2011年05月13日

カロチーノマヨでウフ・マヨネーズ

相変わらず不穏な状況ですね、いろいろと。
花粉もそろそろ抜けるはずなのに、このところくしゃみに鼻詰まり、
喉や目まで痒い症状が、黄砂なのかなんなのか…。

更には歯の根っこまで炎症になって来ちゃって、いえ飲みは控えめなんですけどね。
何かと、身体の免疫力を上げておきたい今日この頃です。


抗酸化力と言えばカロテン、そしてビタミンE。
植物油はビタミンEが豊富なんですよ。


ufm3.jpg

マヨネーズをカロチーノクラシックで作ってみました。
赤い色は天然色素、原料はパームやし、そしてキャノーラです。

トコフェロールとも言われるビタミンEには種類がありますが、
中でもスーパービタミンEと言われる強力な抗酸化力を持つトコトリエノール
が含有されています。
カロテンとコエンザイムQ10まで入ってるんですよ。

結構モデルさんや美容業界の方は愛用してたりします。
癖はないので、普段のオイルをチェンジするだけ、ありだと思います。


さて手作りマヨネーズ、ブレンダー付属レシピにもカップに卵とオイルを
入れてガーっとやれば完成と書いてあるのですが、私は手の方が失敗しないです。
温度とか分量を守らないからかしら…。


通常は黄身に塩、ビネガー少々、オイルを細く垂らしながら加え泡立てますが、
今回は全卵を使ったふんわりタイプを。

卵だけをケーキを作る勢いで白っぽくなるまでしっかり泡立てます。
そこにオイルを注ぎながらもったり重くなるまで攪拌を続けます。


ufm4.jpg

塩とビネガー、お好みでフレンチマスタードや胡椒などで味を整えて完成。
カロチーノで作ると本当に素晴らしい赤身がかった黄色に。
チェダーチーズソースみたい。

塩加減を薄くして、味噌などとあわせて使うのもいいですよ。
いい油で手作りしたのでた〜っぷりいただきます!


ufm1.jpg

ほくほく新じゃがに(涙)


ufm5.jpg

こちらはビストロで食べたウフ・マヨネーズです。
王道フレンチメニュー! 卵&マヨネーズ。



ufm2.jpg

絶対うふふふふと笑ってしまう自家製半熟ウフ・マヨネーズ。


ufm.jpg

この鶉卵、大きいんです。思わず比較に普通の鶉も買っちゃいました。
ちょっと大きいだけで、なんだか恐竜の卵っぽく見えるのはなぜ。
(きっとパッケージのせいか・笑)


胡麻油やパーム油、クルミオイルなどを使って、市販では売ってない自家製
マヨネーズを楽しみませんか?


使ったオイル:カロチーノクラシック

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ カロチーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。