2008年04月21日

おかひじきのねり胡麻和え

おかひじきの胡麻和え

おかひじきって栄養価高いんですよね。何よりあの歯触りがいいです。
根元1cmくらいを切ってさっと塩茹で後、冷水に取り水分を切ります。
ひとパックがこんなになっちゃう。(笑

九鬼純ねりごま大さじ1、麺つゆ1、蜂蜜とお酢少々を混ぜて和え、白胡麻を振るだけ。

胡麻和えっぽく見えませんが、味はかなり絡んでます。
練り胡麻は白、黒欠かさず常備してますが瓶だとスプーンで混ぜないと油分と分離しがち。

そんな悩み解消品が!九鬼さん偉いっ。
スプーン要らず。使う前に手でもみもみすれば分離もなし!

ねりごま

という訳で、当店の練り胡麻こっちに切り替えます。
賞味期限も2年くらいなので、まとめ買いして下さいね。

そう言えばこの前テレビで確か栗原はるみさんがお味噌汁にどばーっと
練り胡麻を入れてたのが美味しそうでした。

練り胡麻x豆乳スープもおすすめです。


大人買い、お待ちしております。
九鬼 純ねりごま白黒ハーフ&ハーフセット

ねりごま

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ


posted by 油売りエマ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

なばなと鯛、舞茸の蒸しあえ

菜花鯛和え

いわゆる蕾部分だけではない「なばな」。栄養価も高く食べやすく美味しい。

参考:菜の花QA

適当に切り、舞茸もほぐし、鯛のすき身も一緒に電子レンジ鍋クック膳へ。
酒少々、魚醤、まろやかな玉締め搾り胡麻油をたらり。

レンジで2、3分で出来上がり。白胡麻を振って香りよい蒸しあえに。
鯛と舞茸の美味しい出汁で簡単なのにジューシーでとってもいいお味!

使ったオイル:まろやかな旨みと香り!玉締め搾り胡麻油

玉締め胡麻

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

【油屋ごはん2周年】鯛かまの胡麻香焼き

今日で油屋ごはん丸2年経ちました、3年目に突入します!
2006年3月23日にはじめたこのブログ、いや〜我ながら食べすぎ…(笑

何かめでたい画像は…。あ、この前作った鯛かぶと焼き、これにします。

鯛アラと若芽のグリル

ずっしり鯛のアラ250円。鯛かまx2、中骨、プラスすき身もどっさり!(すき身は違う料理で)
熱湯を回し掛け、流水で洗いながら鱗を丁寧に落とし、水気をよく拭きます。

いつも塩とハーブ振って、白ワイン、オリーブオイル掛けて焼くというワンパターン
になってしまうので(でも簡単で美味しいしワインに合う)今日はそれ以外で何か…。

鯛のアラ

よ〜し、胡麻油でいきましょう。まず鯛に塩をすり込みます。
太白胡麻油と焙煎タイプの茶色い胡麻油を半々ブレンド、粗塩たっぷり、
お酢ちょっぴり、酒をドレッシング状にもったり混ぜ、それを鯛の両面に
塗りつけました。お風呂で自分をマッサージしてもよさそう(笑

塩x胡麻油x鯛に合うもの=ワカメ!!

ということで戻した塩漬けワカメを適宜カット。この辺でオーブン予熱。
オーブン皿直接でもいいけど、、ワカメがパリパリにならないように、
そして鯛も表面はカリッと、中はふんわり蒸しあがるようにお酒を注ぐこと
にして、パエリア鍋採用。
※オーブン皿にのせて、そのままオーブンに入るか確かめましょうね。

ワカメを敷いて、鯛を重ならないように並べ、鯛に掛からないように酒を
たっぷりワカメに飲ませます。

鯛アラグリル

オーブンに入れ270度くらいの高温で40分くらい焼きました。
もくろみ通り、カリっと香ばしく、中はふんわり!胡麻の風味と旨みが…。

鯛アラ白身

鯛カマって結構食べるところあります。目の周りも美味しいし。
日本酒もすすみ、すっかりいい気分ですが頑張って圧力鍋実験。

鯛あらスープ1

焼いた芳ばしいアラ半分を贅沢スープに。
酒と水、ワカメも入れて加圧25分。骨もろもろってほどではないけど濃厚ダシが。

布で濾せば…。ワカメの風味も加わった黄金色のスープに。

鯛アラスープ2

鯛ダシにゅうめん。贅沢! 上質のお酢をちょっと垂らしても合います。

鯛アラスープにゅうめん

安くて美味しい鯛のアラ!面倒がらずにこれは買うべし。

さて事務所の引越し疲れを癒しにマッサージ行ってきます…。

関連:15分で出来る、五穀米とレモンオリーブオイルの鯛かま飯

使ったオイル;九鬼太白胡麻油無量壽 純正黒胡麻油

↓お祝いクリックお願いします!

レストランレシピブログランキングへ  ビール料理ブログランキングへ
ラベル:グリル 胡麻油
posted by 油売りエマ at 17:49| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

葱すじ煮 池波正太郎の言葉

葱を見る度に思い出す一文があります。

「葱は縦に並べる。」


一時期池波正太郎氏の食べ物系の本を片っ端から読んでいて、どの本だったか
忘れたのですが、確かすき焼きについてかなにかの中で言っていたんです。

余計なものはなるべく入れず、肉と葱くらいだけ、葱は必ず立てる!と。
そうすると蒸気となった煮汁が葱の内部を立上って美味しく煮えるし早い、というような
ことだったと思います。

聞けばそうよね、と思いますが、当時はっとしました。
何気なく煮る、ただ火を通すんじゃなく、どうすればその素材がベストに生かされるか
をもっと考えるべきではないかと。

それ以来、これは縦切りかしら、横かしら、どう使いましょうかともっと真剣に
考えるようになった気がします。

「葱は縦に!」は私の座右の銘と言えましょう。


斜め切りや縦に切って横にして焼くこともありますが、今日は主役格の上州葱
見つけたので、2.5〜3cmに切り、縦置き焼き後さっと煮てみました。

葱すじ煮

熱した鉄鍋に香りよい胡麻油を引いて(焙煎タイプの茶色いものならなんでも)
葱の切り口に両面焦げ目をつけたら、柔らかく下茹でしておいた牛筋をちょっと汁ごと
加え、醤油、砂糖、味醂を加え蓋を閉め10分程度煮るだけ。

蓋を取って5分くらい煮汁を葱にも掛けながらちょっと煮詰めてもいいでしょう。

葱筋煮

表面はしゃきっと、中身は柔らかくジューシーに味のしみた葱がご馳走!
とろとろの醤油味の牛筋に胡麻油の香りもたまりません。
七味唐辛子や山椒を掛けてどうぞ。焼酎がいいですね…。

池波先生、ありがとう。

使ったオイル:九鬼純正胡麻油

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 17:51| Comment(2) | TrackBack(2) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

酒肴◆帆立焼味噌

帆立

おー年が明けてずっと和食ではないですか、油屋ごはん!
どこまで行けるかやってみようかしら(笑

帆立味噌

今日の酒肴は日本酒向け。帆立の焼き味噌です。
新鮮な帆立を貝ひもと共に刻み、葱、紫蘇、茗荷、生姜などの薬味、
味噌、砂糖、酒と混ぜ…胡麻油もひと垂らし。

帆立味噌焼き

帆立貝の殻に盛ったら卵の黄身を真ん中にのせトースター(網で直火でも)
で卵が半熟になるまで焼く。

帆立味噌

とろりとなった黄身を混ぜながらチビチビつまむ。オヤジの至福。(私は女です念のため)

が、ゆるゆる飲んでたらちょっと焦がしちゃった…。
火の番だけご丁寧にどうぞ。味噌焦げやすいので。

貝ひもなんかが大量に手に入ったら、たっぷり保存味噌にどうぞ↓

◆帆立貝ひもを使って

使ったオイル:玉締め搾り胡麻油

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 15:04| Comment(3) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

山くらげと厚揚げ、牛肉の炒め煮

和食

洋食続きもなんなんで、、今日は和食でございます。
玄米ご飯に白菜と豆苗のお味噌汁、しめ鯖、梅干、紫蘇ひじき

そして最近食べてなかった大好きな山くらげ!これレタスなんですよね。
鉄分や食物繊維、ビタミン類も豊富な栄養ばっちりの乾物。
参照:野菜図鑑「レタス」(一番下)

