2007年11月29日

へんじんもっこの生サラミ

生爪へんじんもっこ

新潟県佐渡市の「へんじんもっこ」のサラミ各種。
http://www.rakuten.co.jp/mokko/index.html

へっ?!なんて意味〜と思えば、佐渡の方言で頑固者、へそ曲がりのことだそう。
なるほど、頑固一徹なわけですね!
こちらは生爪会、アスキー堀江さんのお取り寄せ品

生爪へんじん箱

こんな感じで届きました!本場ドイツっぽいですね。
ちょうど吉祥寺リンデのドイツパンも持参していたのでナイスコンビネーション。

重め赤ワイン(エノテカ)と食べ頃のトロトロウォッシュチーズ(チーズ王国)
ミカさんお手製ピクルスと共に。※盛り付けbyみがきっく

生爪サラミ1

4種類を堪能、貴腐サラミというのもはじめて食べました。

一番の衝撃はこちら、クリームサラミ
「お肉のバター」と評したお客さんがいるとか、
まさに私が知っていたサラミとは全く別物です!

レバーパテとも全然違うなめらかさ。脂肪分の成せる技。
れっきとした乳酸菌による発酵食品だそう。
これはほんの少しを軽いフレッシュチーズなんかと合わせてもいいかも。
バター代わりにサンドイッチの内側に塗るのもありですね。

生爪サラミ2

あときれいなピンクのやわらかなとんとろサラミ
上質でソフトな赤身が何とも言えません。
テリーヌとも生ハムとも違う美味しさ。
脂肪分の多い乾燥サラミが苦手な方には特におすすめ。

前菜、サラダにもアレンジできそう。
さすが国際コンクール認定品を多数算出しているお店!

と言う訳で、またも素敵なワインの肴を知ってしまいました。
ここの田舎パテアウフシュニットも気になります。
ありがとう、堀江さん!
次回はあそこでワイン飲み明かしましょうね…。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ


posted by 油売りエマ at 02:21| Comment(6) | TrackBack(1) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

サンゲタン塩鍋◆鶏のさがり◆醤油のダシ

生爪サムゲタン

◆薬膳参鶏湯さとや サンゲタン塩鍋◆
http://satoya.jp/index.htm

参鶏湯 サンゲタン。
丸鶏を高麗人参、もち米、棗、松の実などとホロホロになるまで煮込んだ滋養食。

お肌のきれいな韓国女性が定期的に食べる必殺美容スープ!
コラーゲンで白濁したスープを飲めばそれだけでもううっとり(笑

今までパックで販売されているようなものしか食べたことがなかったような。
一度韓国の方に作り方を教わりたいものです。

さてこちらは生爪会でミカさんが取り寄せた薬膳参鶏湯さとやさんのサンゲタン塩鍋

薬膳参鶏湯さとやの「サンゲタン塩鍋1羽」@おとりよせネット

生爪サムゲタン2

もう鍋で温めるだけ!の手軽さ。
とにかく手間要らずなのでサイドメニュー作りはゆっくり出来ますね。

で、日本の鍋と違ってしっかりまろやかなスープがもう完成しています。
深くまろやか、やさしい塩味で鶏のおいしさが堪能できます。
「添加物、保存料、着色料、醤油、味噌、小麦は無使用」なので、この
とろみは鶏ともち米の自然なもの。

しかも塩鍋は通常の参鶏湯とは違い塩タレベースに、野菜もついてくる
このお店オリジナル。
シンプルな薬膳サンゲタンやチゲもあります。

生爪サムゲタン3

この鍋、5人でもお腹一杯!(まぁ他にもありすぎたけど…)、
2人で食べたい時は多すぎるなぁと思えば、ちゃんとハーフサイズも
あるようです。

うーん、じんわり栄養補給したい時にぴったりのスープ。
あ〜親にも送ってあげようかしら。

お店は福岡なんですね。
次は見た目もシュールなウコッケイチゲを食べてみたいです↓

※画像拝借(赤と黒のサンゲタンチゲ/薬膳参鶏湯さとやさん)

