2008年01月03日

蟹に終わり海老に始まる

蟹三昧

大晦日は蟹三昧。花咲蟹とタラバのアンヨを堪能しました。
ボイルなので甲羅を下にして乾燥しないようにラップをして解凍するだけ。
後は軍手とキッチンバサミを用意。家で食べる蟹って気楽でいいですね♪

ここ北国からの贈り物さんは捌き方パンフもついて来るし初心者も安心。
※このパンフの手、実はミガキちゃんらしい(笑 軍手してない!よ、鉄の手。

蟹もよかったけど、ミョウバン不使用ウニのルイベが最高でした〜。
帆立はバター焼きで楽しみました。

花咲蟹 蟹

適当に作った千鳥酢と出汁、生姜汁の蟹酢もまろやかでばっちり。
あとは湯豆腐と湯野菜?にしたんですがロゼワインとよく合いました。
このプロヴァンスのオーガニックロゼ、すっきり辛口かつ香りはよくていいです。

湯豆腐

湯豆腐のたれにはえごま油を1スプーン!絶対美味しいですよ。

たもぎ茸

野菜は柔らかくしゃりっと美味しいしんとり菜、ベビー白菜、色もキレイで
栄養価の高い楡木茸タモギタケ
。大好きな生麩はヨモギ味。
湯豆腐と一緒にさっと温めポン酢、麺つゆ、辛味噌たれで。


そうして年を越し…本格的飲みの前に!蟹雑炊。
はい、飲んだしめではないのです(笑

蟹雑炊

こんなぎっしりほぐし身の歯応えのある蟹雑炊はじめて!贅沢〜。


で、で、今年のお正月一番の愉しみはこちら、伊勢海老の醤油漬け。
築地藤田水産のもの、でも今は売っていない様子です

冷凍で到着、解凍して半分に割るだけ、あ、ろくな出刃包丁がなかった。
キッチンバサミで…。

伊勢海老醤油漬け

醤油が上品にしみていてむっちりぷりっとした甘い身が最高!
ちょっと琥珀色がかった味噌も絶品、これはもう日本酒です〜。

頭と殻でとった出汁は、翌日の鍋のスープに。
甲殻類に明け暮れた年末年始でございました。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ


posted by 油売りエマ at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ、アタシの手です。
カニごときで軍手なんかしませんよ!
うまいもん喰うためには、そのくらいのリスクは当然。

ここのカニはうまいのよね。
他のカニ屋と絶対的に違うのは、茹でる水が「摩周湖の水」ってこと。
水の甘さが加わる上に、ゆでたてをその異常に冷たい水でぎゅーっとしめるから、更に旨み倍増なのだ。

宣伝みたいだけど、これはホントよん♪
カニ語らせると長くなるので、このくらいにしときますw
Posted by migakick at 2008年01月03日 13:24
> 茹でる水が「摩周湖の水」ってこと。

ほえ〜!知らなかったー。水って大事よね。
さすが蟹食べ飽きたほどの貴女の情報(笑

素人は市場行ったってどれがいいやら分からんし。
安心な店から取り寄せるのが一番だわね。
Posted by エマ at 2008年01月04日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。