2009年03月07日

SHUGOしゅうご【神楽坂】

shugo-soup

神楽坂在住の方に素敵なイタリアンに連れて行っていただきました。
普通には通り掛からないところにポツンとこじんまりしたお店が。

モダンでシンプルな内装だけど温かみのある落ち着いた雰囲気。
カウンターの向こうが厨房、若き広瀬シェフが腕を振るうお店です。

神楽坂SHUGO しゅうご


まずは泡を頼んでメニューを熟読、魅惑的なものが並びなかなか決められない…。

ふと目がいったリエットが何と鯵!鯵のリエット、これ食べたい!
青魚大好き〜!が幸いに一致して鯖のカルパッチョもオーダー。


先付けの和風ミネストローネっぽいスープの後に鯖が。

shugo-saba

シェフのご実家?で野菜も作られているようで新鮮な野菜もたっぷり。
こてこてのイタリアンというよりたっぷり和の素材を生かしたタイプ。


そして、鯵のリエット!

shugo-aji

人肌に温かい鯵の旨みたっぷりのリエット、美味しい〜。
結構甘みがあるのはたっぷりの玉葱かな、このカリッカリのパンも美味しくて、
ワインのおつまみに毎日食べたいくらい。これ病みつきです。

shugo-wine

ワインはお料理のバランスに合わせてソムリエの佐々木オーナーにお任せ。
先走ってパスタ2品を選んだ私達にやんわり「結構ボリュームありますから。」
とブレーキもかけてくれます。(笑

リエットは食べきるまで素敵なタイミングでパンが追加されるし、
控えめながら目の行き届いたサービスという印象。


しゅうごパスタ

悩んだ末に選んだのは、燻製塩豚と焼き玉葱のトマトソーススパゲッティ。
正しい判断でした!香ばしい塩豚ががっつりお酒にもあい、濃厚なトマトソース
に甘〜い玉葱がしっかり主張、まったりパスタ!

チーズだけでこんなにクリーミー?と不思議でしたが、後日卵黄だったことが判明。

手持ちの料理通信1月号イタリアン特集「リピートする味」36レシピに、
なんとこのパスタのレシピが載っておりました〜。
チーズはグラーナパダーノとペコリーノのダブル使い、なるほど〜。

シンプルパスタもいいけど、外で食べるならこれくらいプロの凝ったものもいいです。


shugo-chicken

メインはチキンのロースト、中からとろ〜りカマンベールが。
ベリーの美しいソースと添えられた苦味のある野菜でぐっと大人の味に。

これは赤高菜と言っていた気がします。


お腹は程よくいっぱいですが、デザートは美味しくいただけるくらい。
我々は例のごとく飲み続けてしまいましたが。



ふと以前ウー・ウェンさんが言っていた、

「美味しそうに見えるってことは美味しいってこと。」

という言葉を思い出しました。
美味しそう〜食べたい!と思わせれば8割成功?!

最後の仕上げ、盛り付け修行の為にも、美しい一皿をいただきましょう。


SHUGOのセンスはとても好みタイプ、気に入ってしまいました。
神楽坂っていいところ〜。(笑
夜中に美味しいパスタが食べたくなったらここがある、心強いです。


ほろ酔い気分で路地裏を散策しながらもう1軒隠れ家バーへ。
素敵な一夜でした。


神楽坂しゅうご@グルメぴあ

「神楽坂しゅうご」オープン@sunny felt at the lanai
神楽坂 イタリアン しゅうご@浅野屋社長のブログ


神楽坂しゅうご (カグラザカシュウゴ) (イタリアン / 飯田橋、牛込神楽坂)
★★★★ 3.5



レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。