2011年09月02日

つるむらさきの油茹で

tmo.jpg


つるむらさき。
何と濃い美しい色でしょう〜。味も力強いですよね。

お浸しでも炒め物でもいいけど、私はその中間、温かいお浸しというか油茹でにします。



tmo2.jpg


ざく切りにして、太い茎は縦に切り込みを入れます。
中華鍋に菜種油を熱して根元の方から投入、じゃっと炒め更に先の部分も加えたら、
塩とお湯を加えて茹でるのです。

お湯の量はそんな多くなくてOK。
軸を齧って程よい硬さで引き上げお皿に。


tmo3.jpg


醤油やポン酢を回しかけ、仕上げにもちょっぴりオイルを掛けると、
しっとりジューシー艶やか、でも炒め物よりさっぱりな仕上がりに。


アレンジ版としては、最初にニンニクと炒め出汁で茹で、直接塩や醤油で味付け。
お好みで片栗粉でとろみをつけ絡めてしまう方法。

これもありです。


いずれにしろ、しゃっきり色よくたっぷり食べられます!
ツルムラサキ特有の香りが苦手でも、菜種油や胡麻油など香りの強い油を使うと
そんなに気にならないと思いますよ。

ビタミン、ミネラルも多いし、油と一緒に摂るとよりいいですね。
このとろっとした粘りがたまりません。


使ったオイル:焙煎タイプの菜種油


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 17:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ なたね油 キャノーラ油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっわー!もの凄く美味しそうなんですけど☆即作ってみます。(私のエマさんレシピ真似は、いつも超高速ー)
紫色のってあるの?緑色のしか見たことないな〜
Posted by sawa at 2011年09月03日 15:07
sawa様>

え、だってツルが紫だからでしょー?
根元は緑で上の部分が紫なのかな。

栄養満点な感じよね。
Posted by エマ at 2011年09月03日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。