2009年11月06日

鴨ロース山椒風味

ks.jpg


前日作っておいて、軽く温めても、冷製でもスライスするだけで出せる
鴨ロース漬けはパーティーなどにも便利。
コツさえ掴めば作り方も簡単ですよ。


漬けダレをアレンジするとワインにも、日本酒にもあうおつまみに。

かえしや麺つゆ、醤油、砂糖をベースに調整し、葱や生姜、セロリ、香辛料、
酒かワインを飲み物に合わせブレンドしましょう。

葱x生姜x酒x山椒なら和風。
セロリxワインxクローブxローリエxウスターソースで洋風など。

今回は赤ワイン用だけど、醤油ベースに赤ワインと醤油漬けの山椒も
たっぷり入れてスパイシーな味にしてみました。

鴨が焼けたら熱々の煮汁に漬けられるように隣の鍋でスタンバイしておきます。


ks1.jpg

鴨ロースは全体をフォークでつついて軽く塩・胡椒ししばらく置いておきます。
焼いてそのまま食べる時は格子状に皮目に切り込みを入れたりします。

皮側から油をひかないフライパンで焼くと、鴨の油がどんどん出ます。
取っておいてポテトを焼いても絶品。

今回は茄子に吸わせながら焼いてみました。
煮汁は濃い目なので敢えて切り込みなしで。葱を焼いても美味しそう。
それでも油が多いならペーパーなどで拭きましょう。

皮側がパリっとこんがりして、しっかり焼けたら反しますがこっちはもう2割程度。
鴨は切った時ピンク色くらいがいいです、火を入れすぎると硬くなります。
大きさにもよるので何分ってのも分からないのですが、中はまだレアでしょう
程度で引上げます。

※このまま食べる時はホイルで包んで保温か、大きいものは5分〜10分
オーブンに入れてから切り、お好みのソースを添えてどうぞ。


ks2.jpg

茄子と一緒にコトコト… と言っても火を入れるのは2分程度で、あとは
火を消し煮汁の中で冷ましながら一晩おきます。

切ってみてあまりに赤ければ再度少し煮ればOK。
くれぐれも火を通し過ぎないようにご注意ください。

和なら練り辛子を添えても美味しいです。

ks-3.jpg

また鴨の旨みも加わった煮汁も美味しい。
割って鴨せいろやうどんつゆにも使えますよ。

少な目のつゆをかけて蒸し上げる作り方もあります。
何度か作ると感覚が掴めると思います。
あとはやっぱり鴨の質で仕上がりの柔らかさは違うかも。


スライスした鴨肉が売っていたら、小鍋仕立てで芹やクレソンなど香りの強い
野菜と濃い目のタレでしゃぶしゃぶにするのも美味しいですね。

そして赤ワイン向け鍋のあとごはんはこちらをどうぞ↓
赤ワイン向け鍋の〆


レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


ラベル:
posted by 油売りエマ at 17:11| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(1) | レシピ バター 動物脂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えまさんのお料理はいつもおいしそう〜、涎。空腹の時なんてたまりません。簡単にアレンジできるものならその日のメニュー決定!間違いなしです。
ところで質問ですが、えまさんは鴨肉や羊肉はどこのお店を利用されているのですか??
我が夫がアフガニスタン人なのですが、主食であるおいしい羊肉を食べたい時があるようで、うずうずしております。。。
教えていただけると嬉しいです♪
Posted by tomdah at 2009年11月06日 17:41
肉のジビエの季節ですなぁ

今日でた 料理通信 食楽

みんな肉特集だし
Posted by ウソムリエ at 2009年11月06日 18:29
tomdah様>

こんばんは!いつもありがとうございます。
鴨や羊、大容量なら海外向けスーパーとか
卸し系のとこが安いけど家庭用だとなかなか…
結局ネットでまとめ買いが多いかも。

お肉だけまとめてならグルメミートが羊も鴨もいっきに買えますよ。
http://www.gourmet-meat.com/

あと他の食材も一緒なら最近ハイ食材屋とかも使ってます。
http://item.rakuten.co.jp/hi-syokuzaishitu/c/0000000119/

