2006年12月21日

<旬野菜・旬魚>京のかぶらと寒ぶり重ね

京野菜

京都上加茂のヨッシーから瑞々しい京野菜がどっさり届きました!

画面に入りきらない大きな白菜、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、
かぶら、九条葱、金時人参、聖護院大根、春菊… 感動。

飲み会シーズンと被り落ち着いて料理できない今日この頃、毎日野菜のことで
頭がいっぱい、いかにしてどの順番でどう食べるべきか!

それにしても凄い量…。ねぇさん鍋は正解です。
夜中に帰っては白菜を刻み、塩を振ったり漬けたりとなんか小料理屋の仕込み
のような毎日です(笑。

そろそろお正月モード(あ、その前にクリスマスか)なので、これまた簡単酒肴を一品ご紹介。

お正月の昼から冷酒で、、お父さん、ご主人様、大きい娘に喜ばれること間違いなし! 
蕪、かぶ、かぶらと天然鰤のサンドイッチです。
(かぶらって「ら」つけただけで京都っぽいと思う私)

カブと寒ぶり

切って甘塩または昆布塩を振ってしんなりしたかぶらに、ブリのお刺身を挟むだけ。
(で、4分割)
紫蘇の葉を入れてもいいのですが、無かったのでかぶらの葉を使いました。
ちょっと塩をしておけばもさもさ感もないですよ。

脂ののった寒ブリを上品にさっぱり頂けます。
かぶら独特の香りと甘み、ジューシーさも存分に味わえます。

ちなみにかぶらを2mmくらいに切る技術のある方は薄くスライスして、甘酢に漬け、
ブリと紫蘇を巻き込むと透けてキレイです。

?今回出来なかったのは包丁のせいなのか…。
いや、多分前回は大根をスライサーでスライスして巻いて輪切りにした気がします。


レシピブログ『わたしの旬レシピ・12月』

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 16:19| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ ノンオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーなるほど。
エマにかかるとこうなるわけね。
ブラボー♪

うちはスライサーを使ったよ〜♪
1ミリくらいに切れて便利です。
Posted by みがきっく at 2006年12月23日 00:56
> エマにかかるとこうなるわけね。

えぇ基本酒肴ですから(笑


かぶ大きくてね、まんまスライサーの横幅こえてた…。
ほんと新鮮で旨いから何もしなくていいのよねぇ。
Posted by エマ at 2006年12月25日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック