世界からいろいろ面白いものを。ヴァンナチュールも多いです。


tkt05a.jpeg

イカは分解したオクラとモロヘイヤのピューレとともに。ほんのりかぼすの香り。


tkt05b.jpeg

イカの透明感が素敵。イカはやっぱりこうでなくちゃ。


tkt06.jpeg

お、次は赤ですね。

tkt06b.jpeg

これも美しく美味しかった!
ほどよく半生に火入れした鰯に焼き茄子のジュとペースト、炭化したナスの皮パウダーが振ってあります。

食べるのはぺろりだけどすごい手間。鰯の油を赤ワインでさっぱりと。


tkt07.jpeg

クロアチアやギリシャの洗練されたワインが繰り出されます。


tkt07b.jpeg

パリパリのじゃがいもの下には馬肉とナッツのタルタル。大好き!


tkt08.jpeg

このフリウリも美味しかった〜。


tkt08b.jpeg

抱えて飲み干したいアラ出汁と枝豆。山椒のアクセント。


tkt09.jpeg

最後の赤。


tkt9b.jpeg

鶏ごぼう!金平の焦げ目の香ばしさが際立ちます。ソースになっている甘いかぼちゃが「くりまさる」。

和の素材を生かしたモダンフレンチ、海外の方にも喜ばれそうだし、何より重いフレンチ気分じゃない時にぴったり。


しかし飲みました…。ソムリエさんどんどん注いでくださるし!


tkt11.jpeg

桃に合わせるデザートワインはワシントンから。


tkt12.jpeg

大人の桃缶!生やコンポートなどがちょっぴりのクリームとフェンネルと一緒に。


tkt12b.jpeg


最後は小麦粉を全く使わない濃厚なショコラにパッションフルーツとココナッツのお餅、レモンとチェリーのハーブティー。
このデザートを担当されたのは女性で、やはりコラボだったようでご紹介がありましたが、もういろいろ酔っていて忘れました、すみません…。


tkt13.jpeg

酔うともっと飲んでしまう悪い癖、仕上げにグラッパ頂きました。
カウンター内でソムリエさんと話せるし、キッチンも見えるので一人でも楽しく過ごせました。

この内容で(グラッパ別)15,000円とは東京ではまずないですね〜。
ちなみに普段の21時以降はアラカルトでふらりバー使いも出来るとのこと。

デートに最高ではないでしょうか。


tkt13a.jpeg

宴の後。さすがに2軒目は無理でした(笑)。
帰り坂道を転がらないようタクシーを呼んでもらうことをおすすめします。


tkt10.jpeg

高津さん、武藤さんご馳走様でした。
久しぶりにわくわくさせてもらいました。

帰省時はまた伺います。


RESTAURANT TAKATSU
http://restaurant-takatsu.com/

レストラン 高津フレンチ / 下関駅

夜総合点★★★★ 4.5



レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:27| 東京 🌁| Comment(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

揚げ焼き豆腐ととうもろこしの甘醤油味

DSCF1299.JPG


子どもがほぼ一日置きに食べるコーンのアレンジです。
皆大好き焼きとうもろこし味。


島豆腐やしっかり水気を切った木綿豆腐を適当に切って、片栗粉をまぶし、多めの油で焼きましょう。
フライパンの油を切ってから、とうもろこし(茹でてほぐした)、メープルシロップ少々と醤油をさっと絡めるだけ。

メープルシロップは味醂や砂糖でも。

仕上げにたっぷりの青葱を。屋台の香りです。

油は胡麻が香るブレンド油、五味一体寿油がおすすめ。
大人は更に山椒や七味唐辛子を振るとコーンの甘さが更に引き立ちます。

香りもご馳走!



使ったオイル:五味一体 寿油

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | レシピ 五味一体 寿油(ブレンド) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

山椒風味の桃モッツァレラ/胡麻油で炒め物

DSCF1387.JPG


わ、7月1記事しかアップしてない(汗)。
私は元気です。下関(山口)の実家と別府(大分)に行ってまた戻って来ました。

下関も別府も北九州も美味しい思い出がいっぱい、、追ってご紹介したいと思います。

というかインスタには日々アップしています!
https://www.instagram.com/aburauri_ema/



まずはちょっと遅いかもですが今でしょ!の桃画像から。
あ、前記事のキャンプでも書きましたがしつこくご紹介。


桃とモッツァレラチーズ、塩気代わりの生ハム!そこに、美味しいEXVオリーブオイルやレモンオリーブオイルはもう定番ですが、
今日は上級者編をご紹介します。



はい、山椒香味油です!