ご参考に〜。

アフガンの羊料理、教えて欲しいです〜。

Posted by エマ at 2009年11月06日 22:18
ウソムリエ様>

えぇジビエとワインですね。
でも肉はたまににします。もう限界(笑
Posted by エマ at 2009年11月06日 22:18
うわあ、おいしそう!
山椒がいいアクセントになりそう。
焼き加減が難しそうですが、安くない鴨、失敗できませんね。
今度チャレンジしてみよう!
Posted by ぴくるす at 2009年11月07日 09:22
ぴくるす様>

こんにちは!
山椒大好きなんです〜。

皮側をとにかく油をいっぱい出しながら
こんがりするまで焼くのがコツです。

まだ切る時どきどきしますけど!
プロの本とか見るときっとグラムあたり
何分加熱とかあるかもしれませんね。
Posted by エマ at 2009年11月08日 18:19
エマさん、羊肉情報ありがとうございます!
早速ネットで調べて頼んじゃました、笑。
もう涎ものですよ、エマさん情報は、ふふふ。
アフガン料理は、トルコやイラン、ロシア、ウズベキスタン、タジキスタンなどのいいとこどりって感じでおいしいですよ!ご飯を炊く時に羊肉やニンジン、レーズン、アーモンドを入れて炊くのが夫の好物です。炊飯器にその後匂いがついてしまうのが難点なんですが・・。
どれもおいしいのですが、日本にはレストランはあまりないですね〜。アフガニスタンは海のない国なので塩は自分から積極的に摂取するようで味付けが日本人にはしょっぱいかも。
ちなみに、海のない国出身の夫はスーパーの魚売り場が大好き。魚の解体ショーなんて興奮ものですよ〜。
Posted by tomdah at 2009年11月10日 18:51
tomdah様>

> ご飯を炊く時に羊肉やニンジン、レーズン、アーモンドを入れて炊く

うわぁ!美味しそう〜。
今度やってみます、仕上げにオリーブオイルを…ふふ。

ご主人魚気持ち悪いとか言わないんですね(笑
Posted by エマ at 2009年11月11日 14:24
>ご主人魚気持ち悪いとか言わないんですね(笑

最初は気持ち悪がっていました。魚の小骨も全部取ってからじゃないとのどに刺さって死ぬかもしれないと怖くて口にしませんでした(そんな柄じゃないだろー!って思うのですが・・)。
血合いは魚同士がぶつかった時にできたものだと本人は思っていたそうです、笑。
そして、わかめのお味噌汁を出した時はゴミがわかめをゴミだと思っていました・・・。
イスラム教徒なので、鱗のない魚や魚介類は食べられないのですよ、涙。
貝類大好きな私にとってはちょっと辛いですぅ。
Posted by tomdah at 2009年11月11日 18:39
> 血合いは魚同士がぶつかった時にできた

笑 かわいい 闘牛ならぬ闘魚の証!

あ〜貝、海老、タコとか…
確かに知ってる身にはちょっと辛いですよね。

Posted by エマ at 2009年11月12日 15:29
鴨肉はいつも「失楽園鍋」として食べるばかりです。だって、鴨ロースって作るのにハードル高そうなんですもの。

でもエマさんのレシピ参考にして今度作ってみようかな・・・。
Posted by イスタヌーカ at 2009年11月12日 21:25
イスタヌーカ様>

クレソン鍋?大好きです。
あれ赤ワインベースで濃い目出汁にして
黒胡椒かクローブ、山椒とかでがっつり
香りつけるのも美味しい。

鴨ロースも1、2回作れば慣れますよ。
焼いて漬けるだけ。
毎晩のバーボンの肴にもきっと合いましてよ。
Posted by エマ at 2009年11月13日 08:53
鴨ロース山椒風味
美味しそう

素敵なお料理有り難うございます

さすがです 
Posted by ryuji_s1 at 2009年11月29日 10:46
ryuji_s1 様>

いつもありがとうございます。
鴨大好きなんです。
Posted by エマ at 2009年11月30日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

料理レシピ紹介サイト: 鴨肉/鴨胸肉/合鴨(カモ/アイガモ) ブログでCookin
Excerpt: 「鴨肉/鴨胸肉/合鴨(カモ/アイガモ)」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してくだ..
Weblog: 料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin!
Tracked: 2009-11-08 00:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。