2010年03月03日

チキンと野菜のピメント煮込み

gr5.jpg


今日は雛祭りでしたね。
全く連動しないレシピですが、赤い具沢山スープです。



gr2.jpg

赤の正体はこちらピメントパウダー。
友人みちさんからのバルセロナ出張土産、可愛い缶入りパプリカです。

でもピメントって日本で売ってる肉厚の大きなパプリカより、唐辛子を
大きくしたような細長いもので、加熱しないでも甘みはパプリカより強いようです。


パプリカパウダーを見ると、なんとなくグーラッシュ!な気分になってしまう私。
ハンガリーの牛肉とパプリカ、トマトの煮込みです。


そんなイメージだけど家にあるもので…残念、生のパプリカも牛肉も無し。


gr1.jpg

牛蒡、蓮根、大根、人参…けんちん汁の具みたいですが(笑
キャベツとセロリ、生トマト1個、あとチリパウダーxニンニク醤油に
漬けて冷凍しておいた鶏の骨付き肉を使いましょう。


gr3.jpg

キャベツとトマト以外の野菜、鶏肉をざっと油で炒めたらざく切りの
トマトと潰したホールトマト缶、キャベツ、水を加え蓋をしてコトコト煮ます。

全体がくったりしてきたら、塩、パプリカパウダーをたっぷり加え
更に煮れば出来上がり。

オイルはアーモンドを使いましたがオリーブでも、サラダオイルでもバターでも。

野菜の甘みと骨付き鶏から出汁も出るので水で十分です。


gr4.jpg

ストウブ(鍋)
にお任せメニュー。
パプリカのなんとも言えない香りとトマトの酸味が美味しい。


gr6.jpg


食べる時にパセリ、サワークリームとEXVオリーブオイル、黒胡椒を振るのがおすすめ。

翌日もうまーな煮込みです。


使ったオイル:アーモンドオイル(サンプル)

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 16:19| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ アーモンド油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速使ってくれてありがとう。パプリカパウダーだと私もグーラッシュ!と思ったけど、鶏も美味しそう〜。赤って食欲を誘う色よね。確かに普通のパプリカより唐辛子自体の香りや旨みが強いかも。私は何にしようかな〜。パプリカパウダーで赤料理、いかすみで黒料理、ハーブで緑料理、と色でメニュー決めるのも面白いかな?
Posted by みち at 2010年03月04日 08:56
みち 様>

いただいた翌日作ったの。
すんごく美味しかった!
日本人はそんなに多用しないスパイスかもねー。
小さい頃実家ではなぜか茹でブロッコリーに、
マヨネーズ+醤油+パプリカ混ぜたたれだった!
Posted by エマ at 2010年03月05日 17:08
わぁ、美味しそう〜。見るからに身体が温まりそうなお料理ですね!!

でも、この缶全部使い切るには時間がかかりそうだね(笑)。いつでもおすそ分けいただきに伺いますよ〜。
Posted by ちー at 2010年03月05日 21:54
ちー様>

パプリカはいーっぱい使っても辛くないからね。
結構すぐよー!
今週は寒いので煮込みもいいわね。
Posted by エマ at 2010年03月08日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。