ウコッケイちげ



◆鶏さがりの柚子胡椒和えと醤油の「だっすぃ」◆

既出の鶏のさがりは以前紹介したもの

石川県とり農園さんから取り寄せます。

ぼんじり、せせり(首肉)、はつやもつ、軟骨などの部位を買って
冷凍してあります。
次回は白軍鶏1羽かと思っているのですが…。

生爪さがり

このコニョコニョのさがりをしっかり水気を拭いて、塩を振り、
オリーブオイルで焼いて、柚子胡椒で和えました。
(ミカさん邸はうちのオイル完備なので嬉しい♪)
コツは炒めるというより、動かさず焼き付けること。
本当は網で焼いて、柚子胡椒xオリーブオイルで和えるといいかも。

柚子胡椒はミガキ姉さんのフレッシュ減塩自家製だったのでたっぷり使用。
普通はこんなに使えませんね。


今日は盛り沢山。左手前に写っているのはミカさんが作った醤油ベースのダシ。
あの山形の野菜を刻んで漬けてあるやつ。今まで昆布やお酢でとろ〜りと
なっている塩ベースのものしか知りませんでした。(ダシ辣油やっこ

お裾分けで持ち帰ったのをご飯に掛けたらポリポリして美味しくて!
醤油味、いいです〜。
ミカさんがどこかのブログで見かけたと小耳に挟みしばし検索…。


ありました!これでしょ!?多分。ということでご紹介。
作り方はこちらへどうぞ↓

自己紹介のひと皿「だっすぃ」@ぺんぎんごはん

まぁなんと、石垣島ラー油の製造者様!

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 17:23| Comment(2) | TrackBack(1) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

山うにとうふ 五木屋本舗

生爪山うに豆腐

生爪会おとりよせ品、手前はミガキ姉さん金沢から取り寄せた
「ふぐの子ぬか漬け」左は「小鯛の昆布〆」

金沢逸味潮屋さんのもので絶品鰤タタキもご一緒にどうぞ。
どうやら12月6日〜12日までの7日間、吉祥寺伊勢丹催事?に出店情報が。

ふぐの卵は薄く切ってちょっと炙ると酒の肴にたまりません!
昆布のダシがしみこんだ小鯛はそのままで美味しい。


そしてガラスの小鉢に入っているのが山うに豆腐
私もはじめてですが、熊本の五木屋本舗さんから取り寄せました。
奥は生姜味噌漬け。

山うにとうふは焼き豆腐の味噌漬け、ウニは入っていません。
もろみ味噌でまったりとチーズのようになっていてなんとも言えない
自然の甘みがあります。

「800年前、平家の落武者によって五木地方に伝えられたとも言われる」そうで!

よくあるチーズの味噌漬けとは異なる珍味に仕上がっています。
ねっとりとしていてふんわり酵母?の香りがして、でも強烈な発酵食品
とは違うので子供からお年寄りまでOKな感じ。

これは冷凍庫に常備したいかも。(冷凍でも固まりません)
そのまま酒肴に、ご飯に。あとはいろいろなお料理に使ってみたい意欲が湧きます。

付属のリーフレットに調理例がのっています、卵焼き!あ〜合いそう!
パスタに同僚のオリーブオイルで溶いてと書いてありましたので
ちょっとアレンジ。

この仄かな香りを生かすため、あえて無香でさっぱりしたえごま油を使用。
浅葱と一緒に和えておきます。

山うにパスタ1

山ウニパスタ2

山うにパスタ

茹でたスパゲッティと絡めるだけでクリーミーな激旨パスタに!
見た目地味ですけど、本当に絶品。

ほんのり甘いのでお好みで山葵を。
これはまりますよ〜、ちょっとカルボナーラを超えるかもってくらいマイブーム。
卵も生クリームも不要、豆腐とえごま油だけの簡単ヘルシーレシピ。
是非お試しくださいませ!

私は早々にリピートまとめ買いです。極上1年ものいっちゃおうかな。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(1) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

生爪会第一回おとりよせパーティー

おとりよせネットの花房美香さんとの出会いは、当店のオリーブオイルを
気に入ってくれたこと
がきっかけ。
もちろん以前からお名前も知っていたし、五味一体特別の油寿もご愛用
いただいていたのですが。

ある日お店に可愛らしい方がやってきてソーラーロメロを指名買い。
あ、これは只者ではないですなとあれこれお話しすれば、まぁミカさんですか!

