2008年06月26日

四季食彩 萩 の生さば&サーモン寿司

鯖寿司

生さば、炙り、黒酢〆、胡麻醤油、味噌焼き、へしこ。
鯖寿司の種類でこれだけ!

鯛の炙りに若狭牛、漬け鮪にのどぐろ、サーモン…迷うんですってば!(笑

福井懐石料理 四季食彩 萩さんのお寿司。
http://www.sabazushi.co.jp/

サーモン好きの従姉にイクラ入りサーモン寿司を贈ったらおいしかったと
報告があったので、サーモンと生鯖のハーフ&ハーフを頼んでみました。

私鯖寿司は喰てみ亭さんの大ファンなのですが、ま、たまには浮気。

鯖サーモン寿司

生さば加減いいです。ちょいとしゃりが今一歩な気もしましたが、食べ応え十分。
お好みでしょうけどね、私はしゃり少なめ好きなので嬉しい配分です。

おとりよせネットでの口コミ


野菜料理を何品か作って、おとりよせ寿司でおもてなしっていうのもいいと思います。

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ ????L金田油店へ


posted by 油売りエマ at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

山東水餃大王/三奥屋の晩菊

水餃子

岡山県備前市の水餃子専門店、山東水餃大王からのおとりよせ水餃子。
つるんとした薄い皮とシンプルな黄韮入りの餡があっさり。

http://www.konnanodo.com/shop/suigyouza/

いくつでも食べられちゃいそう。酢醤油タレとお好みでラー油をかけて。

もっちもちの主食代わりの餃子もいいけど、このつるっとジュワっとの水餃子も癖になりそう。

あまりの皮の薄さに、これは機械でしょ〜なんて皆で言いましたが聡子さんごめんなさい。
「朝4時から〜ギョウザ皮まですべて手作り」との記載あり。恐るべし手仕事です。


もう一ついしかわ家でいただいた絶品のお漬物。山形三奥屋の晩菊

http://www.mitsuokuya.co.jp/html/guide.html

晩菊

春の山菜から晩秋の菊花、山形の野菜を刻み長期熟成させた何とも言えない香り!
梅酢と焼酎も加えてるそうで、白ご飯、お茶漬けのみならず酒の肴にもぴったり。

おにぎりの具とか、白身魚のカルパッチョなんかで巻いて食べても美味しそう〜。

晩菊とは、ネーミングも秀逸。吟醸酒の名前みたい。(笑
普段キムチとらっきょう以外のお漬物ってあまり買わないのですが、これは欲しい。

posted by 油売りエマ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ごまかんぱち茶漬け/海鮮居酒屋はじめの一歩

胡麻カンパチ カンパチ箱

博多、海鮮居酒屋はじめの一歩のごまかんぱち茶漬け

おとりよせネットでも好評で、光りもの好きの私としては試さずにいられません。
博多に住んでる時はこの店知らなかったけど…。

3人前で3パックの漬けかんぱちが届きますが、一人前たっぷり切り身10枚!
ミニ茶漬けにするなら軽く6人前OKです。

カンパチ茶漬け

流水解凍後ご飯にのっけ、添付のふりかけとアオサ、たっぷりのすり胡麻、お湯を注ぐだけ。

胡麻カンパチ茶漬け

うーー!懐かしい!この濃い甘な感じ。(涙
何回か書きましたけど福岡には「ごまさば」という居酒屋定番メニューがあって、
鯖の胡麻和えなんですけど美味しいんですっ。

半生のかんぱちxたっぷりのすり胡麻x広がったアオサx甘めタレ、いいですねぇ。


でも先日のお取り寄せパーティーでよくよく考えると、ほんの一口分作るのに、
私酔った勢いで(笑 タレとフリカケご飯の量より多めに入れちゃったみたい…、ごめんなさい。

もう少しさっぱりいただけたかも。関東の人には珍しい味のお茶漬けだったかしら。
酒のつまみにはばっちりの濃さだったけど。


http://www.hajimenoippo.org/hajimenoippo_008.htm
↑この下の方の、冷やし茶漬け!も美味しそう〜。
あとシンプルなカンパチ丼でも楽しめるし。そうだ、今度はワサビものせて!

暑い日用に冷凍備蓄、もう一回リピートしちゃいそう…。

おとりよせ情報でした。

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ ????L金田油店へ
posted by 油売りエマ at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

初夏のお取り寄せ会

生爪初夏の会

土曜日は生爪本会でした、テーマは「初夏を楽しむ」。魚介をメインにした爽やかなおとりよせ。
(参考:生爪会第一回おとりよせパーティー

メンバーも多忙につき今回は少人数でしたが素敵なスペシャルゲストが。
実はメンバーのご主人様がいしかわじゅんさんで、ずうずうしくもお宅を会場に
させていただきました!
「何にもしてなくて」なんて言ってたけど初夏のテーブルセッティング素敵です、聡子さん。

木と緑、大量の書物に溢れた素敵なお宅、ウッドデッキに面したキッチンに
かわいいニャンコ達、気分はプチリゾートです(笑
ご本人は散らかっててと恥ずかしげなご様子でしたが、図書館の司書になりたかった
くらい紙好きな私としては憧れ空間、お仕事場まで見せていただいちゃいました!

さて5人中飲むのは私だけ。
金箔入りだからと無理やり先生にまで飲ませてすみませんでした。


さて、どんどん紹介します。(今回は自在屋:磨姉と私の写真混在)

●鱧かまぼこ/鱧皮酒盗(京都天ぷら かふう

鱧

相変わらずつまみ担当の私が取り寄せたもの。梅肉たれ付鱧おとしや鱧茶、鱧寿司もあり。

どう考えても日本酒のアテです、一切れで堪能、ちょうど1パックに5切れくらい
カットされてくるのでそのまま出すだけで便利です。

私だけ日本酒に切り替えです…あと猫の正太郎が飛びついてましたね(笑


ナマズのオイル漬け、サラダ仕立て

ナマズサラダ

これはイタリア土産にいただいたナマズの缶詰!試食ということで持参。
当日いしかわ家の冷蔵庫の野菜を使って適当なサラダに。

ナマズのオイル漬け 鯰

鯰??と思ってた割に臭みも癖もなく淡白でタラみたい。食べやすく何にでも出来そう。
オリーブオイル漬けですが香りはほとんどない精製タイプ。

固ゆでじゃが芋スライス、ズッキーニ、クレソン、紫玉葱スライスを塩x胡椒、レモンオリーブ油
バルサミコ酢で和えて。

水切りした葉物とかならそのまま味付けしてもいいけど、ズッキーニとかだとやっぱり
水分が出るのでドレッシングしっかり作ってから和えた方がダレませんでしたね、ちょっとぼんやり。

ま、ナマズが主役だったからいいか。
(O様:貴女のナマズ、先生にご賞味いただきましたわよ〜。←先生ファン)


●鯨すじと白瓜の辛子和え

鯨瓜

これも下関から買って帰ってまだ未食だった品、鯨すじ

鯨すじ

スライスして、前日塩と昆布茶で浅漬けにしておいた白瓜と辛子xポン酢
xオリーブオイル少々で和えるだけ。おでんやカレーにも万能、手頃なコラーゲン摂取感覚で。
それにしても器が素敵!私も和物もっと欲しいなぁ。



●たらば蟹&毛蟹(北国からの贈り物

蟹

全てが霞んでしまうキングオブ魚介!蟹!!本日の主役は磨姉手配の蟹でございます。

このお方、北海道で蟹を捌いていた経歴を持ちますので品質確かなものを箱買い。
素人には選びにくい通販の秘訣はずばり、安心な店で買うこと。

この蟹、オホーツクで獲れたてを摩周湖の水でボイルしたもの!
天然ものでも、下処理、水質、塩の種類と加減などで味がかなり変わってくるとか。

そして、タラバ蟹は今が旬!一番おいしく食べたいなら今買う!ことですって。
確かに年末に取り寄せたものより断然美味しかったし、価格的にも冬は高い…。

確かな品質、今が狙い目の蟹のお取り寄せはこちらからどうぞ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/snowland/mid-taraba.html

蟹身

プリップリで大きく甘い蟹身たまりません〜。甲羅酒は独り占め♪(笑
翌日はお土産の蟹もたっぷり、キッチンバサミでの裁き方、私も上手になりました。


●蟹身とおかひじきのピリ辛マヨネーズ和え

蟹おかひじき

これは最高美味しかった〜、磨姉がささっと作った一品。
ほぐしたたっぷりの蟹身とさっと茹でたおかひじきを以下調味料で和えます。
松田マヨ/オリーブオイル/レモン汁(多め)/塩 /ラー油/富士酢

柔らかい蟹と歯応えのあるおかひじき、たっぷりの胡麻と隠し味程度のラー油がばっちり!


まだ食べるんかいと言われそうですが、以下は第2部です。
途中ウッドデッキのお庭で一休みとかニャンコと遊ぶとかが入ってます。


●三陸産ホタテ稚貝のワイン蒸し

ホタテワイン蒸し

これも業務用品お裾分けって磨姉さんお裾分けの量超えてますから。
別途持ち帰り用も大量に…。

ニンニクxオリーブオイルで炒めてからワイン蒸し、仕上げは醤油?だっけ。
水揚げ当日発送、鮮度がいいので肝まで全く臭いなし、美味しい!
正太郎、この帆立の大皿にも鼻突っ込んで怒られました(笑

帆立


はい、いい加減長いので聡子さん手配の岡山の水餃子と私が博多から取った
胡麻カンパチ茶漬けは次回紹介ということでデザートに。

水餃子 胡麻カンパチ茶漬け


何か忘れてないかしら…そうそう前日福岡に行っていた聡子さんの明太子2種食べ比べも面白かった。
あと梅塩もお裾分けいただいて、嬉しい!さすが数々のいい調味料揃えてらっしゃるわ。
聡子さん編集の料理本:京都のお酢屋のお酢レシピ


さて今回のスウィーツ担当は前回の生爪@麺や七彩から会員に認定の上関女史
今は水関係ですが元粉屋勤務だったせいもありラーメンと焼き菓子に妙に詳しい。

ロールケーキ


和三盆手巻(菓子工房ルーヴ)シエスタのチーズケーキ

ケーキ

あと聡子さんのお土産のお芋?のケーキ、これもココア風味が濃くて美味しかった。
和三盆ロールもチーズケーキも甘み柔らかで軽め。シンプルで美味。

コーヒーはいしかわマスターが淹れてくださいました!お土産に豆までいただいちゃった。

いしかわじゅん氏2 漫画ノート

微妙な女達で押しかけて(笑 大変失礼しました。出入禁止にはしないで下さい。


という訳で生爪本会第2回も濃密な内容で無事終了しました。
次回は秋のジビエ取り寄せ祭りと、夏は臨時で何か企画したいと思います〜、
今回駄目だった方次回は是非!

P.S.帰りに寄ったアート作品のようなケーキのお店アテスウェイ
評判に違わず美味しかったです。バス乗って行く価値あり。



   ●●● まだある、とっておき付録画像!!!
posted by 油売りエマ at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

白子のトマト鍋 シチリアのトマトソースで

白子

トマト鍋?別にトマトソース煮でいいんじゃないのなんてバカにしてました。
白子とタラのトマト鍋。うーん今シーズンのヒット、ベスト3に入りそうです。
私がバカでした…。(笑

トマト鍋全体

白子を堪能しようと、築地から取り寄せたんです。
タラのほほ肉、純正かにみそと共に。(うまいもんドットコム、白子はもう終了)

まずは焼き白子を塩で。別の日ですよ。


さて、残りは鍋と思ったのですが、あっさりシンプルに和風か…、いやトマト!
以前浅草橋の名店シブレットで白子のソテーをいただいたのですが、ソース
がトマトだったんです
、目から鱗、とても合うんです。
あの体験のお陰で閃いた白子のトマト鍋。簡単で美味しいですよ。

今回の成功は多分、トマトが良かったから!
ここぞという時に使おうと取っておいたとっておきトマトソース、シチリア
のサルサディポモドーロ
を使用、これ本当に素晴らしい。

サルサパキーノ

さらっとジュースのようになめらか、でも味は旨み凝縮の濃さ。
糖度がとても高いので何の料理にもというより、シンプルに味わいたい感じ。

という訳で至ってシンプルに、いいEXVオリーブオイル、にんにく、鷹の爪、
香りが立ったらトマトソースを注いで、瓶をすすぐ感じで水を足し、(瓶の1/3位)
イタリアのブロードキューブを一つ加え煮詰め、塩少々、そして隠し味にカニ味噌を…。
海の風味がぐぐっと増しました。アンチョビでもOK。

もしホールトマトとかで作るなら玉葱も炒めると甘みが出ると思います。
でもこのソースに及ぶかは保証出来ません…。いや、別物でしょう。

オイルはシチリアのものもあったのですが、ちょっと繊細で鍋には香りが飛ぶので、
しっかり重め熱にも強いスペイン産にしました。(お陰様で完売、次回4月輸入予定)

