2009年09月23日

ウニのせ嶺岡豆腐/オマール海老のおつまみとパスタ

泡やリースリング、フルーティな日本酒にも合う前菜です。

om-z.jpg


◆嶺岡豆腐のすっぽんスープ餡雲丹のせ◆

嶺岡豆腐は以前も書きましたが豆腐料理店梅の花で売っていて、昔から好きなんです。
何気なく検索したら作り方が出てきたので、初挑戦してみました。

参考レシピ:もっちり☆嶺岡豆腐/クックパッドnao-miさんのレシピ

今回は型で固めて切るんじゃなくて、グラスで固めるので葛粉の量を少し
減らしましたがそれでもかなりむっちりの仕上がり。
もっとゆるくてもよかったくらいです。

ちなみに金の縁のガラスの小鉢は耐熱性、レンジはだめだけど茶碗蒸しなどの
蒸し物はOKなので便利です。(リヴァンスで購入)


牛乳、生クリーム、葛粉のみの味付け無しなので、餡は濃い目に作りました。
すっぽんスープをちょっと濃くしてこちらも葛餡に。

でもちょっと塩気が強すぎたので芳香落花生油をちょっと混ぜてのばしました。
えぇ油で割るって使い方もございます。照りも出てちょうどいい感じ。
あとはじゅんさいとウニをのせました。

嶺岡豆腐は味噌ダレ、柚子味噌、海老や蟹、イクラに塩辛などいろいろのせるだけで
ちょっとした先付けにもなっていいですね。

練りゴマを混ぜればもっちり胡麻豆腐風で美味しそう。


あ、そうそう、呉豆腐も美味しいよねぇなんて話してたけど、やっぱりこの
プルプルもっちり感も葛なんですね。
えっとですね、ジーマミー豆腐が好きならいけるはずです。

呉豆腐の揚げ出しとかも美味しいんですよ〜!

参考:プルプル呉豆腐/From my kitchen



◆オマール海老のホオズキドレッシング和え◆

オマール海老はさっと3分ちょい、半生に茹で上げ殻はキッチン鋏で
カットして身を取り出しました。

最初はスライスしてカルパッチョ?と思ったけど柔らかいのでドレッシング
で和えてレンゲにのせました。


ドレッシングは甘くトロピカルな香りで程よく酸味もあるホオズキで。
香りを生かすためノンローストでさらっとしたアルガンオイルと塩少々を
フードプロセッサーに掛けるだけ!

簡単だけど甘酸っぱく個性のあるドレッシングになりました〜。


レンゲに高く盛ってから、数滴香りのあるローストアルガンオイルを垂らして
みました。一番上のオマールだけ香ります。

アルガンオイルはやはりちょっと個性的なナッツの香りがします。
ホオズキならやっぱり柑橘系に合うオリーブかちょっと青っぽいアボカドの
方が合うかな〜。


om-p2.jpg


パーティーの翌日は至福の残りものランチ♪
アグレスティスオリーブオイルxバターでオマールの頭と殻をエシャロットの
微塵切りと一緒によく炒め、たっぷりの白ワインとサフランを加え煮出します。

あ、赤ピーマンもあったので微塵切りも加えました。トマトでも。

煮詰まったら茹でたリングイネを移し混ぜながらスープを吸わせ、仕上げに
生クリーム少々を加えます。


om-p.jpg


◆オマール海老のリングイネxホオズキドレッシングのサラダ◆

真ん中の黄色いのがホオズキドレッシングです。
クレソン、ロメインレタス、アンディーブのサラダにもよく合いました。

パスタの黄色は海老味噌とピーマン、サフランによるもの。
バター、海老、サフラン、クリーム…美味しいに決まってる味!でした。


使ったオイル:芳香落花生油アルガンオイルアグレスティスオリーブ油

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 05:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ アルガンオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック