2011年11月02日

ヒカリモノ会/ジンジャースープ

hk01.jpg


思い出すだけで涎が出るヒカリモノ会第二弾!
今回は、鰯、鯵、鯖に加わることコハダに秋刀魚!!

鯖だって鹿児島から朝獲りを空輸でございます。

しかも料理の達人の持ち寄りだと、ジャンルもいろいろなものを楽しめて
もう本当に楽しい会でございました。


全貌は美しい写真で完璧なレポートの以下ブログをご参照ください。



第2回ヒカリモノの会/ぺこはら日記

ヒカリモノパラダイス再び@第二回ヒカリモノ会(その1)/うまハッピーな日々
ヒカリモノパラダイス再び@第二回ヒカリモノ会(その2)



ちなみに第一回はこちら→鯵、鯖、鰯、華麗なるヒカリモノ会!



今回は楽して(笑)私の持参品と、お陰様の前後祭?模様をご紹介します。


hk02.jpg


アジのマリネはたっぷりの野菜ドレッシングで。
蕪、フェンネル、京人参、梨などを角切りにして塩を振り、リモーネとレモン汁などで
和えたもの。
たっぷり掛けすぎてアジが溺れてしまいました…。

紫の花は、ツルムラサキの花。
生だとちょっと土臭いけど食べられます。お浸しなどにいいみたいです。

フレッシュなにんにく胡椒とサワークリーム、マヨネーズを混ぜたものをそえました。
好みで一緒に食べると、結構ピリッと辛いのです。



hk00.jpg


アジトーストも試作しないで作ったのでちょっと固かったかしら。
ふんわりというより、蒲鉾に近い感じ。

生のアジすり身に酒、塩、ディル、ガーリック、卵白と片栗粉少々くらいだったか…。
食パンに塗って切り、多めのEXVオリーブオイルでこんがり焼き揚げます。

これはいろいろな薬味や例えばハンペン、豆腐などを混ぜていろいろアレンジできそう。
アジとイカとかでもいいかもしれません。

ビール向け。



jsp00.jpg


大量のヒカリモノ摂取中にはやはり生姜でしょう〜。
ガリもいいけど、ジンジャースープを作ってみました。


jsp2.jpg

生姜と蕪もいいなと思ったのですが、今回は紅あずまで。
新生姜、相当量入りました。


jsp1a.jpg js1b.jpg

スライスした紅あずまと新生姜をひとかけのバターで炒めて、和風出汁で
柔らかくなるまで煮てミキサーにかけるだけ。
あとは塩のみ。

かなりピリピリきます!ホットなジンジャースープ。
朝食にも良さそう。



パーティー前夜祭やら?翌日のメニュー♪

hk05.jpg


鯖の味噌煮。これはもう白ご飯でしょう〜。



hk06.jpg


いただいて来たアジのエスカベッシュ(のイタリア版)はチーズと一緒にアジホットサンドに!

hk06b.jpg



hk03.jpg


塩漬けアジはフレッシュトマト、ケイパー、フェンネル、ディルとイタリアンパセリの
トマトソースに入れて…。


hk04.jpg

アジのトマトソースリングイネで堪能〜!


いや〜飽きません、ヒカリモノ!
次回開催がもう待ち遠しいのです。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 21:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AHS来た!!!←鰺ホットサンドの略(笑)。
Posted by 千茱萸 拝 at 2011年11月02日 21:38
千茱萸部長>

あ、投稿せねば!
Posted by エマ at 2011年11月04日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。