2011年09月29日

食べ歩き紀行【大森 糀谷 大鳥居】吟吟

新築マンションの周辺地域ポータルサイトで連載中の「食べ歩き紀行」、
第六弾は、ライオンズマンションでお馴染み「株式会社大京」が販売する
3物件の大森、糀谷、大鳥居です。

ライオンズ大森西グランフォート
ライオンズ多摩川レジデンス
ライオンズ ウイングゲート


エリア情報はこちらでどうぞ→「京急スタイル」



さて今回は大森の日本酒が有名なお店に行って来ました。
同行者と話に夢中になって駅を出て、目印のサンクスを曲がって
どんどん行っても着かない…(汗

どちら側にもサンクスがありました、初めての方はご注意ください(笑
北口改札を出て右手に降りた方です。


地図上でも西友の裏手となっているのですが、その西友がぱっと見えないんですね。
辿り着くと、ビルに入ったところに地下への入り口が見えました。


gg-1a.jpg gg-1b.jpg


二回転目といった時間ですがまだまだ店内は活気があり、奥のテーブル席へ
ご案内いただきました。

カウンターもあります。
雰囲気のよい暗さと色味なので写真が少し暗いのですが、お料理、お酒、ご紹介します。

メニューを広げるとお酒への愛が溢れている印象!

gg-m2.jpg


定番から珍しいもの、西のもの、21時以降に味わえるもの、焼酎なども充実。
グラス(一合弱)480円と明快。


gg-m3.jpg

おー、寒くなったら骨、鰭酒もいいですねぇ。
1杯目、連れはビール、私は1杯目におすすめとのことで陸奥八仙おりがらみを。

お酒の説明も蔵元さんとの丁寧なお付き合いが感じられます。
好みを言って、お刺身をお願いしました。


gg-2.jpg

まずはお通し。トマト、なめろう、煮茄子、冬瓜のトマト餡、白身魚の南蛮漬け。
えぇ日本酒によくあいます。



gg-3.jpg


刺身盛り合わせ!わぁ〜。
こちら旬の秋刀魚以外は全て山口宇部の朝獲りを空輸。
聞いたことない名前のものもあります。

gg-m1.jpg

黄ビレ、ボラ、ダルマシビ…
炙った鰆、スジガツオ、ブリなどを岩塩や山葵醤油、芥子味噌で。

こりっこりで美味しいし、関東でなかなかいただけない魚が嬉しい。


gg-4a.jpg gg-4b.jpg


次は酸の立ったものということでおすすめされた麻結佳、岐阜房島屋のお嬢さんの名前とか。
面白いラベル一覧はこちらをどうぞ。味もとてもよかったです。



gg-5.jpg


ポテサラはスモークした数種の地魚とチーズを混ぜ、新潟の「かんずり」も入れて酒肴
にしてある、との説明、頼まずにいられません。

あ、後味にピリっとかんずりが来る新鮮な美味しさ。なるほど〜。


gg-6.jpg


手間ひまかけて作るコロッケはお芋に茄子。
茄子は魚と煮込んだものを混ぜ込んでいるとか、さっぱりした和風の味わいです。


gg-7.jpg

こちらも最初ビールかしらと思いましたがしっかりしたお酒には合うとのことで注文。
「貴」の蔵元から分けてもらった「山田錦の藁」!炙りですって〜。
マニアックです(笑)いい香りです。キメの細かいソーセージ。


gg-8.jpg


大田和彦氏推奨、山口直送の平太郎炙り。瀬戸内のアイドルですって!
美しく、香ばしく、お腹のほろ苦さも味わえて美味なる酒肴。


gg-13b.jpg gg-13a.jpg


日本酒好きも合流して…お酒、お酒、野菜、お酒、魚。


gg-9.jpg


自家製酒粕味噌でしゃっきりいただく有機野菜。


gg-10.jpg


さっくり軽く揚がった魚フライは太刀魚とスジガツオ!
そしてここにも驚きが。サツマイモとジャガイモがスモーキーなんです。

火を入れて燻製したものを揚げている模様。
こんなに香りが残るとは!これは素晴らしかったですよ、燻製道士さま


gg-13d.jpg gg-13e.jpg

愛媛の加儀屋も飲み比べ。限定無濾過純米生原酒、直汲み、好みでした。
え、十四代も行きますか?加儀屋もリピートで…。


gg-11.jpg

シメは塩結びか小丼もありますが、この日はご飯切れということで稲庭を。
つるりとひんやり美味しいのです。


gg-12.jpg


何、是非飲んでもらいたい貴重な「わかむすめ」?折角ですから…ねぇ。
じゃ私はどうしても気になった山口の変り種ジョーカー
オークやシェリー樽仕上げって焼酎はあるけど、え、日本酒で?35度。
まるでオリーブオイルのようなボトルです。

