2006年06月04日

車麩、茄子、黒豆の煮物と薬膳粥

麩煮物

ちょっと胃腸が疲れた時におすすめのメニュー。

戻した車麩と茄子、黒豆(茹でたものか水煮缶)の煮物。
出汁と醤油、少々の黒砂糖と千切り生姜を加えて。
鶏肉など少し入れてもいいですね。

黒色に隠されたパワーの秘密、黒豆
ふらふらもちもち「麩」の魅力<health クリック>

薬膳粥


玄米に黒米を少々加えたので、こんな色に。
赤いのは棗(ナツメ)、干海老と乾燥百合根も米と一緒にコトコト。

米の7〜10倍位の水と一つまみの塩を加えゆっくり煮込むだけです。
滋養溢れる味。

淮山(わいさん)と言われ漢方薬とされる山芋を乾燥させたものもおいしくておすすめ。
戻して炒め物やスープなどに入れます。癖もなく、食感も良く、気力補給にいいのです↓

淮山(わいさん)

薬膳食材は深い味わいを出してくれるし、血のめぐりが良くなったり、体が
すっきりするなど、上手く取り入れるととってもいいです。
胃がちょっとーという時は陳皮(チンピ)山査子(サンザシ)のお茶を
飲んだり、スープに入れたり、手軽なところからはじめてみませんか?

ちょっと甘酸っぱい山査子は、ローズヒップとクコの実とレモン汁、蜂蜜や黒砂糖で
長時間煮てジャムにしてもおいしです。
お湯で溶いてホットドリンクにも。(美容に良さげな感じ!)

少量ずつ買える薬膳食材<日本橋 古樹軒>

毎日口に入れるものってダイレクトに健康に関わるので、気を使いたいものですね。

レストランレシピブログランキングへ   ひらめき人気blogランキングへ



posted by 油売りエマ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ ノンオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。