オリーブオイル トマト鍋スープ

ソースの他はお好みの野菜を。なるべく水分が出ないものがおすすめ。
硬めに茹でたジャガイモ、ブロッコリーとレタスを準備。

それからひと手間だけど、絶対あったら美味しい薬味、カリカリ!
フライドオニオンとかクルトンでもいいけど、せっかくなのでオリーブ
オイルでさっと揚げました、これシュウマイの皮を切ったもの。

香りがよく芳ばしくて、塩振ったらこれ十分おつまみでいけますよ。
それからイタリアンパセリも刻んで準備完了。

カリカリ

ぐつぐつのトマトソースに白子を。この鮮やかなコントラスト、お、イタリア国旗。

トマト鍋

スープと共に、カリカリとパセリも掛けて!う〜写真撮ってる場合じゃないんですけど。

白子のトマト鍋

例えば焼き白子、そんなに何個も食べられませんよね?
このトマト鍋、危険です。程よく甘酸っぱいソースでなんだか白子がさっぱり…。
沸き立つにつれピリリと立ってくる唐辛子の辛味がまた何ともいいです。

トマトリゾット

シメは生パスタかペンネかリゾットか…、悩みましたがお米で。
これはパックのを硬めにレンジに掛けてソースの中へ。

パルミジャーノをすりおろして!

白ワイン必須のトマト鍋、敢えてお取り寄せカテゴリーで紹介させていただきました。

●パキーノ産チェリートマト100% I.G.P.パキーノ・トマトソース/べリッシモ

あ〜トマトソースも値上がりね、、今箱買いすべきか。
シンプルに煮詰めてバジルを入れたパスタにも使いたいし、酸味の強いビール
とレッドアイにもいかがなものか…。

ベリッシモさん出店予定↓

【2008年春の百貨店イベント】
全国のイタリアフェア会場へGO!
北海道/   札幌三越 5月13-19日
関東・甲信越/東急吉祥寺店 3月13-19日
       新潟三越 5月7-12日
       日本橋三越 7階 4月15-25日
中京/    名古屋三越栄本店 4月8-14日
       名古屋三越星が丘店 5月20-26日
九州/    福岡三越 5月2-7日

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(2) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

トリュフとジュゼッペ・コッコのパスタ

トリュフパスタ

言っておきますが、日常的にこのようなものを食しているわけではございません。
クリスマスに取り寄せた空輸フレッシュトリュフ。
でも当日はお腹一杯で断念したので後日使いました。

しかも何万円もこの小さな塊につぎ込むほど私お金持ちではありませんので(笑
これは中国産です…。思う存分使えます。

黒トリュフ

なかなか大きいんですよ。半分切ってもこのサイズ。
オマール海老の頭と殻をバターで炒めて白ワインで煮出したスープに
刻んだトリュフをたっぷり、生クリームを加え煮詰めたらパスタに絡め、
スライストリュフをこれでもかと…。(早く食べないと乾いちゃうし、それにしても掛けすぎ)

濃厚、香りもむせそうなほど。惜しまれるのはもっと薄くスライスすべきだったこと。
使うスライサー間違えた!でもトリュフ食べた〜という満足感はあります。
お店で出てくる皿にほんのちょっぴり紙のようなものがひらひらしてる切なさはない。
(もっとちゃんとした店に行けばいいことですが)

ジュゼッペコッコ

中国産とは言えそうそう食卓にのぼらないトリュフに敬意を表して、
負けないパスタを入手。

最高級の小麦粉を湧き水で練り上げた希少な逸品。ジュゼッペ・コッコのリングイーネ。
カヴァリエーレ勲章受賞、ローマ法王庁御用達!ようこそ日本の小さな家へ(笑。

小麦の風味があり、歯応えもしっかり、時間がたってもだれません。
こういう上質のパスタこそ、シンプルなペペロンチーノなんかにした時、実力を発揮するもの。
「採れたて炊きたてのご飯におかず不要!」ってな感じでしょうか。

小麦も世界的に値上がりなこの頃ですが、頑張って欲しいものです、イタリアの職人さん。
早々お気に入りパスタに追加です。

参考:
ジュゼッペ・コッコ【ローマ法王庁御用達】@隠れ家レストラン
ジュゼッペ・コッコ/片岡物産セレクト・フーズ・マート

三浦半島でトリュフが採れる!!
休日は裏山にトリュフを採りに行こう! 三浦半島で日本のトリュフを大量に
採ってフレンチを堪能した!@やまけんの出張食い倒れ日記


美食の代名詞トリュフの虜になる@All About»スタイリッシュレシピ

???X?g????レシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 16:43| Comment(4) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