琥珀色、古酒、バーボン、紹興酒をあわせた感じ。
でも甘みはなくすっきり、ちびちび食後に楽しむにはいいですね。


gg-14.jpg

いやー楽しませていただきました。
蔵元会などもしているようです、呑んべには危険な店!


gg-15a.jpg gg-15b.jpg


大森恐るべしです。予約してお出かけください。


地酒と地魚「吟吟」
ブログ:「吟吟」で一献♪




関連ランキング:居酒屋 | 大森駅大森海岸駅




レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:大森 日本酒
posted by 油売りエマ at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

食べ歩き紀行【木場】志づ香

新築マンションの周辺地域ポータルサイトで連載中の「食べ歩き紀行」、
第五弾は今秋より販売予定の木場駅へ徒歩1分!「リビオレゾン木場公園
(売主:新日鉄都市開発)の木場です。

木場情報はこちらでどうぞ↓


ぴかぴか(新しい)木場生活



門前仲町にはいつもピンポイントで来ますが、沢山のお店があるんですよね。
木場も、意外な穴場が多いようです。

今回は志づ香さんにお邪魔しました。



が、その前に一軒ディープなところで待ち合わせ、ということで…。

指定の交差点へ。ん?ここ?暗いし人の気配がない…匂いもないけど?
恐る恐るカラリと戸を開けると…あ、いらした(笑

まるでタイムスリップしたかのような空間をぐるりと囲むカウンターに、
オジサマ達がちびちびやってます。


       
kb01a.jpg kb01b.jpg


「何飲みますか〜?」の声に、「あ、ビールを」と思わず言ってから
両隣を見るとホッピー中。

え?ここはホッピーがいいの?早く言ってくれればいいのに(笑
全くリサーチせずに来てしまいました、すみません。
いやでもお店の方は意に介してないようです。


目の前の古い鍋、年季の入った冷蔵庫、あちこちにいる目玉オヤジ…思わず
セピアで撮りたいような雰囲気。



kb00.jpg


壁のお品書きには、しおから、もろきゅう、さしこん、カッパちくわ、やっこさん、
にこみの文字、なるほど呑んべ御用達な感じ。

何気ない煮込みが!となる美味しさ。隣のやっこも朴訥でいい感じ。
何といっても女将の「ますみさん」がいいのです。

お会計もふんふんふん1500円、と明朗。
常連さんのお店のようですが、居心地よくはじめの1杯をいただきました。


わ、本当に有名なんですね。なんとも渋いお店でした。

変わったのは鍋ぐらい!? … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場)/居酒屋礼賛
河本 木場 2/くにろく 東京食べある記
河本/食ベログ



6時頃外に出れば…まだ明るい!
八幡様や商店街の賑わいを感じながらてくてくと、門仲方面へ歩きます。


kb02a.jpg kb02b.jpg


ちょっと奥まった入り口、戸を開けるとぐるりとカウンター、今回は3人
だったので奥のテーブル席へ。


早速お酒からいただきましょう。
酒、焼酎、梅酒、など3銘柄ずつくらい説明があります。

開運、御湖鶴などをそれぞれ徳利で。まずは乾杯。


隠元の濃厚な黒胡麻和えと、蛍烏賊のトマトソース掛けが即座に出てきました。
お通しでしょうか?量は結構あります。


6000円代のお任せコースが主流のようですが、単品でお願いしました。
コースのものもこちらから、だそうです。

kb07.jpg


お刺身は盛り合わせで。

kb03.jpg

とろりと漬け鰹、しっかり歯応えの鯵に蝦蛄、風味のよい生海苔!


穴子は白焼きで。

kb04.jpg

皆さん一口ずつ?にしてくださいましたがボリュームありますね。
ふんわり、そしてパリっと焼けた皮目も美味しい、お酒が進みます。


kb06.jpg

芳ばしい香りが漂って来ました。


kb06a.jpg

蟹のウニ焼きと、


kb06b.jpg

丸なすの海老みそ焼き!

