2009年06月05日

台湾料理 麗郷【渋谷】

studio.jpg

5月某日、中目黒のスタジオで仕事が終わり、渋谷に送ってもらったのが夕方。
あ、こんな仕事も請け負ってたりして…↓

油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ@日本植物油協会


渋谷、夕方、水曜日(映画千円)!ということでちょうどいいタイミングだった
スラムドッグミリオネアを鑑賞。

ふぅまぁちょっとビールでも飲みますかと近くのアイリッシュパブへ。
スモーク鯖パテをつまみにキルケニーで一息♪

この時はまだ真っ直ぐ帰って何か家でご飯を作る気だったのですが…。
飲みながら、いや渋谷ならベトナムもあるし、久しぶりの台湾もいーなーなんて。

ピコピコと携帯メールで友人を呼び出し(笑 
「台湾気分です、龍髭前集合!」と渋谷センター街を突っ切れば、あれ??

がーん、龍の髭改装中ですって。

でもすでに気分は台湾、あ、もう1軒老舗があるよねと向かったのは
煉瓦造りの麗郷(れいきょう)
2Fに上がるも満席、1Fカウンターの端っこに落ち着きました。

reikyo-c1.jpg reikyo-c2.jpg

ここがなかなかのナイスビュー(笑 
腸詰のカーテンごしに料理人の仕事が一望できます、ちょっと手元は見えないけど。

「あ、Aさん蜆と炒飯担当だ」とか
「麺はCさんの模様」
「Bさんがずっと煮てるの何かしら」なんて興味津々。

何はともあれまず紹興酒のボトルを頼んで、これは外せないしじみから。

reikyo-shijimi.jpg

にんにくがたっぷりで美味しい!
これ醤油漬けだと思うけど、ほんのり味噌っぽい感じもします。

reikyo-kinshinjpg.jpg

その日のおすすめ、フレッシュ金針菜(百合の蕾)炒め。た〜っぷり!
台湾って小皿料理のイメージがあるけど、ここは4人くらいで来た方がいいかも。

いろいろ食べたい私達、ちょっと次に選ぶメニューじっくり考えないと…。
ま、残ったらテイクアウトする気満々で。



なんか今揚がった団子も美味しそうだった、春雨もいいし大根餅も食べたいかも、
でもやっぱり腸詰かなー。
メニューを何度も熟読し…あ、これいってみる?となったのは…↓

reikyo-ahiru.jpg

アヒルのスモーク。や、やっぱり多い(汗
北京ダックだとパリっとした皮が美味しいけど、これは結構しっとり。
肉厚の燻香のついた身が楽しめます。お腹膨れてきました。


でも最後にもう1品?とまたまた飲みながら迷い…。
結局目の前のAさんにお鍋を振ってもらうことにしました。

reikyo-kanicha.jpg

蟹炒飯!なんかあっという間に出来ちゃってよく見えなかった(笑
基本のシンプルな具、ほっとする味。


しみじみ美味しい台湾料理でした。
そうそう、次回は絶対バーワンを頼むつもり。寺山修司も推薦!

■知恵蔵 麗郷の肉員(バーワン)@■ 知恵蔵 チーズ&ワイン ナチュラルライフ ☆




さて、名物の腸詰、ちまきはしっかりお持ち帰り!

reikyo-choudume.jpg

翌日の素敵ランチに〜♪ 腸詰についてるピリ辛のタレがまた美味しい。

reikyo-chimaki.jpg

粽って作ったことないんですが、いつも冷凍庫にあったら幸せだわー。
ちまき自慢レシピ、教えてください!

店情報などは以下をご参考に↓

麗郷 渋谷店 (台湾料理 / 渋谷、神泉)
★★★☆☆ 3.5



台湾料理「麗郷」@気分しだいで食べりゃんせ♪

麗郷@エル・オンライン

麗郷〜渋谷@東京くいだおれDOOL

「渋谷 台湾料理 麗郷(れいきょう)の腸詰め」@じぶん日記

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:麗郷 台湾 腸詰
posted by 油売りエマ at 18:31| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | いい店 旨い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フ、フ、フレッシュ金針菜!?きゃぁ〜!食べてみたいです!
貧血改善の為に乾燥金針菜は常備してるけどフレッシュものは未だ食したことがありません。
あぁ・・・蟹炒飯も腸詰も美味しそう・・・。
Posted by ゆみ at 2009年06月05日 20:00
ゆみ様>

私も〜乾燥も好きだけど、生はたま〜に生を
見つけた時は絶対買ってしまいます。
ちょっとだけぬめりがあってしゃきっと美味しいですよ。
馬レバー美味しそう…。
Posted by エマ at 2009年06月07日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック