2008年11月04日

蓮根ごま味噌スープ

蓮根胡麻味噌汁

風邪をひきました。喉が腫れて痛く夜は咳がコンコンと。
さすがに数日禁酒です…。でも食欲は衰えないのが悲しい。

原稿→PC→食べる→寝る→原稿 の繰り返し、え、太りそう…(笑


蓮根味噌スープ2

鬼おろし蓮根たっぷりの胡麻味噌汁、作ってみました。
水に粉ダシを加え煮立て、蓮根おにおろしを加え、ねり胡麻たっぷりと
白味噌を溶いて、白葱をトッピング。

しゃりしゃりの蓮根が美味しい。胡麻の風味もむんむんで栄養たっぷり。

乾燥の季節、皆様もお気をつけください〜。


常備すると便利:九鬼 純ねりごま

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ


posted by 油売りエマ at 01:42| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

トレヴィスとポテトの香りサラダ

久しぶりのおうちごはん。油本(仮)撮影後もイベント続きで料理できず、
しかも調理器具や調味料類の撤収もまだなので、手ごろな小鍋やボウルなどもない!

包丁だけは持ち帰ったものの、あ、胡椒ミルまでない!(泣 ご飯炊く土鍋もない…。

撮影残り食材をごそごそ、ヴァイスブルスト(白ソーセージ)をサラダ用の
ポテトと一緒にボイル。

かぼす

編集者の荻田さんにいただいた、大分の立派なかぼすを使いましょう。
それとエゴマの葉一束とパクチーをたっぷり刻んで。

ほろ苦さが美味しい色鮮やかなトレヴィスはちぎってスタンバイ、う、大きなザルもない…。


あたたまったソーセージはグリルでこんがり焼いて、ポテトは水気を切って、
トレヴィス、薬味とあわせます。熱々の内に塩xまろやかな胡麻油、
カボス汁たっぷりで味付け。ポテトの熱でちょうど全体が馴染んでいいです。

トレヴィスサラダ

見た目は洋っぽいですが、味はすっきり爽やか胡麻塩ハーブ味(笑
強烈なエゴマとパクチーが上品な胡麻油でしっとりまとまり、爽やかなカボスの
酸味が効いていて美味です。えごま油でももちろんいいです。

ドイツでは考えられない付け合せでしょう。

使ったオイル:玉締め搾り胡麻油

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ ????L金田油店へ
posted by 油売りエマ at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

上品胡麻香るビシソワーズ

ビシソワーズ

ポテト単独ポタージュってなかなかやらないかも。
パンプキン、人参、お豆、コーンなどとあわせてしまったり。

今回は京都ヨッシーのじゃがたまと爽やかな玉締め搾り胡麻油の
極上ビシソワーズ、やってみました。

こんなに簡単なのに予想以上の美味しさ。
玉葱の甘さとあわさった、滑らかなポテトの美味しさはマッシュポテトと別物。

ほのかで軽い胡麻香とトッピングのあおさの磯の香りもいいです。
ひんやり冷やす前に熱々でも是非どうぞ。


じゃが芋は3個くらいを薄切りにして水に晒し、玉葱半分(ポロ葱やセロリなど)
スライスと一緒に胡麻油とバターひとかけで炒めます。

全体に油が回って玉葱が透き通ったら水をヒタヒタに入れ、固形スープ半個を
加え柔らかくなるまで蓋をして煮て粗熱をとります。

ミキサーかブレンダーで牛乳を加えながら滑らかに攪拌。
(濾すとさらに滑らか)
温めながら牛乳で好みの濃度にして、塩で味を調整。

仕上げに水で戻したあおさをトッピング、胡麻油もひとたらし。


この胡麻油はサンプル品なのですが、こんなにさらっとしているものは初めて。
とっても軽やかで上品で気に入りました。
胡麻というより軽いナッツオイルのような感じ、いずれお店でも取扱いたいと思います。

今販売している玉締め搾り胡麻油はもう少し濃くまったりした感じですが
こちらもまろやかでおすすめ。胡麻って焙煎と搾り方で味が全く違うんです。
お料理で使い分けてください!

使ったオイル:セサミアさわやかタイプ

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ ????L金田油店へ
posted by 油売りエマ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

賀茂茄子の宴/水蛸の和風カルパッチョ

うだる暑さの週末、汗をかきながら洗濯、掃除、らっきょうの塩抜きにレシピ試作…。

そこへピンポーン、と京都のヨッシーから夏野菜が到着!
きゃー賀茂茄子、大変お酒買いに行かなきゃ、ということでいそいそと賀茂茄子
の宴、準備。

夏祭りで子供がいっぱいの商店街を酒屋に寄り、魚屋に寄り、ふらりと入った
骨董屋で茄子にちょうどいい皿まで買い。(笑


一風呂浴びる前に、ビールを飲みながら抜かりなく添え物の仕込み。
みずたこ刺身用を薄く切りお皿に敷き詰め、塩ポン酢x山葵xえごま油
たっぷりの茗荷と紫蘇のタレを掛け冷蔵庫で冷やします。

■水蛸の和風カルパッチョ■

(白ワインの時は同じタレで油をオリーブオイルに変えるだけ。)

水蛸カルパッチョ


■蛸吸盤の行者大蒜和えと白瓜の塩揉み■

吸盤は湯引きして行者大蒜の味噌漬けと諸味醤油で和えておきます。
カルパッチョと違うコリっとした食感が美味しい。

薄切りの白瓜は千切り生姜と昆布塩で揉むだけ、白胡麻を振って。

白瓜生姜和え

賀茂茄子は王道の田楽に。えぇ木の芽をゴリゴリしましたとも。
白味噌x味醂と練り合わせ、スタンバイ完了。


茄子田楽

お風呂から上がったら、、「お茄子、焼けてます」ってことにはなっていないので(笑

格子に切り込みを入れた茄子を太白胡麻油をさしながらじっくり焼きます。
フライパンでもいいけど、厚手のルクルーゼのような鍋で焦げ目がついたら
小さじ1杯くらいの水を入れ蓋をするとあっという間に柔らかくなりました。

木の芽味噌をのせ、冷えたお酒を…。

賀茂茄子の宴

あ〜至福のひととき。
何とテレビではちょうど花火中継もやってたりして…。

涼しい部屋で冷酒と賀茂茄子。正しい夏の過ごし方かと。

茄子木の芽味噌

ほろりと箸が入り、じゅわーっと溢れ出る旨みが胡麻のコクと味噌の風味とあわさって…。
感無量です。キングオブ夏野菜!

ヨッシー今年もありがとう。貴方の野菜のない夏なんてもう過ごせません。
冬野菜も最高だけどね。
ラタトゥーユにカボチャポタージュ、万願寺焼きにマーボー茄子、トマトのマリネに肉じゃが…、
今週も忙しくなりそうです。

ぴかぴか(新しい)京都うまいもんや:京都上賀茂ヨッシーの朝採り野菜

【去年の夏の賀茂茄子レシピ】

賀茂茄子とカマンベールチーズの出会い

賀茂茄子のちりめん山椒煮

茄子天生姜餡かけ


使ったオイル:和風カルパッチョに純えごま油/茄子田楽に太白胡麻油

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ ????L金田油店へ
posted by 油売りエマ at 16:55| Comment(7) | TrackBack(1) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

夏の河豚料理

みがき姉がみがき河豚を持って来ました!身欠きふぐ試作会。

考えてみると、てっさ、てっちり、小フクの唐揚げ、河豚寿司にフク雑炊…。
取り寄せてそのまま食べるだけ。フク、料理したことないです。

どーする?何にする?と言いつつ、フグの旨みを野菜にうつしたサラダと、
夏の辛いチゲになりました。

フクサラダ

姉さんがフグを切り、チゲ作り。
私はサラダの野菜とタレを。ブロッコリー、モロッコいんげん、万願寺っぽい辛く
ない唐辛子。そして最後に生で加えるパクチーと胡瓜。

一口大のフグは塩と小麦粉を振って太白胡麻油でこんがり焼き取り出します。
同じ鍋で野菜を炒め、ちょっぴり水を加え蓋をしてしんなりさせて。
でもぐちゃぐちゃにしない、歯応えを残して。

たたききゅうりはそのまま最後に混ぜて盛り付け。

タレは塩ポン酢ベースに麺つゆ、落花生油少々とライム汁、青唐辛子スライス。
唐辛子、冷凍しておくとそのまま切れるし便利。

辛さだけでなく爽やかな青さがいいです。


最初、美味しいけど河豚じゃなくてもいいのかなぁ、白身魚ならなんて言い合って
いたのですが、食べ進める内に、いややっぱりフグだわ、フグ!となるのが不思議。

しっかりした鶏のササミっぽいんですよ、濃いフグの食感と味わいが。
強い野菜やエスニック味にも負けてない河豚の美味しさ、新発見でした。


フクチゲ

チゲは韓国の唐辛子とサムジャンなどなどをブレンド。

葉ネギにもやし、胡麻を振って熱々すっきりした辛さ。
仕上げに「パクチー食べたいよね」ってどっさり追加、お酢も入れたら途端に
タイ味になりました。これはこれでありです。暑い夏に熱くて辛いもの、すっきりします。

こんな味でもちゃんとフグが感じられます、結局これいい素材なんだわねってことで納得。

えーっと入手は…、まだ未発売なんでしたっけ、すみません。
でも私、ちりめんじゃこのくぎ煮に目がくぎづけ…。(広島尾道の海産物屋さんです
ちょうど京都のちりめん山椒切れちゃったし、取り寄せてみようかしら。
ご飯にはもちろんですが、パスタにも美味しいんですよー。

【ちりめん山椒を使ったレシピ・ピックアップ】

ごま油でちりめんペペロン

ちりめん山椒コロッケ

ちりめん山椒黒胡麻野菜炒め

ちりめん山椒のトマト冷奴

賀茂茄子のちりめん山椒煮

使ったオイル:来月値上・太白胡麻油芳香落花生油

レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ ????L金田油店へ
ラベル:河豚 ふぐ フグ
posted by 油売りエマ at 19:30| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

鯖のコリアン焼き

鯖コリアン焼き

韓国で鯖をこうやって食べるかは知りません、イメージです、コリアンな感じ。

鯖唐辛子焼き

韓国の粉末唐辛子x麺つゆx柚子茶焙煎胡麻油のタレにサバの切り身を
漬けておいて…(ビニールバッグでいいですよ)
タレが多かったので、玉葱も漬けておいて…そのままフライパンで焼くだけ。

テフロンなら油も要りませんが、ちょっと焦げやすいので注意。
漬け時間はどうでしょう、数時間でいいと思いますが、一晩漬けちゃっても
ばっちりでした。

辛ウマ〜!韓国の唐辛子って辛味の中に甘み、旨みがあって美味。
コチュジャン塗って焼いてもいいんですけど、この唐辛子の袋を消費したくて。

鯖

こってり甘辛、白ご飯にあいます♪




使ったオイル:純正黒胡麻油 

爆弾 胡麻油、恐ろしいほど値上がりしています。

どのメーカーも原料高騰で大変なんです。
胡麻は普通のオイルより賞味期限も長いので今の内に買いだめを推奨します。→胡麻油

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ ????L金田油店へ
posted by 油売りエマ at 19:40| Comment(5) | TrackBack(1) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

紫蘇梅鶏

梅鶏

梅紫蘇酢と、お裾分けいただいた梅塩を使った一皿。
皮無し鶏むね肉を繊維にそって細切りにして、塩と酒少々、片栗粉をたっぷりまぶします。

沸騰した湯に太白胡麻油を大匙1杯入れ、鶏肉を茹でます。
片栗粉にコーティングされ、お肉がしっとり仕上がります。

梅鶏1 梅鶏2

梅塩x梅酢x生姜汁で和えるだけ。冷やしても美味しいです。
お好みで小口葱など。紫蘇の葉千切りでも。

先日作った赤紫蘇ソースの上に盛り付け。甘酸っぱい梅と紫蘇の香りが広がります。

梅鶏3

ぷるるんしっとりな感じ、伝わりますでしょうか。冷酒か焼酎、梅酒がよろしいかと。

使ったオイル:太白胡麻油

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ ????L金田油店へ
ラベル:鶏肉 紫蘇
posted by 油売りエマ at 09:35| Comment(2) | TrackBack(1) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

鰹胡麻キムチ

鰹胡麻キムチ

今夜のお通し、鰹の胡麻キムチ和えなんていかがでしょうか。

刺身用鰹をサクで買って少し薄めに切ります。

ねり胡麻と醤油1:1、そこに細切りにした白菜キムチとスライサーで
薄く輪切りにした白葱、摩り下ろし生姜を混ぜ和えるだけ。

仕上げに芳醇胡麻油を数滴と白胡麻を振って。

お酢はキムチの酸味によってお好みで。
このキムチは甘めだったので、ちょっと入れた方がさっぱりしました。

辛いのが苦手でも、ねりごまでマイルドになって、まったり美味しいですよ。


余談ですが、油各種どんどん値上がり情報がメーカーから…(泣
私の好きな四日市九鬼(くき)の胡麻油も7月と9月2段階で大幅値上とのこと。
米油も来月から上がるし、ココナッツスクワランも気がつけば
「え??」ってくらい値上がりです…とほほ。

使ったオイル:九鬼芳醇胡麻油
同じメーカーのパックで便利なねりごま

ねりごま白

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 14:48| Comment(4) | TrackBack(1) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

サフラン入り鯛ヌードル

鯛ヌードル

飲んだ後に最高なあっさりエスニック味の鯛ヌードル。
焼いた鯛のあらとワカメで取ったスープにざく切りトマト、千切り生姜、ほぐした舞茸を。
味は塩ベースでちょっぴり醤油。ターメリックとサフランで色と香り付け。

麺は細いうどんの乾麺にしました、茹でる間に薬味の準備を。
紫蘇、白髪葱、香菜、三つ葉などお好みで。

鯛エスニック麺

お、そうでした。鯛のお刺身は酒で戻した昆布にのせ、塩xレモン汁x胡麻油で数時間マリネ。

鯛麺

麺を流水でしめ、スープで温めなおしたら盛り付け。
薬味と鯛の刺身、サフランを飾って、胡麻油をひと垂らし。

トマトの酸味、生姜の辛味、ウコンとサフラン、パクチーの香りが食欲をそそります。
食べ進める間に半生になる鯛もしっかり胡麻油が効いていて美味。

ラーメンでも素麺でも、あ、フォーも合いそう。

また鯛スープ作っとかなきゃ。

使ったオイル:九鬼 芳醇胡麻油

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 10:56| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

紫x緑のエスニックサラダ

パクチーキャベツ胡麻サラダ

切り干し大根は歯応えを残して戻し、水気を絞る。
紫キャベツは一瞬熱湯を掛け細切り。(切って塩揉みでもいいかも)
パクチーもたっぷり、適当に切る。

ねりごまxお酢と砂糖少々xナンプラーx醤油で味付け。
仕上げに数滴香りよい胡麻油を。

マヨがなくてもまったりクリーミーになるので、ねり胡麻は便利。
作りたてでも、ちょっとしんなりしちゃっても美味しくいただけます。

薄紫色に染まった切干大根。なんだろー?と思われます。
歯応えと香り、鮮やかな色が楽しいサラダです。

[撮影:migakick]

使ったオイル:へんこ金ごま油

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 01:28| Comment(6) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。