これはたまりません。お酒と交互に、熱々をちびちび。
お酒のための和風グラタン。家でもホイルでいいですねー。


kb05.jpg

最後にほっこりとカレイの揚げおろしを。
出汁が沁みます、じんわり美味しい。


隣の4名様はコースのようです、シメは稲庭うどんのよう。

何を食べても安心な美味しさなので、お任せでお腹いっぱいになるのもお得かも
しれませんが、カウンターでちょっと魚で飲むなんて使い方も出来たら嬉しいですね。


小料理、割烹ながら緊張せず使えるいいお店です、ただ予約はした方が賢明です。


まだまだ気になるお店いっぱいのこのエリア、もっと開拓したいと思います。
特にオジサン行列の活気ある安旨居酒屋が目立つのは気のせいでしょうか。

とは言っても新橋より下町で雰囲気は和やか、女子がそぞろ歩くのも楽しいものです。





関連ランキング:割烹・小料理 | 門前仲町駅越中島駅





レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:木場 河本 居酒屋
posted by 油売りエマ at 09:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

食べ歩き紀行【川崎駅西口】インティライミ

新築マンション周辺の地域ポータルサイトで連載中の「食べ歩き紀行」。
第四弾は今秋より販売予定「仮称:川崎ラグゼガーデンプロジェクト
(売主:東レ建設株式会社、他4社JV)の川崎矢向です。(矢向駅徒歩5分)

川崎周辺情報はこちらでどうぞ↓
川崎ガーデンスタイル



it01a.jpg it01b.jpg


川崎に美味しいペルー料理店があるとのことで行って参りました。
西口から徒歩5分、曇り空に黄色い看板が輝いています。


太陽の祭典を表す、インティ・ライミ intiraimi



天井の高い1階のホールタイプのテーブル席、ちらほらと外国の常連さんも
いらっしゃいますよ。


蒸し暑いのでやはりビールでしょう。
クリスタルとクスケニャ、軽くて飲みやすいタイプですね。



さてペルー料理で私が認識してるものは魚の酸っぱいマリネ、セビーチェ、ですね。
あとは…あんまり知識もなく伺いました。


メニュー面白いです、じゃがいも、お米、コーン、お肉、魚…なんでもありますけど
どれもボリューム大な感じです。

迷いつつ何品か選びました。



it02.jpg


Sopa menestrón/ソパ メネストロン
ほうれん草とバジルのスープです、あくまでさらっとした飲み口にバジルの
爽やかな風味、豆に牛肉、ミックスベジとキャベツも入っています。



it03.jpg

セビーチェはミックスで、ムール貝のマリネとコンビネーションにしました。
Cebiche mixto x Choritos a la chalaca/セビーチェ x チョリートス ア ラ チャラカ


海老、イカ、白身魚にムール貝、紫玉葱に黄色いピリ辛すっぱいソースが
かかっています。レモンが爽やか。

黄色?これはターメリックでなく黄唐辛子の色だそうです。
また面白いのはつけ合わせにさつま芋、ほっとしていいですね。



it04.jpg


1/2 pollo a la brasa/ポジョ ア ラ ブラサ

おすすめということで注文したチキンの炭火焼き。
ガーリック風味のタレに漬け込まれたチキンが半身!!
画面に納まりきれません…。

うわーすごいです。しかも大盛りのフライドポテトにサラダもついて1500円!?


it06.jpg

この黄色くてちょっと辛いのと、パセリの爽やかなグリーンソースを
つけるのが美味しいです。
※出すの忘れてたらリクエストを(笑


it05.jpg


ひゃーでも2人には多すぎですね。
大人数だとあれこれ楽しめそうです。


it07.jpg


Pisco Sour/ピスコサワー

甘酸っぱくて美味しいです。この泡は… ! 卵白ですって。卵酒。

せっかくなので他にペルーらしくておすすめのものを…でも量は控えめでと
お店の方に相談。

3点盛りをお願いしました。



it08.jpg


奥から

Ají de gallina/アヒー デ ガジーナ
Lomo saltado/ロモ サルタード
Cau cau/カウ カウ


まろやかでクリーミー、そんなに辛くなくて日本人にも大人気というチキンカレー、
確かに食べやすいです。

牛肉とポテトのトマト味の炒め物も馴染みある味つけ。
ペルー料理で代表的だというカウカウは、ハチノス(牛の胃袋)とじゃがいもの煮込み。
これはターメリックの色でスープカレーのような雰囲気、とても美味しいです。


it09.jpg


現地の香りムンムンのお店です。
とにかくボリューム満点でお米料理などには行き着きませんでしたが、
何人かで予約して相談するとスペシャルメニューも作ってくれるとのこと。

はじめて行く時は、HPの詳しいペルー情報とメニュー写真を参考にされると
いいと思います。

インティライミ・メニュー




そう、ペルーと言えばアマゾン原産のインカインチ(グリーンナッツ)の油
今話題。

ちょっと聞いたら、癖があるのでいつも使う訳ではないけどお店にあるそうで、
リクエストがあればサラダなどで出してくれるようです。

お店の方は身体のために飲んでいるそうです!


という訳でペルー体験、いろんな意味で楽しかったです。
異文化を知るというのはとても刺激的なことですね。


川崎グルメ、まだまだ開拓できそうです〜。



インティライミ intiraimi

インティライミ 中南米料理 / 川崎駅尻手駅京急川崎駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5





レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:ペルー 川崎
posted by 油売りエマ at 01:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

食べ歩き紀行【横須賀】ぎんじ・とれび庵・玄武

土曜日、横須賀で待ち合わせ。
せっかくなので、ちょっと旅気分でぷらぷらしようかと思いつつ…。


結局横須賀中央駅に到着したのは待ち合わせの4時。
飲み屋に直行でございます(笑

暑い東京、やっぱり蒸し暑い横浜で乗り換えて横須賀中央駅へ。
あら?海風でしょうか、結構涼しいです。



        *   *   *   

新築マンション&住宅販売の周辺地域ポータルサイトで連載中の「食べ歩き紀行」、
第三弾は今秋より販売予定「サンクタスカーサ横須賀ヒルズ
(売主:オリックス不動産)の横須賀です。

京急本線「堀之内駅」徒歩11分、京急久里浜線徒歩15分。


横須賀情報はこちらでどうぞ↓

横須賀 style guide






ysk0.jpg


さて1軒目に目指すお店は、横須賀中央駅からものの4分程度で到着してしまいました。
どうでしょう、この渋い佇まい。

大衆酒場の名に相応しい雰囲気を醸し出しています。
こちら、土日祝日はお休みなのですが第4土曜日のみ営業だそうでビンゴ!
開店4時過ぎに入店したのにすでにカウンターは満席!!?
ずら〜っとL時に大人が座り、思い思いにお酒飲んじゃってます。

2つのみ空いていたテーブルの奥に座り、待ち人が来るまで早速瓶ビールを始めました。


テキパキと女性が動きます。即座に刺身メニューが出され「何かお持ちしますかー」の声。
思わず「アジを、あとポテサラお願いします。」

えっと10秒くらいでポテサラ登場〜。

残念ながら撮影禁止です。


メンバーが2人増え、名物の豆腐をやっこで(湯豆腐も素晴らしいようです)、
風味抜群の生海苔、ぎゅっと締まっているしめ鯖、個性的!な味の煮込みを追加。

おつまみメニューも刺身各種から定番もの、揚げ物まで結構沢山あります。

お豆腐は本当に特筆すべき美味しさでした、ふわっと柔らかいのに弾力があって
水っぽくなく何とも箸が止まりません。

お酒も徳利で追加、追加。
明るい内から皆でほろ酔い…いい気分です。


「もうちょっと何か持ってくる?アジフライなんかも美味しいし」
とまたおすすめ上手なので、つい頼んでしまうのですがそれもまた
美味しいので良し。

衣しっかり中はジューシーなアジフライ、良かったです。


さすが横須賀の名店、堂々の風格でした。


ぴかぴか(新しい)大衆酒場ぎんじ




ysk05b.jpg ysk05a.jpg


さて二軒目はぎんじからすぐ!の地魚と日本酒のお店、とれび庵。
山口の名酒、獺祭(だっさい)の暖簾が掲げられています。

二軒目と言えどもスタートが4時だったので、ほとんどお店オープンと同時?
予約が結構入っていたようで、カウンターに3人並びました。


お品書きにはその日の取れたて地魚がずらり。
あ〜毎日こんなに豊富な鮮魚が並ぶなんていいですねぇ。


ysk01a.jpg ysk01b.jpg


お酒(石鎚)と泡盛で乾杯♪全国のお酒、充実しています。



ysk02.jpg


生しらす、美しいガラスの器で。



ysk04.jpg


かますですよ、お刺身!!美味しい。



ysk00.jpg


ちょっと趣向を変えて野菜と一緒に、ぶりの和風カルパッチョ。



ysk03.jpg


アジ好きにはたまらない街、横須賀(笑)どのお店にも、3種類くらい鯵料理が。
ここではなめろうを。ちょっと梅?が入っているようでさっぱり。
粗めのアジと薬味、味噌をざっくりあわせてあります。

ちびちびxお酒…もう止まりません。

お客さんも次から次へと入って来ます。予約がおすすめです。


ぴかぴか(新しい)とれび庵




やっと日が暮れて来て「シメは蕎麦屋に行きましょう」と。
結構お腹はいっぱいですが、横須賀の夜の散歩も楽しいです。

狭い路地の古い店、看板、建物、独特の雰囲気がありますね。
気になるお店が沢山ありました。


ysk08.jpg

大きな蕎麦屋さんです。会津そばの店、玄武。


ysk09.jpg ysk09b.jpg


テーブルに着いて、目に付いたお酒「市販されていません」末廣 生原酒を注文。

「何本お持ちします?」「とりあえず…」「そろそろラストオーダーで」「じゃぁ3本!」


確か8時半過ぎに入ったのですが、9時までだったようで。
今回は全部タイミング良しです。

ちなみに接客のオジサマは酔っ払いにもとても感じよく世話を焼いて下さいました(笑


ysk14.jpg



板ワサは生山葵じゃなくて山葵漬け!

ysk12.jpg



ついつい気になって頼んでしまったあられ揚げ。これいいですねー。
茄子、シソ、南瓜、葱、イカ、海老などがまさにサイコロのあられ状に揚がって
いて塩でいただきます。

掻き揚げみたいに固まっていないので、ちょうどつまむのにぴったり。


ysk11.jpg


蕎麦は十割?というくらい喉越し滑らかでした。


鰊そばは、温かいのか冷たいのか選べるのも素敵。
冷たい鰊、結構甘めでしたがお酒のつまみにはいいかしら。

ysk10.jpg


ぴかぴか(新しい)会津そば 玄武



ともあれ、横須賀での初飲み、大満足でした。
帰りは電車で寝て帰って来ればいいし(笑)また美味しい魚を食べに来たいと思います。

あ、早めに来て横須賀美術館も見たいです、ランチは海軍カレーかハンバーガーでもいいし!



レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
ラベル:横須賀
posted by 油売りエマ at 10:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

食べ歩き紀行【川崎駅東口】ごちそう さん・ら

kw01a.jpg kw01b.jpg 


え?カラオケですか!?ん?カラオケビル内の8階!にイタリアンが。



新築マンション周辺の地域ポータルサイトで連載中の「食べ歩き紀行」、
今回は、神奈川県川崎市のJR川崎駅エリアをご紹介します。

物件は、2012年5月末販売予定の「アルコード川崎デュアル」(売主:株式会社サジェスト)

JR川崎駅徒歩12分:京急川崎駅徒歩9分という希少な川崎駅東口"駅前立地"。

川崎駅周辺情報はこちらでどうぞ↓
ぴかぴか(新しい)KawasaKi Precious




川崎と言えば以前アバター3Dを見に映画館に来た記憶が。
蒲田の隣駅ですね。

その時はうろうろしなかったのでよく見ていませんでしたが、ラゾーナにミューザなど
駅周辺は充実の大型ショッピング施設が。飲食店街も広範囲!

考えたら新橋にも横浜にも近いし住みやすそうですね。


今回は知る人ぞ知る?イタリア料理店をご紹介いただきました。
東口から徒歩5分の「ごちそう さん・ら」さん。

立地が面白いです、カラオケビル内!にあります。
フロントを通り越して奥のエレベーターで8階へ昇れば、そこはほの暗い
イタリア料理店。

一人ご飯も楽しめそうなカウンターと、奥にテーブル席があります。


kw02a.jpg kw02b.jpg 


すっきりしたビオワインを選んでいただき乾杯♪
お通しはタコのサラダ。



kw10.jpg


桃とメロンにパルマ産の生ハム!
そこにサンブーカというリキュール風味のふんわりしたザバイオーネ。
これは美味しいですね〜。

しっかりした生地の自家製パンもいいです。


kw04.jpg


冷たいカッペリーニは帆立がたっぷり、トマトと旬のコーン、そして濃い味わいの鮪のカラスミが。
具沢山、さっぱりサラダ感覚でいただけます。


サービスの方はワインスクールの講師も務めていらしたソムリエさんで、漠然としたイメージでも
ちゃんとワインを選んでいただけるのと、食後酒やおつまみのラインナップがさすが!な感じ。

ワインリストもリーズナブルなものからレアものまで豊富です。

各種チーズや生ハム、サラミ類も本格的。
魅惑的なメニューがいっぱいあります。



kw03.jpg


三元豚のグリルは煮たまご添えの八角風味で、一見中華の角煮風ですが、
食べると甘酸っぱいバルサミコ味。
ほろほろのバラ肉もこのソースで想像よりあっさり、イタリア味なんです。

でもイタリア産だけにこだわっているわけではなくて、食材は日本やフランス、
オーストラリアなど各地のものをうまく組み合わせたメニューなどもあります。


次回はピーチ(パスタ)も食べたいし、バッカラ(干鱈)とフォンティーナチーズの
コロッケも気になるし、ニョッキやサルシッチャのピッツァもいいですね〜という
ことで、やはり再訪しなくては。




食後にデザートワイン?と呟いたらデザートは桃のコンポートが一押しと言われ(笑
じゃ、お酒と共にそれもお願いしましょう。


kw05.jpg


ピンクと白が美しい〜!桃のコンポートにそのジュレ、ふるっふるのビアンコマンジャーレ
(ブラマンジェ)とお酒のしみたババ、ナッツ入りのメレンゲ。

日頃デザートに命をかけない私もこれはどれも美味しくいただきました!



kw06b.jpg kw06a.jpg


自家製リモンチェッロをいただきながら。


kw07a.jpg kw07b.jpg


バローロ・キナートやペドロ・ヒメネス、ノチェッロなど迷えるほど食後酒も充実。
しっかり食事の一軒目から、つまみとワインだけの二軒目風な使い方も出来るし、
もちろん二軒分通しても楽しめてしまう居心地の良さ。

騒音も全く聞こえないしカラオケビル内とは全く思えません。
ちなみに厨房とトイレは1階下になります。


kw08.jpg


「一人でカラオケ?と思われてもいいわ」なコストパフォーマンス(笑
カジュアルな雰囲気ですが、お料理はちゃんとひと手間かかっているのが感じられて
ワイン好きには特におすすめしたい一軒です。


kw09.jpg


午前2時まで!

Restaurant Bar ごちそう さん・ら

ごちそう さん・ら イタリアン / 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅

夜総合点★★★★ 4.0




レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
posted by 油売りエマ at 10:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

食べ歩き紀行【阿佐ヶ谷】おおはま

この度、新築マンション周辺の地域ポータルサイトの企画で
食べ歩き紀行を連載することになりました。


第一弾は、今春より販売予定「リビオレゾン南阿佐ヶ谷」(売主:新日鉄都市開発)
の杉並区阿佐ヶ谷。
JR中央線阿佐ヶ谷駅、丸の内線南阿佐ヶ谷駅があります。


ぴかぴか(新しい)阿佐ヶ谷日和


ここは比較的馴染みの?街なのでご紹介したいところも沢山あります。
比較的小さな個人店が沢山あって、安心の老舗も個性が光る新店も頑張っ
ている感じ。
ついついハシゴしてしまう雰囲気なのです。


        *   *   *


先日は気になっていたお店の内の1軒、おおはまさんに行って来ました。


この人が教えてくれるところは本当に美味しい、と頼りにしている姐御が
いて、以前新橋でお酒と魚の美味しい店をご紹介いただいたんです。

何度か電話するも、カウンターの人気店、なかなか予約が取れず行きそびれて
おりましたら、このおおはまさん、なんとその新橋のお店の板前さんだったとか!

