2011年07月19日

鉄板焼 天王洲でローラン・ペリエ

サントリーさんの企画、ロイヤルウェディングのシャンパンを楽しめるレストラン
を訪問してきました。

久しぶりのモノレール(笑)、天王洲アイルのホテル内鉄板焼きレストランです。
第一ホテル東京シーフォート鉄板焼「天王洲」


駅直結のホテルの28階に上がると、地上100Mの夜景。
鉄板を囲むカウンターに案内されます。


lp-t1a.jpg lp-t1b.jpg


十分きれいな東京の夜景も、今までに比べると様々なランドマークが消灯していて
かなり暗いそうです。
もう夜景をただ綺麗と言っている場合ではないことを感じつつ…。

夜空のコースをいただきました。



先付はオクラ豆腐、長芋のすりおろしと共に固められ、ひんやりとした銀餡が。
夏の1口目にいいですね。


lp-t00.jpg


乾杯はもちろんLaurent-Perrierローラン・ペリエ
お肉だと赤と思いがちですが意外としっかりとした味わいのローラン・ペリエ
なら通してシャンパンでも大丈夫な気がします。

お肉の味付けや他のお料理にも寄りますが、ちょうど和の感じだし魚介の前菜
からステーキの脂をさっぱりさせるのにも、ありですね。



lp-t02.jpg


前菜は鰹のカルパッチョ。山葵風味のマヨネーズソースに野菜、グラパラリーフが
のっています。
これ、サボテンみたいなものでしたっけ?ちょっと酸味があります。
栄養価が高くい〜っぱい食べると二日酔いにもいいそうです(笑



lp-t03.jpg

シェフの手元を眺めながら食事できるのが楽しいです。
何か液状のものが先ほどから鉄板に…。

バターと刻んだトマトをソースにしているようですが、なるほど焼き物以外も
全て鉄板で作る訳ですね。
もちろんご飯と味噌汁は別ですが。

ソースを貝殻へ移し、カットした帆立を。
殻ごと炎で焼き上げます!なかなか派手な演出。


lp-t04.jpg


火が弱まってきたらOK。半生の帆立と甘酸っぱいソースが美味。
ちょっとハーブとグリーンペッパーも粒状で入ってます。

このソース飲み干したいなんて話していたら、すかさず浸すパンを
ちゃちゃっと焼いて下さいました〜。


lp-t06.jpg


次は3種類の野菜が出ました。エリンギはまろやかなオイスターソースで。
真ん中はほっくり甘いインカの目覚め、それから柔らかく煮た冬瓜を焼いたもの。



lp-t05a.jpg lp-05b.jpg
lp-t07a.jpg lp-t07b.jpg


サラダも出て結構満足感があります。
程よくお肉のお披露目です。各地の黒毛和牛や神戸牛などを扱っているようです。


牛肉は家でほとんど食べないので久しぶりかも。
ミディアムレアくらいでお願いしました。


lp-t11.jpg


さすが鮮やかな手さばき。脂身部分は別にカリカリにしてあります。
鉄板の上で、小さく素早くカットされていくお肉に目が釘付け。
動作に無駄がなくて美しいです。


lp-t09.jpg


たっぷりのガーリックチップと共にパンの上にステーキが!

味はソルトレイクの塩、胡麻だれ、ポン酢におろし醤油は湯浅の黒豆醤油と
何通りにも楽しめます。

お肉に黒胡椒がたっぷり振ってあって、そのままでも美味しいです。


lp-t08.jpg

つまんでは飲み、飲んではつまみ…このサイズ危険です(笑


lp-t13.jpg


カリカリにした脂身部分はもやし、韮炒めで。
ご飯はお声を掛けてください、ということでゆっくり飲んでいられます。



ご飯には紫蘇と梅、マッシュルーム!が入ります。
苦手な薬味やガーリックの有無も聞かれますが、せっかくなのでガーリック入りで。

おこげ部分を別に鉄板で作ってます!


lp-t10.jpg


あおさ海苔たっぷりのお味噌汁におこげご飯と香の物。
ガーリックと爽やかな薬味でご飯もすすみます、お腹いっぱいです。

lp-t12.jpg


フルーツとかシャーベットだけでも十分、フランボワーズのムースケーキまで出ました。

lp-t14.jpg



たまには優雅にシャンパンで鉄板焼き、いかがでしょうか。


第一ホテル東京シーフォート鉄板焼「天王洲」/サントリーグルメガイド


天王洲 鉄板焼き / 天王洲アイル駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 16:16| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 企画 サントリー店訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

Laurent-Perrierローラン・ペリエセミナー/四川豆花飯荘

lp-c02a.jpg lp-c02b.jpg


Laurent-Perrier/ローラン・ペリエと四川料理の夕べを堪能してきました。
サントリーさん主催のローラン・ペリエセミナーです。

場所は東京新丸ビルの四川豆花飯荘

円卓に並ぶシャンパングラスの列は圧巻です。



lp-c04.jpg



lp-c00.jpg


いただいたローラン・ペリエはおまけもついて5種類。
左からLaurent-Perrier Cuvee Rose Brut,Ultra Brut,Brut L-P,Grand Siecle.
最後のサプライズでDemi Sec。

こうして飲み比べると味の違いがより分かってとても勉強になります。


ローラン・ペリエ社は1812年創業で来年200周年を迎えます。
あまり派手な宣伝は見かけない気がしますが、この前のロイヤルウェディングの
晩餐会にて振舞われたシャンパンだそう。
知りませんでしたが規模も世界第4位ですって。


総評はフレッシュ、エレガント、バランスのよい味わい。
シルクのように滑らかな飲み心地で特に女性に好まれるかもしれません。

とにかく食中酒としても万能ですね。


lp-c01b.jpg lp-c01a.jpg


解説を聞けば聞くほどもう飲みたくなってうずうず…(笑


注いでいただきましたー。泡を撮るのは難しいです、特にこんなデジカメじゃ…。


まずはウルトラブリュット。きりりと超辛口、ドサージュ(加糖)無しの製法だそうです。
思わずほぉ〜っとなりますね。

夏のキンキンに冷えたシャンパーニュ、やはり気持ちも華やぎます。



lp-c03.jpg


一息ついたところで、美しい前菜の盛り合わせが。

四川を代表するよだれ鶏、殻ごと頭まで美味しい海老、燻製穴子に漬物、くらげと
美しい層の豚耳。こういうのをちびちび、嬉しいですよねー。

そして4種類のシャンパンをこれにはこれかな、なんて思いながら飲む、つまむ、飲む、つまむ…。


lp-c08.jpg


日頃、中華にワインの時はロゼをあわせがちでしたが、すっきりした泡、いいですね。
スタンダードなブリュットL・Pはまさに定番な感じ。
どんなものともマッチング可能ですね。



lp-c06a.jpg lp-c06b.jpg


フカヒレとエメラルドグリーンがきれいなアオサ海苔のスープ。
海苔が入った爽やかなフカヒレスープははじめて。

ふくよかな旨みとナッツのような香り、少し濃いめの味で一番好きだった
グラン シエクルとも合うと思いました。


lp-c07.jpg


豚フィレの四川漬け唐辛し炒め。
四川と言っても決して強烈で食べられない辛さではなく
上品な感じ、もちろん言えば激辛にも対応いただけるようです。

四川と言えば大量の油と唐辛子のイメージですが、こちらはあまり
オイリーさはありません。

このピリ辛感にはやはりロゼが美味しいですね。

ローラン・ペリエのロゼは赤と白を混ぜずに敢えて手間の掛かるマセラシオン
(セニエ)という手法で作られているそう
で、なんとも爽やかでフレッシュな
飲み口、ストロベリーの香り、品の良さを感じさせるロゼです。


