2009年06月24日

バラフ/アイスプラント

baraf.jpg

友人かおりんの誕生祝いごはんで、友人A嬢が作った美しい前菜です。
いろいろ出てきて食べるのが楽しい!

汲み上げ湯葉に帆立、甘海老、舞茸、白きくらげ、長芋、枝豆…
そして海ぶどうのような食感のアイスプラント。

パッケージにはバラフと書いてありますが、ソルトリーフとかクリスタル
リーフとか、商標によって呼び名が違うようです。

クリスタルリーフ/ソルトリーフ/バラフ/プッチーナ/ソルティーナ
@東京の中心で地方を考える



噛むと塩っぽいのがおもしろいです、基本は生食?と思いますが、izumimirunさんの
フリッターレシピ
もおもしろい!


でもこれだけをいっぱい食べたら塩分取りすぎになるのかしら(笑
ソルティドッグとか塩気の合うカクテルにも使えそうです。


baraf2.jpg

夏にぴったりの冷菜、味付けは湯葉のタレかダシ醤油に山葵を添えてどうぞ。


レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 21:56| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 食材・外で食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でた!きのどぐなたべもの。5年ぐらいまえに、商標でおおもめにもめにもめたんですよ。栽培に成功したけど、独占しようとしたのが失敗で、広がりが妨げられたんですね。あまおうだってトチオトメだってだれがみてもイチゴなのに、そのまえに商標をアピールしたことがあだになったと勝手に推測してます。バラフは佐賀で商標とってこれが最初じゃなかったかな?たしかこれがもめた!アフリカ原産だからフランスやヨーロッパからはいってきたものでしょうね。アフリカはまだまだ見たこと長いものが多いですね。記憶に間違いがなければ、現地で判っている品種のうち商品化や成分が解明されているのは約2割程度しかないそうですよ。ものずごいポテンシャルですね。
僕も好きです。なんかこれだけでツマミって感じだよね。
Posted by あなご at 2009年06月25日 17:15
はじめまして。TBありがとうございます。
これは面白い食材ですよね!
砂漠の土壌改良にいいらしいです。
まだマイナーですが、きっとこれから市場が広がると思います!

それにしてもこの前菜はクリエイティブですね!食べてみたい!
Posted by イラシ at 2009年06月25日 22:49
あなご様>

そうみたいねー、あれ、どれが正式名、全部
一緒?みたいな。
ソルトリーフは国立ファーム(高橋がなり氏)の商標のよう。

フランスではフィコイド・グラシアル。
いつか買ったサボテンみたいのより美味しい。

Posted by エマ at 2009年06月26日 17:17
イラシ様>

ナイス記事でしたので紹介&TBさせていただきました。
コメントありがとうございます。

ようこそ日本へ、という野菜ですね(笑
前菜、魚介の宝石箱風です。
Posted by エマ at 2009年06月26日 17:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。