なんと言ってもこのコリッコリの食感がたまらないんですよねぇ。
「一晩水で戻す?」いいや今夜食べたいのだ、ぬるま湯でずるしてしまえ。
2時間くらいで大丈夫でした。適当に切ります。

山くらげ

湯通しした厚揚げの細切りと牛肉切り落としと一緒に一瞬オリーブオイルと迷いつつも
大人しく太白胡麻油でさっと炒めてから醤油味で煮ました。
鷹の爪も入れてピリ辛甘く。黒砂糖x黒酢ちょっぴりx酒x醤油で。濃さは水で調節。
あれば生姜や葱、胡麻などもどうぞ。

うむ、なんともご飯のすすむおかずです。

使ったオイル:九鬼太白胡麻油

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

韓 福善のキムチ鍋つゆで豪華キムチ鍋

市販のキムチ鍋の素って使ったことなかったんですよ。
ちょうど仕事がてら登録しておきつつ、眺めているだけだったCyberBuzzに韓国の料理人、
韓 福善(ハン・ボッソン)さんのキムチ鍋つゆってのが出ていたので応募したら当選しました。

http://www.yamaki.co.jp/syohin/catalog1-7.html

しかし私、鍋料理撮影はとても苦手。
まず野菜並べたりするのも上手くないし、お鍋にきれいに入れるのも微妙。
クタクタに煮えてしまうと美味しそうに撮れない、湯気でレンズ曇る(笑
結構お鍋撮影挑戦しては、やっぱり使えんわというレベルで。

という訳でお馴染みフードのプロ、自在屋磨美智子氏を「ねぇうちでキムチ鍋しない?」と
誘い出し無事任務完了となりました(笑
注)通常プロをタダで使ってはなりません。これはあくまで鍋の会でして…。


さて当初は「ダイエット中?だしキノコいっぱいで簡単に」なんて言いながら
買い物に出るとつい本気モードになってしまう私達。

やっぱり少しでも豚バラは葱とキムチと炒めて入れた方がおいしいよねぇ。
水っぽくならないようにキャベツにしようか。
茶樹茸?ニンニクの葉?色きれいだし黄韮で!
葱は普通のを炒めて、鍋には下仁田がいい!
トックも入れたい、すり身も作ろうかしら。


簡単キムチ鍋のつゆで作るはずなのに、両手いっぱいの買い物袋になるのはなぜ…。
品目を挙げてみましょう。

生たら切り身 /生たらこ /えび(すり身) /豆苗(すり身の具)
生きくらげ(すり身の具) /鶏のさがり /はまぐり
キャベツ /下仁田ねぎ /黄にら /葉にんにく /加賀椎茸
エリンギ /白舞茸 /東京舞茸 /えのき /茶樹茸 /しめじ
豚バラ肉 /長葱 /白菜キムチ /絹ごし豆腐 /トック(韓国餅)

しかしご覧下さいませ。このプロの盛り付けを!
やはり決め手は立体感でございましょう。キノコの生けこみ具合、勉強になります!

キムチ鍋具材

私の担当はと言いますと、海老のすり身と炒めでございます。
海老は見た目より味を重視してしまいました。
剥き海老に生きくらげ、そして豆苗たっぷり、塩と片栗粉、酒少々をフードプロセッサーにかけるだけ。
想像以上に豆苗の青っぽい香りが主張するすり身に。

海老すり身

斜め切りの長葱(青い部分も)と一口大に切った白菜キムチと豚バラ肉は
香り高い胡麻油でよ〜く炒めてから土鍋の底にスタンバイ。

キムチ鍋炒める  キムチ鍋1

さて準備完了。キムチの鍋つゆを鍋にあけぐつぐつしてきたら具材を投入。
ここがまた私には難関、具材が沈んでしまう…。
恐れず豪快にタイミングを見計らって!ミガキ姐さん、お見逸れしましたっ完璧。