lp-c05.jpg


ついつい飲み進んでしまうのが困りますね…。
でももう結構ですとは誰も言い出さないような(笑


lp-c09.jpg

鮮魚の揚げ物 オリジナルパウダーがけ。
カリカリとしたクリスピーパウダーがかかった白身魚と薄衣のオクラフリット。

このテクスチャーは面白いです。


lp-c11.jpg


結構お腹いっぱいになってきました。
ホタテとイカのスパイシーソース 蒸しパン添え。

もちもちの蒸しパンにこのカレーな感じのソースが美味しい。
なるほどシンガポール育ちのレストラン、という味。

今回一番好きだった味かもしれません。



lp-c10a.jpg lp-c10b.jpg


さ、こちら名物?の茶芸師さんによる八宝茶淹れもすごいです…。
ぴったり、全くこぼれない!!


lp-c13.jpg


最後は麻婆豆腐。こちらに合いますとのことで、サプライズのデュミセックが!
この甘さと辛い麻婆は素晴らしいです〜。
食後酒やデザートと一緒にも楽しめるシャンパンですね。



lp-c12.jpg



lp-c15.jpg


あたたかい豆花とふるふるのマンゴーデザート。
最後までシャンパンと共に贅沢なディナーでした。


フレンチは当たり前だけど、中華やエスニックとシャンパンを楽しむスタイル。
もっと流行ってもいいですね。


lp-c14b.jpg lp-c14a.jpg


フォーチュンクッキーでもう一盛り上がり!
本当に楽しいセミナーでした。

これからまた数軒、ローラン・ペリエをグラスで楽しめるお店をご紹介しますので
お楽しみに!


ロイヤルウェディングのシャンパンを楽しめるレストラン


丸の内「四川豆花飯荘」 中華料理とシャンパン「ローラン・ペリエ」のマリアージュ/
サントリーグルメガイド公式ブログ



レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 17:56| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 企画 サントリー店訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

黄トマトソースのローストビーフ素麺

rbs02.jpg


いや別に素麺にのせる必要はないかもしれないんですけどね…。


rbs.jpg


一度作ってみたかった「レンジ用鍋クック膳でローストビーフ」やってみました。
BBさんのレシピの通りにやって、ほんと、5分&6分で完成!

ブルーベリージャムが足りなくなって、ルバーブジャムを少し加えました。
一晩おいて薄くスライスしてみたら甘酸っぱく程よい味。

これは簡単でいいですね〜。


いただいた黄色い!トマトソース(ガーリックチリオリーブ油使用)に冷水でしめた
そうめん、薄切りのローストビーフとその甘酸っぱいタレ、薬味はクレソンがよかったけど
冷蔵庫にパクチーしかなかったのでパクチー。そして粒マスタード。


rbs01.jpg


甘酸っぱくボリュームもあって、ご馳走感もすごい素麺です。
いやもちろん細いパスタでいいんですけどね…。


黄色いトマトホール缶なんてあるんですねー!
爽やかな甘酸っぱさで色のインパクトもあるけどトマト味。
これは使えそうです〜。





BBさんも素敵レシピありがとう〜。分量って大事ね(笑)&(汗)


使ったオイル:ガーリックチリオリーブ油
ぴかぴか(新しい)麺や七彩さんの辛冷やしらーめんにも使用されています!


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | レシピ ガーリックチリオリーブ油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

フェンネルとトマトのサラダ

昨日は終日、料理撮影でした。
「美的(小学館)」8月発売号に掲載予定の油レシピ11、どうぞお楽しみに〜。


psld.jpg


今日も簡単サラダですみません。

フェンネル、紫玉葱、トマト、人参を、グリーンナッツオイル
ハーブソルト、レモン汁でわさっと和えただけ。

キレイな色、爽やかな味のサラダになりました。
フェンネルの清涼感ある香りっていいですね♪


使ったオイル:グリーンナッツ(インカインチ)オイル

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ グリーンナッツ油(インカインチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

帆立とズッキーニのサラダ

hm00.jpg


こう暑いと…切って盛るだけ、の料理が増えますよ。
こちらもスライスして並べるだけ、でございます。

強いて言えばお皿を冷やしておくとより美味しくいただけると思います。


hm01.jpg


刺身帆立、ズッキーニ、黄色いトマトをスライスして並べ、
EXVオリーブオイルとフレーク塩、レモン汁を混ぜたものを回しかけるだけ!