その日は確かお店に入っていた取材の為バタバタしていて、
少ししかお話しできなかったんですが、旨いもの好きオーラを放つ
ミカさん、是非とも仲良くしたい!と交際スタートになりました。
素敵な女性に声かけるのは得意なんです(笑

なんと居住地区も近いことが判明。
多忙のミカさんに、秋頃おとりよせパーティーしましょうよ、
と日程決めをしたのが2ヶ月以上前、それはもう楽しみにしていました。

ちょうど別枠で知り合いになったアスキードットPC編集部のうまいもの担当!
堀江さん
と彼女と一緒に今本を作っているフードライターの大沼聡子さんにお声掛け。
京都のお酢屋のお酢レシピは彼女達の企画・編集本です!)

お馴染み自在屋みがき姉さんは無論参加必至。
堀江さんとは以前さくら鍋屋ですでにご紹介済み

さて、土曜日の昼下がり決行が近づく中、メールで持参品を各自表明。
今回はミカさんお取り寄せサムゲタンをメインに据え調整しました。



しかし知り合いの知り合いは皆どこかで繋がっていてびっくり。
という訳で当日は皆はじめてと思えないほど早々に意気投合。

はじめてお邪魔するミカさん宅キッチンを我が物のように占拠。
お皿用意、食材カット、炒める、盛る、並べると各自「美味しいものを食べる為」意識はひとつ!

これだけフード命!人種が集まって盛り上がらないはずもなく…。
素晴らしいおとりよせ品が集結したのでした。

これから随時紹介しますね、とても一気に書ききれないので。
今日は軽い予告編ということで。


生爪山うに豆腐生爪さがり生爪鰤
生爪サムゲタン生爪へんじん箱生爪ごぼう
生爪おこわ生爪肉まん
生爪みつまめ生爪トロイカ


一部:チェリービールで乾杯日本酒(春鹿純米)
 ※飲むのは私と堀江さんくらいなんですが(笑
 

・小鯛の昆布〆/ふぐの子ぬか漬け/生姜の味噌漬け/山ウニ豆腐
・鶏さがりのオリーブオイルソテー柚子胡椒和え/野菜の醤油ダシ
・鰤のタタキ・塩ポンサラダ仕立て(既出、情報はこちら参照
 ※みがき姉さん持参品に私が前の晩仕込んだ野菜の合作(この日は大根と白菜)
・薬膳サンゲタン塩鍋

二部:しっかりめ赤ワインと共に

・クリーム、貴腐、とんとろサラミ
・食べ頃ウォッシュチーズ
・ドイツパン、クラッカー
・ミカさんお手製ピクルス/牛蒡のバルサミコ金平
・オリーブ新漬け/みがきっくお手製花豆煮
・鰻おこわ
・一口豚まん
・杏みつ/オリーブチョコ
・トロイカのチーズケーキ
・中国茶

なんだか皆美味しすぎて(笑 もっと一品ずつじっくり味わってあげたかったかも。


さて、生爪会の由来です。なんで爪に目がいったのか…。
とにかく妙齢!の女が5人も集まってみんなノンマニキュア。
もちろん、する時もありますよーー!

でもじゃが芋剥いたりキャベツ揉んだり缶開けたり掃除したり、
本めくってPC打って梱包して…。
長持ちしないし、まして付け爪は無理!!(いや今すごいのあるらしいけど)

まぁお洒落か旨いものかと言われれば間違いなく後者を選ぶであろう私達。
「生爪会」発足となりました。え?痛々しい??

生爪


生爪会

という訳で、おとりよせ情報どんどん出していきますのでお楽しみに!

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 21:03| Comment(5) | TrackBack(4) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

金沢の鰤のたたき◆イタリアの胡椒塩水漬け

鰤たたき

最近壱岐やら金沢やら日本を飛び回っているミガキ姉さん
壱岐の豆腐や金沢の魚、自家製塩ポンや柚子胡椒他たまったお土産を
ガラガラ引いて遊びに来ました!

「壱岐最高。金沢も美味しかった!」の感想と共にお土産第一弾、金沢のぶりのたたき
残念ながら現地の鰤しゃぶにはちょっと早かったようですが、このたたき最高!
冷凍庫常備したい品目に追加ですー。

◆ぶりのたたき@金沢の珍味処 逸味潮屋

脂がのってとろっとろ、山葵醤油でいいようですがここはやっぱりアレンジしないと。

大根を短冊に切り、合わせましたのはほろ苦いルッコラ!
自家製塩ポン酢を絡めほどよくしんなりしたところに、鰤たたきをのせ、
フレッシュグリーンペッパーの塩水漬けと柚子胡椒、麺つゆを合わせたタレを。

◆生胡椒の塩水漬け@ Niki' Kitchen

柚子、ルッコラ、胡椒のなんとも芳しい刺激に負けないブリ、堪能しました。
塩ポン酢も柚子胡椒もさすが自家製、絶対市販品にはない味。
フレッシュで美味しい、素晴らしい!よく10キロも柚子の皮剥いた、偉いっ!!
製作過程↓
http://www.jizai-ya.com/diary/post_44.html

やー調味料まで自家製はじめると、もう止まりませんね(笑。
次は味噌?ナンプラー?お裾分けお待ちしております。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

シャラン産鴨ロースとワンスプーン前菜

ワインP

映画、美術館、本、鴨にワイン好きと共通点の多い友人Kちゃんと
家飲みDVD鑑賞会。(見たのはホリデイパフューム

もちろんメインは鴨ロースト。
今回はシャラン鴨を取り寄せましたが、柔らかさが違います!
ゆっくり解凍して皮目に格子の切れ目を入れ塩胡椒して両面焼き、
ホイルで包んで寝かせてスライスするだけ。

ソースはベリーかオレンジが迷った挙句、両方ブレンド(笑。
バルサミコ、赤ワイン、3種のベリージャムにオレンジの搾り汁と皮少々、
クローブ、麺つゆ、ブランデーを味見しながら煮詰め、少々のバターと小麦粉でとろみ付け。

鴨は皮の方をじっくり焼くと凄い量の脂が出て、それを取りながら
パリッと焼くと芳ばしくて美味しいです。

甘酸っぱいソースに野性味溢れるジューシーで芳ばしい鴨。
あー秋って素晴らしい。

その他鴨についての記事はこちら

鴨

鴨ロースト

あとはお決まりのパン、チーズ、オリーブ、トマトペースト。
簡単なカブのサラダとキノコのホットサラダ。
ちりめん山椒のコロッケは後日紹介。

あと前菜のマイブーム、ワンスプーン!昔テレビでやってましたっけ。
ピンチョスやカナッペのように組み合わせを考えるのが面白い。

「一緒に食べた時の味」を想像する必要があるのと、食べやすさも
考えてスプーンに配置するという結構奥深いものがあります。

見た目の美しさや食感、各食材の量のバランスなど、、
これ頻繁にやってると何かの訓練になりそう。

今回は生姜を利かせた濃いチキンスープにトマトジュース、豆乳を
あわせ寒天でジュレ状にしたソースの上に、黒むつのカルパッチョ
(塩x酢橘xオリーブ油)を巻いてのせ、卵黄の味噌漬けをトッピング
して浅葱を散らしました。(わー面倒くさい!でも楽しい)

味噌x醤油x酒xコチュジャンを合わせたものを小さな器に
入れ、キッチンペーパーごしに卵黄を埋めると一晩でも美味しい酒のあてに。

ワンスプーンバリエーション、増やして行きたいです。
しかし黒むつのお刺身って美味しいものですね。

スプーンズ ワンスプーン

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

パエリアに生ウニ!

生うに

三陸の殻付生うに!!
お皿にのっけて出すだけで全員のテンションが上がります(笑。

ここのとこアップしていたトマトの前菜秋刀魚煮ロメインレタスのサラダなど
実はとある日のパーティーメニュー。

毎度お世話になってますミガキ姉さんの誕生日祝いを兼ね、こちらも
久しぶりで公私共に仲良くしているアロマなmoran夫婦と旨いもの会。

祝われる本人が一番豪華食材持ってきてくれました、ウニ!
甘くてそのままで美味しかった〜。
「海胆」は殻付き、「雲丹」は殻から取り出して加工したものなんですね。
ミョウバンを使っていない剥き身パックまでいただいちゃって、
こっちは翌々日にふんだんにパスタで楽しみましたです、後日アップ。

この日はそろそろ秋、赤ワインに合うものってことでメインをムサカという
オーブン料理にしたのですが、残暑で暑かった…。
moran夫妻、美味しいワインありがとう、3本も持ってきたのに無くなるとは!

まずはキンキンに冷やした泡のつまみにとパエリアを。
これは初めてプロキットさんからお取り寄せ

本格パエリア バレンシア風キット(2人前)

パエリア1

パエリアパーティーなら自分で作るんですが、サイドメニューならお取り寄せが楽ですね。
サフランと魚介揃えると結構高いし。これは何も買う必要なし。
ちゃんと美味しいスープ、具材、炒めたお米、レモンまでついてきます。
「温めるだけ」じゃなくて、何工程かで仕上がるタイプ。

えーミガキちゃん作ってくれてありがとう(笑。
しかも最後に1個残しておいた生ウニをごっそり!なんて贅沢なパエリア。

パエリア

うんうん、サフランの香りもちゃんとしてよろしいんじゃないですか?
これだけ魚介類も入れば美味しいし、いい出汁です、オコゲ具合だけ気をつければ。
えぇ、ちょっと最後に私が火を強め過ぎましたけど(笑。許容範囲内ということで。

今日はお取り寄せ情報でした。
ちなみにプロキットは「かさごのアクアパッツァ」「牛スネ肉の赤ワイン煮込み」
「ブイヤベースマルセイユ風」
なんかも気になります。
冷凍庫にあったら便利かも。

絶品生ウニパスタとムサカレシピはまた後日。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

森岳じゅんさい鍋

またも週末食い処から民宿エマ開業…。
お代は食材でいただきます。

「じゅんさい鍋っての頼んだんだけど、食べる?」
「…じゅんさい! 鍋?  食べる。」

「あとまたお肉のいいとこ、どうにかして試食したいのよ、持ってっていい?」
「… いい。」

サーディン、アンチョビ、佃煮に冷凍グラタン、麺類、手作り桃のコンポートにゴーヤ、お肉…。

いつも激しいお裾分けおおきに、姉さん。冷凍庫パンパン!
まぁまぁひと風呂浴びて涼んでくださいまし。

やっぱり暑いキッチンで食材を前に戦略会議。
そう、じゅんさい鍋だけじゃ済まさない私達。
このお肉どうする?何とあわせる?じゃこっちはこんな感じで…。

今回は何となく鍋にあわせ和系で構成。

夕方もう一人のゲストを駅までお迎えがてら、あっちの八百屋、こっちのスーパーへ。

主に酒担当の私、冷酒もいいけど、じゅんさいと比内地鶏にはちょっと甘みのある
ロゼとかアルザス・リースリングなんかもいい感じと思いつつ酒屋を物色。

各種地ビールと結局ロゼスパークリング、しっかり黄金色のGaviを入手。
(リースリングは甘口しかなかった)

<本日の御献立>
海老とじゃが芋、セロリの冷菜
・森岳じゅんさいと比内地鶏の鍋
・松阪牛切り落としのさっぱり和風煮込み
・味付き和牛炒めの野菜添え
朝採れゴーヤとそうめんかぼちゃのピリ辛サラダ
・桃のコンポートを使った即興デザート

<翌日の即興献立>
ズッキーニとカッテージチーズのサラダ
・お鍋出汁で木ノ子うどん
・オクラチャンプルー
・茄子とえのき、舞茸のさっと煮

海老ジャガ冷菜 和牛炒め

和風煮 ゴーヤとそうめんかぼちゃのサラダ

桃デザート

オクラちゃんぷるー ズッキーニサラダ

わーいブログネタいっぱい!今日はお鍋だけご紹介…。
どうです、この艶やかなじゅんさい!

じゅんさい鍋

これ、テレビ「ガイヤの夜明け」でやってて売り切れ続出らしいです。
森岳じゅんさい@うまいもんドットコム
森岳じゅんさい鍋で検索

大きめ(育っちゃったってこと?)のじゅんさいを、比内地鶏の濃いめ出汁に
さっと泳がせていただくお鍋。

ヘルシー低カロリー胃に優しい感じ。プリプリの鶏肉と濃いお出汁がばっちり。
夏に美味しいお鍋です。特に女性受けしそう。

同梱の「みず」っていうもっとしゃきしゃきした蕗のような山菜が美味しかった。
用意したのはシラタキと茸類くらいです。

じゅんさいx鶏鍋

比内地鶏から結構濃厚な油が出ます。じゅんさいがさっぱりだからこの位濃い方が美味しい。

残ったお出汁は酒や醤油を足しておいしいうどんにアレンジ。(泊まり客が・笑)
この半生麺どこのでしたっけ、なが〜いのを切って茹でるんですが
稲庭みたいにコシがあっていい風味。

うどん

気に入りました、じゅんさい鍋。しっかりしたお豆腐も合いそう。
他のメニューは順次小出しで…。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 18:04| Comment(4) | TrackBack(1) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

紫たまねぎ礼讃◆必殺調味料情報

よっしー玉葱サラダ

こんなに瑞々しい紫玉ねぎはじめて!
京都上賀茂でヨッシーが作った立派な玉ねぎ。

甘くでジューシー、これはシンプルにいただきましょう。

スライス後、水にさらさず一瞬水を流し、水切り器にさっとかけて。
(でも繊維にたっぷり含む水分はそのまま残ってます)

味付けも控えめに。メインは玉ねぎですから。
美味しい昆布塩をぱらり、酸味まろやかな千鳥酢もちょっぴり、
そしてレモンオリーブオイルも上品に小さじ2杯程度。

ざっくりお箸で和えただけでみんな大絶賛のサラダに。
しゃっきしゃきだけど繊維の目が細かいというか、、
とにかく水が滴る柔らかさにびっくり。
やっぱり素材って大事ですねー。そしていい素材にはやっぱり上質の調味料。

夏野菜アウトレットもうすぐ終わるらしいですよ、私は届くのを待っているところ!
 http://www.kyoto-food.jp/item/outletset.php#141


ちなみに私がもう手放せない昆布塩はこちら(某バーで分けていただいた)
『塩昆布を作っているときに偶然生まれた佃煮屋さんの昆布塩』

強烈な旨みと甘み!塩分は薄いので塩味をつけるんじゃなく、
旨味調味料として使います。
オリーブオイルにちょっと加えてスティックサラダに。お刺身や天ぷらに。
取り寄せて後悔しないと思いますよ!

使ったオイル:レモンオリーブ油リモーネ

lemone

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 20:08| Comment(8) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

親子丼を京都からお取り寄せ

「明日京都出張なんですけど、どっか美味しいとこないですか」

とのメール。何よ、私だって1回しか行ったことないわよ、京都。

速攻京のおなごみやんとこの前も京都食道楽してきたミガキ姉にメール。

「権太呂でいいんじゃない?」

おー権太呂さんがありましたな。
という訳でうどんすきカレーうどんに続くお取り寄せ画像を引っ張り出してみました。


権太呂親子

親子丼!久しぶりに挑んだので、半熟卵加減が絶妙とは言い難かったですが味は美味。

親子丼

ネギか玉葱を用意するだけ。卵はついてきますよ。
鶏肉と上品なお出汁がやっぱり美味しい。

ちなみに鍋焼きうどんも一食ずつ頼めます↓(冬だけかも)

鍋焼き権太呂鍋焼き

楽天からは撤退した模様ですが、本店からお取り寄せ可能。

http://www.gontaro.co.jp/tuhan/category/c-meshi.html
ひゃー穴子めしと鯛茶漬けもおいしそう!

http://www.gontaro.co.jp/tuhan/category/c-shun.html
は、鱧の煮凝り!!!

夏の権太呂もニクイです。

ちなみに権太呂さんは水曜定休だったらしく、みやんの別のおすすめ、
えいたろう屋に入店、絶品だったとの報告メールがありました、、く〜。

情報料としてちりめん山椒、干菓子、丹波の黒豆、鱧佃煮という
豪華土産を頂戴しましたのでにっこり。

また聞いてくれたまえ(笑。


ねぇさん、いいですねーその胡麻油の使い方!
またいい胡麻油使ってますな(笑。
<トマトと焼き茄子の冷やし中華@お江戸発・京ごはんブログ>

京都ヨッシーの夏野菜も取り寄せなきゃ!
みやん、引っ越したら注文しますわー。

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。