蟹に終わり海老に始まる

蟹三昧

大晦日は蟹三昧。花咲蟹とタラバのアンヨを堪能しました。
ボイルなので甲羅を下にして乾燥しないようにラップをして解凍するだけ。
後は軍手とキッチンバサミを用意。家で食べる蟹って気楽でいいですね♪

ここ北国からの贈り物さんは捌き方パンフもついて来るし初心者も安心。
※このパンフの手、実はミガキちゃんらしい(笑 軍手してない!よ、鉄の手。

蟹もよかったけど、ミョウバン不使用ウニのルイベが最高でした〜。
帆立はバター焼きで楽しみました。

花咲蟹 蟹

適当に作った千鳥酢と出汁、生姜汁の蟹酢もまろやかでばっちり。
あとは湯豆腐と湯野菜?にしたんですがロゼワインとよく合いました。
このプロヴァンスのオーガニックロゼ、すっきり辛口かつ香りはよくていいです。

湯豆腐

湯豆腐のたれにはえごま油を1スプーン!絶対美味しいですよ。

たもぎ茸

野菜は柔らかくしゃりっと美味しいしんとり菜、ベビー白菜、色もキレイで
栄養価の高い楡木茸タモギタケ
。大好きな生麩はヨモギ味。
湯豆腐と一緒にさっと温めポン酢、麺つゆ、辛味噌たれで。


そうして年を越し…本格的飲みの前に!蟹雑炊。
はい、飲んだしめではないのです(笑

蟹雑炊

こんなぎっしりほぐし身の歯応えのある蟹雑炊はじめて!贅沢〜。


で、で、今年のお正月一番の愉しみはこちら、伊勢海老の醤油漬け。
築地藤田水産のもの、でも今は売っていない様子です

冷凍で到着、解凍して半分に割るだけ、あ、ろくな出刃包丁がなかった。
キッチンバサミで…。

伊勢海老醤油漬け

醤油が上品にしみていてむっちりぷりっとした甘い身が最高!
ちょっと琥珀色がかった味噌も絶品、これはもう日本酒です〜。

頭と殻でとった出汁は、翌日の鍋のスープに。
甲殻類に明け暮れた年末年始でございました。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

鰤のたたき3度目はチャレンジタレで

鰤タタキ

これで登場3回目の金沢鰤のたたき。
逸味潮屋さんのもの。
http://ushioya.com/

ミガキ姉さんが金沢土産に持ち帰ったもので、ポン酢仕立てのサラダに
のっけて食べたらこれ絶品。
http://abura-ya.seesaa.net/article/62237277.html

また取り寄せてもらって、生爪会でご披露、大好評

さらに、吉祥寺伊勢丹金沢展に潮屋さん出店!ということで、2人してまた行ってきました。
この数ヶ月でいったい何個買ったんですかね、姉さん(笑。


お正月用になんて言いながらキープと別にやっぱり食べてしまう。
最初は刺身で、2度目はサラダで、残りは片面炙って丼で。

さて、今回はどうする〜?
キムチ鍋と一緒だったので韓国風に、でも辛すぎない味でいってみることに。

茗荷、えごまの葉、玉葱、スプラウトなど薬味系の野菜をたっぷり刻んで…。

タレは白胡麻をベースに(擂るか、ねり胡麻で)麺つゆをプラス。
さらにコチュジャンや辛味噌をブレンド。
ちょっと今回は韓国料理店でもらったオリジナルのちょっと甘い辛味噌
だったんですが、大蒜、生姜、ナッツなどがたっぷり入っている感じ。

日本の味噌+ラー油なんかでもいいし、辛いのが好きなら中国の豆板醤でも。

それだけだとちょっとキツイので、マヨネーズを少々加えました。
まろやかだけどピリっと甘辛、胡麻が美味しいタレに。

えごまの香りが効いた韓国風鰤のっけサラダ、堪能しました。

が、これはあくまで3回目。初回は和風でお楽しみ下さいませ〜。
しかし頼まれてもないのに、こんなに紹介しちゃって(笑
もっと油宣伝しなきゃー。


あ(取ってつけたように)今月の油プレゼント綿実サラダ油ローズヒップオイルですよ。
綿サラは隠れファン多数(笑 浮気せず買う時は大量購入という方が多いんです。
ローズヒップは高級美容オイル。この時期クリーム代わりに大人気です。

今年最後のプレゼント、是非ご応募くださいね。↓(招き猫をぽちっと)

プレゼント応募!