3枚を一緒に食べると立派なサラダです。


同じ材料を細かく刻んで、冷やした細めのパスタにあえれば
きれいな色の冷製パスタになりそうですね。



使ったオイル:マルケス EXVオリーブ油(発売準備中)

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

翠蘭の塩マーボー【吉祥寺】

吉祥寺で小腹がすいて、軽く飲茶?それともさくっと冷や中?なんて
感じで入ると…必ずあれもこれも頼んでしまう中華、翠蘭(すいらん)でございます。

行くたびに変わる薬膳メニューがなかなか興味深く、定番とあわせて
ついついトライしたくなるのです。


sr-sm2.jpg


今回の驚きはなんと「塩麻婆」!
湯葉と枝豆入りの、白い麻婆豆腐。路線変更〜。

定番で間違いのない海老の紙包み揚げも。→ざっくりプリプリ!必食です。


マーボー豆腐は爽やかだけど粉の花椒がばっちり効いていて、
上品だけど辛くて美味しい。
湯葉はとろり、枝豆の食感もナイス!

いつもながらいいセンスなんですねー。

塩マーボー、いつまであるか分かりませんけど…。



sr-sm.jpg


つまみ、料理が美味しいと、ついついお酒も進んでしまうのです。


全体の雰囲気は、おばぁちゃんも安心な(笑)広東系のもたれない中華です。
客層はいつも落ち着いていて、穴場な感じ。


あとは吉祥寺でちゃんと夜行ってみたいのは、竹爐山房まつひろ
中華は4人以上だといろいろ食べれていいですねぇ…。



ぴかぴか(新しい)吉祥寺 翠蘭
http://r.tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13009965/
http://www.m-biso.co.jp/column/suiran/suiran.html


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:吉祥寺
posted by 油売りエマ at 19:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

セロリとトマト、春雨入り爽やか麻婆茄子

mbn.jpg


麻婆茄子に春雨、あ、トマトもたっぷりあるから入れちゃって…。
そうだ、セロリも微塵切りで入れちゃって。
オイルはガーリックチリオリーブ油を使い、なんか中華とイタリアンの中間、
爽やかなピリ辛茄子になりました。


mbna.jpg mbnb.jpg



茄子は油通しが美味しいけれど、家では少量の油と麺つゆを絡めてレンジ
でチン、しっとり蒸し茄子にしてから具とあわせます。

吸う油量は少なくてヘルシー、でもベースには美味しい油をちゃんと使います。


たっぷりのニンニク微塵切り、豆板醤を味のベースに豚挽肉とセロリ
を炒め、砂糖と塩コショウ、トマトもたっぷり。

旨みと水分が出てきたら、下茹でした春雨、醤油、水溶き片栗粉。

仕上げに唐辛子油で辛さをたたせて出来上がり。


味噌や麺つゆ、チリソースなど冷蔵庫の調味料で適当に作れますよー。
もちろんばっちり中華にしたい時は花椒をびりりと効かせます。



mbn01.jpg


プレゼント今月のプレゼントはガーリックチリオリーブ油!!


使ったオイル:【ベース】ガーリックチリオリーブ油(アーリオ ぺペロンチーノ)
            【仕上げ】唐辛子油(チリオイル)


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ ガーリックチリオリーブ油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

トマトとチーズのサラダ

tsa.jpg


フルーツトマトを切って皿へ。
黄色いプチトマトものせて。

フレーク塩を全体に振り、フロマージュブランをスプーン2杯。

そしてレモンオリーブ油リモーネを回しかけます。



トマトとチーズのサラダの出来上がり。



使ったオイル:冷製パスタにも!レモンオリーブ油リモーネ


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ レモンオリーブ油 リモーネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

