2007年11月09日

残り野菜とオイル活用法

カレー材料

なんといってもカレーですよ!

さぁたまには、油の賞味期限など確認してみましょう。
半年前に開けて、微妙に香りの飛んでいるオリーブオイルや、
そろそろ使い切った方がよい油、ありませんか?

うちはありました、ちょっぴりずつ残っているオリーブオイル2瓶と
使ってしまいたいグレープシード油、カロチーノの底の方。

そして残り野菜。
基本のカレーは玉葱、ニンニク、生姜、スパイス、油、トマト缶さえあれば
出来るので後は何でも。
野菜だけでもいいし、お豆、ツナ缶、挽肉でも…
冷凍保存を考えてじゃが芋だけはパス。

作り方も一番楽々なフードプロセッサーお任せコース。
(ちなみに私の愛用品はブラウン社のマルチクイック
全てをピューレにして煮込むだけ!まるで辛い離乳食(笑
冷蔵庫すっきり、身体のお掃除にも野菜たっぷりのカレーをどうぞ。


本日片付いたもの!:

【野菜・魚】
玉葱2個、ニンジン1本、ニンニク・生姜たっぷり、
セロリ半本、りんご半分、カリフラワー1/4、
カブの茎、冷凍庫にあった蒸しタラ2切れ

【スパイス】
カレー粉大匙3+チリパウダー、ターメリック、クミン、ガラムマサラ
を適量追加

【油・調味料他】
EXVオリーブオイルレッドパーム油グレープシード油:1カップ以上
塩、トマト缶1、ブイヨン1個、水2〜3カップ、ソース、蜂蜜少々


作り方ポイント:
「玉葱とスパイスだけはじっくり炒めること」

フードプロセッサーの順番を考えましょう。

まず玉葱・ニンジンを細かいみじん切り状態にして炒めます。
この時しんなりしてちょっと水分が飛ぶまでレンジにかけてから鍋に入れると時間短縮。

茶色くなるまで炒めたら、ニンニク・生姜ピューレとスパイスを加え香りが立つまでしっかり炒めます。

後は気にせずどんどん投入、ことこと煮ながら味を整えましょう。
※セロリは炒めすぎると苦味が出たりするのでりんごと一緒にピューレにして加えるだけ。
タラもカリフラワーもカブの茎も同様に一瞬でピューレに。

おー、軽く12食分出来てしまいました…。
野菜の甘みとスパイシーな辛さ、サラサラ系の飽きないカレーです。

ジップロックあったかなぁ。

野菜カレー


◆週末はじっくり本格派◆
レンズ豆とチキンのインドカレー、生トマト入り
フレッシュトマト・海老・茄子のサラサラ爽やかカレー

使ったオイル:EXVオリーブ油カロチーノグレープシードオイル

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ


posted by 油売りエマ at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ ブレンド油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー♪
冷凍発送お願いしまーす(笑)

Posted by 京都みやん at 2007年11月12日 17:02
>みやん

こんなんでよければー。

っつーか、発送代で20食分出来るよぅー。
京都出張シェフのがいいな、呼んで〜!
Posted by at 2007年11月13日 01:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。