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

長崎豚まん 桃太呂 杏みつにチーズケーキ

生爪肉まん

まだ続く、生爪会おとりよせ情報。今日はいっきにデザートまで!

むっちむちの皮にジューシーな具、程よいサイズの肉まんは、ライターの
聡子さんのお取り寄せ品。(堀江さんと作った本「日本の食ごよみ」出ました!↓

日本の食ごよみ

昔ながらの行事と手仕事をたのしむ、十二か月のレシピ にほんの食ごよみ
橋本加名子 著 アスキー刊




長崎豚まん桃太呂さん ↓歌が流れます、注意
http://www.butaman.co.jp/index.html

BRUTUS日本一のてみやげはどれだ!?中華まん部門グランプリ受賞。
なんとお肉と玉葱は機械でなく手刻み!
産地明記の安心素材で職人さんがひとつずつ作った肉まん、貴重と言えましょう。


生爪肉まんアップ

皮と餡のバランスがちょうどいい!玉葱の甘み柔らか。
あ〜今冷凍庫にあるなぁ、今夜蒸そうかしら。


お腹いっぱいだけど別腹のスウィーツ。
こちらも甘いものに詳しい聡子さん持参の「信州上田みすず飴本舗 飯島商店」の杏みつ。
http://www.misuzuame.com/index.html

みすず飴ってそう言えば有名ですよね。
国産果汁を加えたフルーツ寒天がいい味。あと杏が凄く美味しかった。
でもこの杏みつは時季ものだったようで、今はありません、ごめんなさい。

生爪みつまめ


最後に堀江さん取り寄せのトロイカのチーズケーキを。
名前は度々聞いていたのですがはじめていただきました!

生爪トロイカ

いやーこのサイト、びっくり箱みたいでキッチュですね。(笑 岩手のロシア料理屋さん!
http://www.d3.dion.ne.jp/~troika/

原料のチーズも手作り、フレッシュチーズがたっぷり入っている味です。
あ、国産モッツァレラもいいなぁ。
ベークドだけどふわふわでなくこってり濃厚、とてもクリーミーでコクがあります。
少量で満足感あり。ちょっと強めの食後酒といただくのもありかも。

生爪チーズケーキ

という訳で、甘いもの情報まで終了です。
おとりよせって便利ですね♪ でも冷凍庫の許容量チェックも忘れずに!

あ〜年末何を取り寄せようか悩みますー。新しいものにもチャレンジしたい
けど、せっかくなのに外すと悲しいし。
こういう時情報網は貴重ですね、生爪会ありがたやです。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 20:12| Comment(2) | TrackBack(5) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

うなぎおこわ 鷲洋

生爪うなぎおこわ

こちらは生爪会で私が取り寄せた鰻おこわ。
三重県紀州の鷲洋さん(しゅうよう)
http://www.syuyo.com/

通常版はもう少し大きいようですが、他のものもあるので一口でいいかなと
山椒入り限定版にしました。
うなぎって鰻重もいいけどちょっと一口だけ食べたいなーって時ありません?

冷凍庫に常備してあって、ラップごと蒸すかレンジですぐ食べられる幸せ。
もっちりしたもち米とふわふわの鰻。

生爪おこわ蒸し

皮を取っているので味わいはマイルド。個人的にはもうちょっとパンチが
あってもいいかなと思ったけど、甘みは控えめでいいです。

生爪おこわ

このタレの感じ、ワインのつまみにも良かったりして。

うなぎおこわで実はもう1軒気になっているお店があるんです。
こちらは「朴葉蒸し」、梅林という横浜の日本料理店のもの
http://www.bai-rin.co.jp/

何と言っても鰻と相性抜群の牛蒡が挟まれている魅惑の一品。
こちらはおとりよせネットの本「おとりよせ日和」掲載品だったので
ミカさんは知ってるなぁということで遠慮したのですが、やっぱり食べたい!(笑

次回マークですね。

生爪ごぼう

お口直し画像はミカさんが作った牛蒡の金平、これはバルサミコが決め手!
ふっくら柔らかく仕上がったミガキ姉さんお手製花豆煮と小豆島のオリーブ新漬けでした。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
ラベル:うなぎ おこわ
posted by 油売りエマ at 02:43| Comment(4) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。