饗 くろ喜【浅草橋・ラーメン】

「エマさん、あっちに美味しい塩らーめん屋さん出来たの知ってます?」

とスタッフ。ん?知らない〜。


「あっさりすっきり和風な感じで美味しいですよ〜。」


ということで行ってきました。

着けば、あ、この前車で通りかかって、蕎麦屋?うどん屋?と思ったところでした。
う、また外観写真撮り忘れました、失礼。


白色と白木がテーマの店内、寿司屋のカウンターのよう、明るくて女性一人でも
入りやすい雰囲気です。


味玉塩らーめんの食券を買ってカウンターへ。
奥のステンドグラス風引き戸の中には製麺機があります。


思いっきり目の前に店主さんがいらっしゃるので、

「うちのスタッフが一昨日美味しかったって言うので」とご挨拶したら、

「あ、油屋さん、先ほどもお見えに!」と(笑


スタッフ一同お世話になっております。



kk-t3.jpg


卓上の食材説明などを読みながらしばし待って…。



kk-s2.jpg


塩らーめん(細麺)、来ました!
鶏の旨みと魚介の風味が美味しいスープ、細いストレートな麺で、
確かにラーメンというよりにゅうめんとか、蕎麦とかを連想する感じですね。


はっ情報よく見たら「塩そば/味噌らーめん」になってました!


kk-s1.jpg


しゃっきりした小松菜にしつこくないチャーシュー、半熟の味玉に
葱と海苔、そしてカリッと揚げ牛蒡がいいアクセント!

あぁこれなら飲んだ後にもいい感じです。



kk-m1.jpg


味噌はこんな感じ、1口味見させてもらいましたが、「ん?クルミ?」というような
複雑なナッツのような味わい、アーモンドが入っているようです。
野菜もたっぷり。



kk-t2.jpg kk-t1.jpg


イタリアンや和食経由、ラーメン業界は初めてという店主さん、
ラーメン好きさん達の情報伝達力の速さにびっくりしていらっしゃいました(笑

ラーメン好きなお子様のことを考えるといいのかなと思って、という理由から
化学調味料無添加、人見知りという割りには人懐っこい感じの店主さんでした。


次はワンタン麺にしようっと。


住所は神田和泉町、浅草橋と秋葉原の間くらいですが、ぎりぎり浅草橋
情報カテゴリーに入れさせていただきました。


しかし店名、読み(書き)にくいですね…。

饗(もてなし)くろ喜(き→本当は七3つ)



詳細は以下にいろいろ↓




関連ランキング:ラーメン | 浅草橋駅岩本町駅秋葉原駅




レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 12:20| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 浅草橋 柳橋情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

チキンと野菜のストウブ蒸し

st-s4.jpg


チキンと野菜を放り込むだけで美味しい簡単晩ごはん。


st-s0.jpg st-s1.jpg


鶏もも肉は、確か生姜醤油に漬けて冷凍しておいたものを解凍、
2等分くらいの塊のままオリーブオイルで皮の方をこんがり焼きます。
ハーブソルト足しました。一旦取り出して…。

残り野菜を細めに揃えて切ってなんでも投入。
人参、黄色パプリカ、スティックセニョール、アスパラ、紫玉葱にトマト。

おぉ野菜室すっきり。


野菜の上にお肉を置いて、軽く塩とガーリックチリオリーブ油を回しかけて
蓋をして15分程度ことこと放置します。

野菜の水分と鶏の旨みが出て美味しいスープに。
ふっくらジューシーに火が通ったチキンは食べやすいサイズに切って。


仕上げに醤油と更にガーリックチリオイルを回しかけ、バジルとイタリアン
パセリを振って、そのままテーブルへ。


st-s3.jpg


柔らかく、でも適度に歯応えも残った野菜、たっぷり食べられます。
ほんのりガーリック、ぴりっと後味が美味しいオイル、便利ですよ。

スープを浸すパンは必須です。


茄子色のストウブ、やっぱり手放せませんわ〜。


使ったオイル:ガーリックチリオリーブ油(アーリオ ぺペロンチーノ)


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 20:11| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | レシピ ガーリックチリオリーブ油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。