どこかで繋がるものです。


阿佐ヶ谷駅から中杉通りをしばし歩いたところにあるお店です。
知ってる人しか通らないような場所、どんな感じなんでしょうと扉を開けると…。

もう私達の席しかない状態。思い思いにお酒を楽しむ人々のいい雰囲気が。


oh01a.jpg


カウンターの端に腰を落ち着け一杯目に良さそうなお酒をお願いしました。
つまみ、食事メニューも豊富です。

お刺身は、鯵もいいし、しめ鯖も、あ、平貝もいいわねぇなどとやっていたら、
「盛り合わせますか?」の声。はい、お願いします。


oh03.jpg

わぁ〜!豪華。結構厚切りですね。
しめ鯖は普通のと炙りの二種類。炙った方はお好みで柚子胡椒を。

「ちょっと大盛り過ぎましたか?」などとお客さんでいっぱいのカウンターで
お酒を注ぎ、料理を一人で作りながらもとても感じのよい女将さん。


oh02.jpg

つまみが美味しいと、いいお酒がなお美味しいもの。

一人飲みにも嬉しい野菜小鉢が各種あったり、なかなか魅惑的な創作サラダ
や、アジフライに天ぷら、モツ煮などの王道も。

「比較的時間がかかるもの」も分かりやすい表示で親切。
女性ならではの優しさが感じられて、これは酒飲み以外でも通いたくなるのでは。


oh00.jpg

小鉢3種盛り。
お任せでも選んでもいいのですが私は以下を選びました。

新じゃがの甘辛バター煮/新牛蒡と蒟蒻の有馬山椒煮/クレソンとしめじのマスタード和え
どれもいいですねぇ。こういうのほっとします。


oh05.jpg

どんどん、進んでしまいます…。


oh06.jpg

豚肉の梅紫蘇チーズ焼き。
梅の酸味がしっかり効いていて見た目よりさっぱり。


oh07a.jpg oh07b.jpg

こちらはオープンしてまだ半年程度のようで、以前繋がりのある方からの差し入れ
やお祝いもある模様。
こちら青森田酒の限定生酒はカウンター奥にいらした蕎麦屋店主さんから
のお祝いのよう、ご相伴に預かりました!ご馳走様です。

もうほろ酔いですが…止まりません。
ささみの燻製でちびちび。


oh04.jpg

驚きの美味しさだったのは蕗の薹と蛍烏賊の天ぷら!
酢味噌和えや沖漬け、マリネや和え物はありますが…天ぷらとは。
中は柔らかく衣はかりっと、止まらない美味しさです。

蕗の薹との組み合わせも美しい。


oh08b.jpg oh08a.jpg

もう1杯だけ?などと言いながら…。


oh09.jpg

海老トーストまで(笑


oh01b.jpg

宮城県石巻のお酒、墨廼江も頂戴しました。

楽しくて、美味しくて、コスパも素晴らしい。
やっぱり通ってしまう阿佐ヶ谷なのです。


ぴかぴか(新しい)旬の菜と旨い酒 おおはま

他メニューはこちらの方のブログもどうぞ。
阿佐ヶ谷 おおはま/いざ酔い日記



関連ランキング:日本酒 | 阿佐ケ谷駅



---------------------------









【他阿佐ヶ谷おすすめ店】
as04.jpgCAFE RESTAURANT PAUSE

佇まいはカフェでも味は本格派。パンとチーズで一杯、リエットにパスタ、ラムローストでワイン、使い方は自由、深夜まで美味しい食事が出来る貴重な一軒。
as01.jpg海晴亭

ベルギービールとたこ焼きの店。小麦香るビールとふんわり葱タコが止まらない。各種野菜のつまみや鉄板焼きメニューも美味しい。
as03.jpgトルコ料理イズミル

トルコのパン、エキメキとメゼ(前菜)は必食。イスケンデル・ケバブは3、4人でのシェアがおすすめ。女将エリフさんと話すのも楽しい。
as02.jpgまにわ

女将一人で切り盛りする小さなカウンターの店。日本酒と季節の料理を楽しんで。2、3名以上なら土鍋ご飯も是非。
as05.jpg純米酒 吟雅

フレンチで純米酒が楽しめる個性的な店。もちろん和の肴もあるが、どっしりした燗酒と洋風つまみのマリアージュを楽しむのも面白い。
as00.jpg
やきとりや すぎもと/餃子坊 豚八戒

繊細で絶妙な焼き加減が素晴らしい焼き鳥屋。1、2名でさっと楽しむのがおすすめ。
本格餃子が食べられる豚八戒も人気店。紹興酒で中華惣菜をつまむも良し。
posted by 油売りエマ at 00:05| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 企画 食べ歩き紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。