2007年08月10日

<旬魚>炙り鰹のジンジャーオリーブソース

鰹のオリーブ油ソースかけ

ちょっと辛味がある和風味だけど華やかな香りがぶわ〜っと広がります。
焼いて掛けるだけでこの美味しさ!オリーブオイルマジックです。

是非やってみて下さい。

ディ・パスクアーレ、イタリア中部アブルッツォのEXVオリーブオイル大さじ2、麺つゆ大さじ1、生姜のすりおろし小さじ1、柚子胡椒を小さじ半分くらいを混ぜるだけ。

塩分は味を見て醤油を足したり、辛さもお好みで加減してくださいね。

オリーブオイルソース

ポテト、隠元、スティックセニョールはレンジで蒸して(クック膳使用)から
軽くガステーブルのグリルで焼きます。(トースターでも)
鰹もサクのまま両面を炙り厚めにカット。(中はレアで)

ソースをたっぷりかけて!
鰹と相性ばっちり、生姜醤油ほど強くなく旨みたっぷりでまろやか。
イタリア人に教えてあげたい。。

でもつくづくオリーブオイルって自然のソース、旨味調味料だなぁと思います。
だからこそ、とびきりのオイルで作らないと駄目です!
手抜き料理でもグレードが格段にあがりますから、使わない手はないのです(笑。

鰹のオリーブオイルソース

使ったオイル:本日発売!ディ・パスクアーレEXVオリーブオイル

ディパスクアーレ

レシピブログ『わたしの旬レシピ・8月』


posted by 油売りエマ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。