2013年03月26日

ろーまという春菊

rmn1.jpg


画像が埋もれていて旬が過ぎてしまいましたがせっかくなのでご紹介します。
下関(山口)の実家に帰った時スーパーで見た「ろーま」。
ろーまって何よ?と聞けば癖のない柔らかな春菊とか。
え、いつからあったのかしら…。

一瞬湯通ししてお浸しにしたらすごく美味しい。
生でも美味しい。
東京では見かけないし、何でろーま…。

こちらのサイトには、河豚ちりに入れる用にローマから種を持ち帰ったと
書いてありますけど。
http://sumire-ryokan.com/modules/sumire/index.php/fuku/fuku_kodawari.html


2月に母が送ってくれたので、鶏ささみと梅和えにしてみました。

rmn3.jpg

一瞬湯がいて水気を絞ったろーま、さっと茹でて手で裂いたささみ、大根も
ささみと一緒に茹でました。もうちょっとしゃっきりでもよかった。

これを梅肉、白醤油、柔らかな風味のえごま油で和えるだけ。


rmn2.jpg


海苔で巻いて、むーやはり美味しいですろーま。
しゃっきりしつつも葉は柔らか、ぺろりです。
冬に見かけたら買ってみてくださいね。

今ならホウレン草やルッコラなんかで作ってみてください。


使ったオイル:奥出雲産えごま油えにしの雫(発売準備中・店舗にて先行販売)

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 03:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材・外で食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。