2007年09月07日

黒米入り玄米

黒米チャーハン

実家では私が小さな頃から玄米でした。
お弁当も玄米で、どうしてうちだけ茶色いのかなぁと子供の頃は思っていました。

一人暮らしをはじめてたり、外食が多かったり、仕事が忙しいと、
段々白米も増え、玄米をほとんど炊かない時期もありました。

お酒も飲めるようになり(笑 米粒を食べない夜も多くなってきて…。

でもやっぱり周期的に玄米回帰が訪れます。
「あー玄米と納豆食べたい!」ってなるんです。

で、土鍋でどっさり炊きます。最近は炭とにがりを加えて。
玄米にひとつかみの黒米を混ぜるのが最近は多いかな。

芳ばしい玄米を噛み締めると甘くて身体中に満足感が。
止めると分かる、玄米の良さ。

体調がいいし、胃もすっきり。
無駄に太らない(太りにくい)し、満腹感があるので多食しない。

なんか身体がダブついて来たら、ゲルマ、足つぼ、玄米食。
これが私のデトックスかも。


チャーハンは普通に作ってパラッと仕上がって美味しいですよ。
ネギ、明太子、紫蘇の葉、卵、シシトウ入り。
油は米胚芽油太白胡麻油なんかで。

黒米チャーハン2


おこげにお水、塩・胡椒、カッテージチーズを加え煮込めば朝食にぴったりの「噛むお粥」。
えごま油をワンスプーン混ぜれば栄養的にもばっちり。

黒米粥

黒米粥2

エスニック料理にもぴったり。
タイカレーに添えるだけで、なんて美しい色合い!

黒米タイカレー

今はマクロビのせいか?ダイエットブームか、玄米を食べる人物凄く増えましたね。
私が小さい頃は珍しがられたもんでしたよ(笑。

おかげで各産地の玄米しかも無農薬や有機栽培ものも簡単に手に入るようになりました。
レンジ用パックの発芽玄米・五穀米入りも珍しくないし。

便利な世の中です。

健康にいいからと言って無理やり食べるより、身体の声に耳を傾け
今欲するものに素直に従う方が本来の健康法のような気がしますけどね。

身体は毎日の食事で作られます。

「ごはん?なんでもいい」という方、弱ってませんか。
私の周りには「あれ食べたい。これ食べに行こうよ。」という人間が
やたら多いです、えぇ私も含め。

お互いの身体の要求が違いすぎると困る日もありますけど(笑。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ


posted by 油売りエマ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 食材・外で食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

料理レシピ紹介サイト: 玄米(げんまい)ゲンマイ ブログでCookin
Excerpt: 「玄米(げんまい)ゲンマイ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin!
Tracked: 2008-04-25 09:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。