キムチ鍋

スープは本格的に辛くて美味しい。変に甘さもなくコクがあっていいと思います。
ただ煮込むほどに具材の複合ダシが相当に出ているので美味しいに決まっている気も(笑

自分でスープから作る場合はキムチの酸味や味噌の加減などでいつも
味が変わるので、手軽に美味しく食べたい時は便利ですね。

具材の中ではニラより強烈な葉にんにく、肉厚でジューシーな加賀椎茸、
歯応えしっかりの茶樹茸が印象的でした。
野菜たっぷり、身体はポカポカ、お腹いっぱいでもすっきりのヘルシー鍋。

シンプルに白菜と豚肉だけとかも美味しいですよね。

パッケージにキムチ鍋参考レシピも書いてあります。
え、でも材料にキムチって書いてない。

あ〜キムチ鍋のつゆの場合はキムチを入れなくてもキムチ鍋なのか…。
なんていろんなことに気付いた鍋の会でした。

翌日は豆乳キムチ鍋でいただきました。

磨姉様、毎度何からなにまでありがとうございました。
また美味しいもの一緒に食べようね♪でも次回はもう2人呼びましょう…。

キムチ鍋のつゆ

setting & photo by migakick

使ったオイル:無量壽 純正黒胡麻油



レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 19:52| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

胃にやさしく温まるみぞれうどん

おろしうどん

お汁にたっぷりの大根おろし、私のおすすめは水っぽくならない鬼おろし
たっぷりの生姜すりおろしと柚子胡椒、葱も加えて身体ぽかぽかうどんはいかがですか?

鬼おろしうどん

鶏肉や卵などもお好みで。
仕上げに胡麻と美味しい胡麻油を垂らして!

使ったオイル:玉締め搾り胡麻油

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 17:35| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

はちみつねりごまで真っ黒炒め

蜂蜜ねりごま

今日はこちら、はちみつねりごまを使ったお料理。
これ、普通にトーストに塗るだけで美味な上品な甘さのねりごまです。
はちみつと、黒みつ糖入り。

甘くない練り胡麻でもいいんですが、逆にこの甘みを生かしてお料理
に使うのも手。

はちみつねりごまを麺つゆでトロリとなるくらいに溶いておいて…。

はちみつ練り胡麻

豚こま切れ肉は塩少々を振り太白胡麻油をもみ込んでおくんです。
フライパンを温めたら、豚の脂もあるので油をひかずこのまま投入。
にんにく微塵切りも加えて。

油をまぶしてあるので、お肉がほぐれやすく、お肉の脂も利用できますね。
お肉の部位にもよりますが、脂多めなら少しこんがりさせ脂を溶かし出して
から野菜を入れましょう。

黒炒め1 黒炒め2

野菜はエリンギとセロリのスライス。
さっと炒めたら、はちみつねりごまx麺つゆタレを全体に絡めて出来上がり。

黒炒め

パクチー(とかセロリの葉)を散らしたら黒と緑がきれい。
蜂蜜の自然の甘さと胡麻の香りがいい感じです。
片栗粉でトロミをつけてもなおよいかも。

イカ墨でなく、黒胡麻の栄養たっぷり真っ黒炒め。
お好みの材料でお試し下さい!

使ったオイル:九鬼太白胡麻油

レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ
posted by 油売りエマ at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

チキンスープとチキンサンド

骨付き鶏もも肉にヒタヒタの水と酒を注ぎ、生姜をひとかけ入れコトコト。
お肉も冷えるまでそのままスープの中に。冷めたら別々に冷蔵。

チキンスープ

冷えるとスープに脂が固まるので取り、適当な野菜を加え卵とじスープに。
カブの茎みじん切り、トマト、浅葱、塩・胡椒。
シンプルに鶏の味わいを楽しめます。芳醇胡麻油を垂らして。


チキンサンド

鶏肉はさいて、千切りキャベツの塩揉み(水気をしぼって)、マスタード、マヨネーズで
和えます。EXVオリーブオイルを少し加えるとぐっと美味しくなりますよ!

ソフトカンパーニュに切り込みを入れ、軽くトースト。
内側にバターを塗りチキンをサンド。

ボリューム満点の幸せな朝ごはんに。

使ったオイル:九鬼芳醇胡麻油ディパスクアーレオリーブ油

レシピブログ「朝ごはんレシピ♪」参加中です♪
posted by 油売りエマ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ 胡麻油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。