SS_01.jpg



青い山椒の爽やかな香りとぴりぴりとした刺激が甘い桃を更に引き立てます!
和歌山の貴重な葡萄山椒と国産の米油で丁寧に作られた香味油。

素麺のタレや冷奴にももちろんどうぞ。
ビタミンEやγオリザノールも摂れるのでバテやすい時期にもおすすめです。


桃に是非!でもかけすぎると強すぎますので控えめにお試し下さいね。



それと奥の炒め物は空芯菜と2色のパプリカ、豚薄切り肉です。
にんにくスライスとやっぱり香りの良い胡麻油で。

色の濃い夏野菜やねばねばしたもの、香味野菜とその栄養素を取り込むオイルを上手に使って暑い夏を乗り切りましょう〜。
酷暑でも食欲はなくならないのですが。。。



使ったオイル:山椒香味油九鬼ヤマシチ純正胡麻油



oilday2018185.jpg


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル: 山椒 胡麻油
posted by 油売りエマ at 13:27| 東京 ☁| Comment(0) | レシピ 山椒香味油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

七夕グルメキャンプ2018

cmp11.jpeg


去年のキャンプも大雨だったと思いながら今年も七夕グルメキャンプ、行って来ました。いろいろな意味で忘れられないキャンプとなりました。
6日の夜入りした時は降ったり止んだりしていたのですが、翌日は雨も降らずあぁ良かったねなんていって過ごし次の日山を下りたら…。
びっくりするような災害になっていて、、知人の岡山の実家の方ももう水の中。。
本当にお悔やみ、お見舞い申し上げます。


海外の被災地の状況、その場合の対応について最近いろいろ情報が入って来ます。
避難所、その生活レベル、支給されるものとそのスピード、、先進国としてあまりに遅れている状況が分かります。
震災大国と言える日本、国としてもっとしっかり備えるべきだしそのために個人が自分のこととして声を上げなくてはと思いました。

災害にあった時、我慢するのが当然それが美徳という国民性もありますが、避難所のストレスで亡くなるようなことがないようにと切に思います。


避難所の女性トイレは男性の3倍必要〜命を守る「スフィア基準」/NHK news web

イタリアの避難所に被災後真っ先に届く3つのものとは/DIAMOND online




cmp1.jpeg



2010年頃から?ほぼ毎年来ている山梨甲斐市のノースランドキャンパーズビレッジ

幌形キャビンやティピ、豊富な厨房道具にワインセラーまであり、食材とお酒と身一つで楽しめます。

今回は過去で2番目くらいに参加人数が多かったでしょうか、30名弱の方が1、2泊過ごしました。


cmp15.jpeg


グルメキャンプの醍醐味は当然ですがそれぞれ思い思いに過ごすこと。
料理したい人はする、作りたいものを作る、飲む人、温泉や散策に行く、乗馬する、ぼーっとする、自由に過ごします。



cmp6.jpeg


私はやはりゆっくり飲みながらお料理するのが至福のひと時、ということで適当クッキングです。
また別途ご報告しますが1つチャレンジ事項であった試験を前日終えたまま来たところだったので、今年は何の仕込もせず買い物からスタートしました。

また今年もみちさんと(来れてよかった!)こうして鍋をつつけるのが幸せ♪
怒涛の仕込みと多品目のお料理をありがとう〜。


cmp10.jpeg


乾杯時に作ってくれた桃x生ハムには山椒香味油を使っていただきました。
うんやっぱり爽やかな香りと刺激が美味しい。



cmp7.jpeg


豚肩肉の塊はニンニク、玉葱を炒めつつ焦げ目をつけワイン、水、ローリエ、ローズマリーを加えダッチオーブンで煮ていきます。
本当は一度茹でこぼしたり、柔らかくなった後脂が固まるまで冷やしてそこを取るともっとさっぱりいただけます。


cmp8.jpeg


今回は柔らかくなったところで紐を切りお肉をカットして煮汁に戻し、炒め香味野菜(のパウチ)と水煮の豆、白いんげんとレッドキドニーを入れ更に煮ました。
味付けは塩、追加のタイム、醬油少々。


cmp16.jpeg


友人がミンチにして来てくれたマトンとパクチーで餃子!
包むのは皆がやってくれました、焼きはホットサンド倶楽部部長の千茱萸(ちぐみ)さん。


cmp5.jpeg


時系列不順ですがその部長の美しいホットサンドもいただいたり。。朝ロゼ♪


cmp2.jpeg



なんとなんとバームクーヘン作りが始まりましたよ!

cmp17.jpeg



秋刀魚もイカもししゃもも鯖も焼きましたねぇ。油Tシャツご愛用サンクス!


cmp18.jpeg



これは地元で買っておいてくれた甲州ワインビーフで作ったトマトすき焼き。
ちょっと甘めにしてご飯にのせて子供用丼でいいかと作っておいたら大人にも好評でした。


cmp10.jpeg


麺や沙樹が出張、粉から手打ち、手揉みしたらーめんをいただいたり。
標高が高いところだといつもと全然感覚が違って難しかったそう。


cmp14.jpeg



朝はズッキーニや各種パプリカなど夏野菜とチキンたっぷりのカレーリゾットを作りました。
レーズンやフライドオニオン、パクチーなどがアクセント。


cats.jpg


とにかくこうして仲間と美味しいものを共にできる喜びをしみじみ噛み締めました。感謝です。


cmp3.jpeg


えっと2泊分ですから。。あと焼酎、日本酒、ウイスキー。瓶は持って帰ります。


cmp4.jpeg


cmp13.jpeg

cmp12.jpeg


こうして見るといろいろ食べてない!!w
でも自然の中で料理する、飲む、皆で食べるのは本当に楽しい。
また戻って来れますように!


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

油の日イベント内容詳細です!8月25日(土)

abura2018_ura_n.jpg

posted by 油売りエマ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | イベント・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする