2009年05月14日

ホワイトアスパラ&雉鴨会【前編】

3月頃から、いただきものの雉丸があるから、どう食べない?
いいね、鴨と食べくらべで!という話を友人みちさんとしていたのですが…
何度か都合で流れまして。

そうこうする内に定例のホワイトアスパラ祭り、の季節になったので、
合同となったわけです。

wa-asp.jpg

今年はゲストがイタリア産をお持込み。

wa2.jpg wa1.jpg

私は準備手伝いというほど何もしてないんですが、主にタレ参加で3時頃到着。

ビールを飲み飲み、雉君を塩と胡麻油でマッサージ。
雉って鴨ほど脂がないし、焼きすぎるとパサっとするイメージなので、
お腹にも胡麻油を注ぎ、実山椒も入れてみました。

雉は愛媛県鬼北町で育ったもの。現地は雉ごはんや雉鍋なんかにするようです。
なのでちょっと和を意識した、でもワインにもあう味噌ベースのタレを作りました。

ちょうどみちさんとこに素敵な青い!ザーサイがあったので、刻んで
それも混ぜました。
フレッシュですごく美味しい。

wa3.jpg

さ、以下どんどん続けます。ブーイングがきそうな食べっぷりですが、
えっと一応メンバーは9人くらいですので…と先に言い訳を。

wa-sf.jpg

まずはホワイトアスパラのスフレ!すぐ、すぐ食べないと。
ふわっふわでシンプル、泡のつまみに最高です。


wa-fugu.jpg

下関在住の母が河豚屋でバイト(笑)しているのですが、自作フグたたきを
送ってきてたので、スライスして、柚子胡椒xオリーブオイル醤油だれを。
みちさんのグリーンアスパラマリネ添えで。

すみません日本酒飲みたくなっちゃいましたね、えぇ利き酒師のゲストの方が
しっかりお持ちくださってましたけど、ふふ。


wa-ika.jpg

ほたる烏賊のダシ和え、みちさんナイスアイディア。
ダシって山形の、あの野菜を刻んであるやつです。豆腐にかけたりなんにでも便利。
前友人が作った醤油ベースのダシも美味しかった〜。

wa-s.jpg


アスパラを茹ではじめてからソースの準備。ちょうどこの前深夜TVで、
ジュエル・ロブションがアスパラのムスリーヌソースというのを紹介していたのでやってみました。

構成する材料はオランデーズと変わらない気がするのですが、バターたっぷりの
割りに軽く感じられて美味しかったです。
卵xバターxクリームxレモン汁はやはりアスパラと相性がよいようで。

wa-ms.jpg

もう1つはマスタードソースをテキサス在住のよしえさんが作ってくれました。
これもパンチが効いてて美味。

wa-ms2.jpg


先日大人の遠足時に野菜のグラタンをいただきながら、「アスパラ、味噌漬け
にしといてもおいしそうじゃない?」なんて言ってたのをみちさんが
しっかりやってくれていました!味噌x粕漬けホワイトアスパラ焼き。
半日くらいしか経ってないと言ってましたが超絶おいしい。

wa-miso.jpg

えぇえぇもうなんと言っても日本酒です。しかも古酒を燗で…。

wa-sake.jpg

おっとすみません、時間切れです…続きはまた後で〜。

posted by 油売りエマ at 18:37| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | パーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、何度見ても食い過ぎですね(苦笑)

また今度美味しいお酒お持ちしますので食いすぎましょう♪
Posted by じゃり at 2009年05月15日 09:29
じゃり様>

えぇ、もう見るだけでお腹一杯(笑
今度日本酒会しましょうね。
Posted by エマ at 2009年05月15日 20:53
お〜エマさんの写真、臨場感があって、すごいね!Yoshieさんとあれも美味しかったねーあっ、コレ食べたの忘れてた!とかいろいろ言いながら楽しく拝見しました♪♪はい。次回は日本酒編とワイン編と2回やりましょう〜。えーっと、春巻きはどっち?もしかして紹興酒編も必要(汗?

しつこいようですが、あのマカデミアナッツ山椒だれは最高だったあ、来年もお願いしますね。あ、これは鴨だから、来年まで待たずにまた食べられるかな♪♪
Posted by みち at 2009年05月16日 13:06
みちさん>

あ〜春巻きそうねぇロゼでも紹興酒でもいいかも、
海老揚げも。

じゃ3部?(笑

私今回の一番は味噌漬けかも〜!
絶対やろうっと。毎度ご馳走様です。
Posted by エマ at 2009年05月16日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック