2013年08月30日

海老とめかじきの爽やかカレー

yc.jpg


魚介で薄い黄色のカレー、というイメージで作りました。
タイやマレーっぽい味も作りたいのですが、どうしても自分だと
インド寄りになっちゃいます。
マレーやタイって結構砂糖が多いからかなぁ。
外で食べるのは美味しいし好きなんですが、砂糖量を見てないからかも(笑)。


今回はトマトとヨーグルトを入れるのは我慢して(笑)ココナッツミルク
を使ってみました。

結局調味料やスパイスはボーダレスな組み合わせですが、そもそも
カレーなんて自己流、一期一会!?なものなので、美味しく仕上がれば
OKですよね。

今回は狙い通り「爽やか」にできました。


以下材料は参考までです。分量は相変わらず適当です〜すみません。
入れたもの、下線引いてみましょうっと。

EXVオリーブオイルマスタードシードをざーっと。
弱火で加熱しながらカルダモンのホールコリアンダーの粒黒胡椒をスパ
イス鉢でごりっと潰しながら加え、シードがぱちぱちはねてきたら
スライスした玉ねぎを1個分投入、黄色パプリカのスライスと冬瓜も
加えじっくり炒める。

チキンカレーじゃないので茶色になるまでは炒めず、透き通ってきたら
生姜とにんにくのすりおろしを加える。生姜をにんにくの倍くらいにしました。

粉のスパイスをどんどん加えます。
ターメリックカレー粉少し、レッドペッパーコリアンダーカルダモン
はパウダーも追加、これが爽やかさの素なので。

全体がよく馴染んだらココナッツミルクと水カレーリーフ(ドライ)、
トマトペースト少々も加えぐつぐつしてきたら弱火にして、
下ごしらえしたメカジキを加え、少し後で海老も加えます。

海老は殻を剥き、背開きにしつつ背わたも取り、塩、片栗粉で揉み洗いして
(中華の下処理だけど!ぷりっぷりで新鮮な海老なら不要)
水気を拭いたら、塩とターメリックをまぶしておきます。

メカジキも水気を拭いて塩胡椒とターメリックを振っておきました。


そうだ、メカジキを入れる時スライスしたマッシュルームズッキーニ
も加えました。
魚介はあまり煮込み過ぎない方がいいので、塩、ヌクマムで味をととのえ
ちょっとだけレモンを絞って仕上げました(ライムでも)。

ココナッツミルクの甘い風味がちょっと引き締まっていいですよ。
レモングラスが切れていたけど、入れたら美味しかったはず。

最後の最後にプランターからうちのバジルをちぎって投入、ミントや
コリアンダーでもいいですね。

こんな感じです。風味は甘いけど爽やかスパイシー。
ぷちっとしたマスタードの食感と粗い黒胡椒の辛さ、
時おり口の中で爆発するカルダモンが(笑)いっそう爽やかで美味!

白ごはんでも、バゲットでもいいし、残ったらフォーやそうめん
入れてもいいですね。
あータイ米も切れてました、残念。


カレーバリエーション、もっともっと増やしたいです。


使ったオイル:オラベオーガニックオリーブ油


kjk200.jpg

ザクッと美味しいマグロカツ!おつまみブログにアップしました。


レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


ラベル:カレー
posted by 油売りエマ at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。