2013年09月26日

山椒香る秋の旨煮

umn.jpg


半端に残っていた鶏ひき肉を水に混ぜ、酒と麺つゆも加えて中華鍋で加熱、
白菜と千切り生姜、舞茸を加えたら塩を振り、蓋をしてしんなりするまで煮ます。

テンメンジャン、えのきだけ、生木耳を加えもうひと煮立ち、水溶き片栗粉で
とろみをつけたらしっかり加熱。

最後に菊の花を散らして、山椒香味油をよく振って回しかけて出来上がり。
途端に山椒のいい香りが漂います。

とろとろのキノコと白菜にピリピリの山椒の刺激がたまりません。
お子様にはオイルをかける前に取り分けて、ごま油をどうぞ。


使ったオイル:紀州 山椒香味油(こめ油)

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


ラベル:煮込み 山椒
posted by 油売りエマ at 13:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ 山椒香味油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。